素晴らしきジョンソンをもっと。

〈4/21 阪神 0-3 巨人 (甲子園)〉

勝:メルセデス
S:クック
敗:西

もうそろそろ誰かジョンソンをもっと大きく熱く扱ってやってもらえないだろうか…
静かで紳士だとタイガースではこうも注目してもらえないものか。
投げている時間があっという間であるという優秀さが、「知らないうちに」ジョンソンのイニングが終わってしまうという副作用をもたらしてしまう。ここだけの話実は今日も投げたんだよ…

開幕すぐ信用を得て、勝ちの継投に加わったジョンソン。
先発が頑張っている日の「8回」はジョンソンだ。
昨日も今日もビハインドながら登板し、巨人打線を前に無失点の好投。
今日の試合後の時点での奪三振率は10.38。見てて気持ちいいわけだ。

今日だってね、丸にセーフティバントを決められ、無死1,2塁。外国人ピッチャーにありがちなカリカリくる様子は微塵もなく、落ち着いて後続を断ったのだ。

一般的なプロ野球においては通常、このあと野手が奮起してジョンソンに勝ちをつけるパターンです。
ただ野手にその様子は微塵もなく断たれたのはタイガースの方でした。

入団会見では「桜などきれいな景色も楽しみたい」と言ってましたね。
桜は散ってしまったのでどこかきれいな景色を提案しなければ。

以上、本日はジョンソンの快投についておさらいしてみました。

火曜日は、「野手が打った!」の回です。
みなさん各自予習をしてきてください。
…誰や!今、必要ない言うたん!

[今日のナバーロ]

ナバーロは桜タイプじゃないね。

Posted in コラム | 素晴らしきジョンソンをもっと。 はコメントを受け付けていません。

良かったことは近本の好走塁と…

〈4/20 阪神 0-2 巨人 (甲子園)〉

勝:ヤングマン
S:クック
敗:岩貞


日差しがちょっと眩しかったけど、いよいよ野球のシーズン到来って感じがしてさ。
とにかく綺麗なんだよ甲子園が…。
青い空、緑の芝に漆黒の土、爽やかに吹き抜ける風。
大人も子供も同じ笑顔で風船持ってね、大空に舞いあがる瞬間をワクワクして待ってる。

私の前に、外国人のおじいさまとおばあさまが、孫らしきちびっ子二人を連れて4人で並んで座ったんですよ。
みんなタイガースの帽子かぶってね。
男の子は応援バットも持ってる。
タイガースの攻撃が始まると、おじいさん、スマホを動画モードにして、ライトスタンドから、グラウンドやレフト前方、それからビジター席までぐるーっと撮影してた。
日本の自慢の景色を撮ってくれて嬉しいな…とほっこりしてたのですが…
やがておもむろにカバンから、タイガースファンクラブの会報誌を取り出したのを見て、心から申し訳ない気持ちになった。

いつから日本にいらっしゃるのか存じませんが、遠い異国の地からやってきて、12球団もあるのに阪神タイガースのファンになってくれて、応援までしにきてくれて、ありがとうございます。

こんな試合になって申し訳ない。
岩貞は7回2失点と好投だったが、打線が散発4安打と沈黙…
ネガティブに言うとこうなるのだけど、だけどね、よくあるんだよ。。
厚かましいお願いだが、ホームラン1本浴びただけで済んでむしろラッキーだぜ!ぐらいに思ってもらえないだろうか…!

しかも、初回の近本の好走塁!
ショートへの内野安打で出塁したかと思うと、ちょっと二塁が空いた隙に果敢に二塁へ!慌てたヤングマンが悪送球で、さらに三塁へ!
近年こんなにもセンスある選手がいただろうか!

ほら、天気もよかったしさ!
天気大事!
雨の観戦本当に辛いし、それ以上に、中止になると、きっとほらお孫さんも悲しむし!

以上、天気がよくてよかったです。

[今日のナバーロ]

代打で出る幕もなかったなぁ…

Posted in コラム | 良かったことは近本の好走塁と… はコメントを受け付けていません。

明日やり返すしかないのだ。

〈4/19 阪神 4-12 巨人 (甲子園)〉

勝:菅野
敗:メッセンジャー

ベンチに帰る間、グラブを左手でクルクルと回した。
そっか、バスケットボールだ。
器用に回すその仕草は、バスケに夢中になった10代の頃そのままなんだろうな。
おかしな感覚なのだけど5回途中でマウンドを降りるメッセを見て、とても愛おしくなった。
2回の小林の3ラン…あれはダメだけどね、5回、右腕に打球が直撃しても、自分から降りるとは言わなかったんだよこの人。

この日、ミスが相次いだ。
内外野の連携もそうだし、悪送球、捕球ミス…
常時出ているメンバーではないので、いつでも起こり得るものとして心にバッファを持っていたつもりだ。まぁそんなものはあっという間になくなるのだけど。
なんであんなにミスが出るんだろうって考えた。
原因の大半は、ただヘタなだけだ。
あと残りの原因は焦りなのかな。
そうすると選手個人の問題だけではない気がむくむくと湧き起ってきた。

この日、前夜せっかく乗ったメンバーを入れ替え、打順まで変えてしまった。
ベンチスタートとなった選手にはもちろんだけど、スタメンに名前が並んだ選手も、よっしゃってすんなり受け入れることはできたんだろうか。
腹に落ちないままプレーしていなかったか?明日また変わるのか?焦りという形で表に出てしまったのでは?

前夜、振り逃げを試みず走らなかったため「懲罰交代」させられた木浪が、この日途中出場してホームランを打った。
前夜の交代は確かに懲罰ではあるけれど、矢野監督にとてもよく見てもらっているという裏返しでもある。木浪は幸せなやつだ。
ちゃんとやり返すチャンスまでもらった。
今日、あのホームランを打てたのには、前夜のことがあったからだ。
野球はその日の試合だけでは完結しない。続いてる。
よくわかってるはずの矢野監督らしくないオーダーだなと思った。

守備のミス以外にもう一つ。
攻撃のミスだ。
ミスじゃないな。怠慢だな。8回の糸井の走塁はたまらない気持ちになった。
打って走る、は糸井なら当たり前に絶対にやってほしい。
3塁狙う姿勢なく、2塁止まり。
大山のヒットにホームでアウト。
9点差だと1点取っても仕方ないのか?

ベンチで指摘できる人がいるかな。
それも含めて、やっぱり明日にきっと続いていると思うから、この続きがいい方向に向かうように、舵取り頼んだ!糸井も頼んだ!

それにしても、プロ初ホームランが、甲子園の巨人戦で、菅野から…って木浪えぐい(笑)

齋藤堂々のプロデビュー。いける。
まだまだチームは動き始めたばかり。

[今日のナバーロ]

ベンチだったけど、一番前に出てお迎えしてくれてた。
みんなナバーロ君を見習うといいぞ。

Posted in コラム | 明日やり返すしかないのだ。 はコメントを受け付けていません。

岩田が完投勝利引っさげて帰ってきた!

〈4/18 ヤクルト 5-13 阪神 (神宮)〉

勝:岩田
敗:大下

最後に白星をあげたのは2017年10月1日。
昨年はわずか6試合の出場に留まった。
ガルシアの不調がなければ、果たしてチャンスはあったのだろうか。
つまりこの試合で結果を残せなければ、36歳となるこのシーズンがどれだけ厳しいものになるかは、岩田自身がよく知っている。

2010年―
私の友人が、膝の皿を割る大けがをして入院した。
その年は本当に辛かったと、治った今も言う。
その彼女が、入院中リハビリをしていた施設で、「体の大きなお兄さん」を、よく見かけたそうだ。
岩田だった。
岩田はその年、左ひざを手術して、リハビリにシーズンのすべてを費やした。

彼女はほとんど野球を観ない。
そのせいで「タイガースの岩田」とはわからなかったのだけど、たまたま目にしたタイガースのカレンダーに同じ顔を見つけたのだそう。
以来、見かけるたびに密かに応援をして、そして岩田の姿に自分も勇気づけられ、リハビリに励んだ。
彼女は、リハビリというのは体よりも心がしんどいと言う。
毎日毎日小さな小さな積み重ねをして、でも本当にこれで良くなるのかっていう不安でいっぱいで。
岩田を見ては、みんな野球やってるときにこんなところにいて、本当に辛いやろうなって、同じリハビリ施設の空間で何度も思ったそうだ。

私が彼女のお見舞いに行った日も、岩田はリハビリに来ていたらしい。
タイガースファンの私に黙っていたところが、彼女の賢いところ(笑)

―この翌年、ウイニングボールを手にして泣きじゃくった岩田だったが、今日、ウイニングボールをもらってマイクの前に立つ岩田はあの日とは違った。
目は少し潤んでいたように見えたけど、何度も両手を挙げ、晴れ晴れとした笑顔で、ファンの歓声に応えた。

岩田らしいゴロアウトの山を築き118球。
梅野が構えたところに丁寧に投げ込んだ。

野手ども!(笑)
よくやった!
大山、中谷が2本、近本が1本のホームラン。
猛打賞は実に4人。
16安打で13点。
まとめて言ってごめん!
明日打ってくれたらそのときは書くよ!

中でも梅ちゃんがやっぱりすごい。
骨折の足元付近にファウルボールが当たっても最後まで試合に出て、打って守って、岩田の完投勝利をたぐり寄せた。

次また、岩田、しっかり投げて!
楽しみがまたひとつ増えた!

[今日のナバーロ]

出番はなかったが、ホームラン打ってベンチ前でハイタッチしたり頭叩かれたりする近本に、ナバーロも

ぽん

優しい。ものすごく優しい。

Posted in コラム | 岩田が完投勝利引っさげて帰ってきた! はコメントを受け付けていません。

ドロー。

〈4/17 ヤクルト 2-2 阪神 (神宮)〉

3回裏。
ゴロ処理した青柳さんが送球エラーをしてしまいピンチ。
ミスから崩れてしまうことが多い青柳さんだが、あろうことか、続く山田哲人をダブルプレーに仕留めて、ピンチを乗り越えた。
(あろうことかの使い方)

前回も青柳さんは良かったのだけど、今日は本当に良かった!
基本的には制球良く、そしてほんのり荒れるミックス型だから、ヤクルト打線も今日の青柳さんには手を焼いた。
バレンティンなんか青柳さんがイヤ過ぎてブツブツできるんじゃないだろうか。

ピンチ脱した青柳さんを、大山が2ランホームランで援護。
大山が打つと、安堵感がすごいんですけどなんで?(笑)
前を打つ糸井が好調で塁に出るから余計に大山目立つし。
0-2。
あとは青柳さんいけるとこまでいこう!
完封…は贅沢かな。
抑えをドリスにまかせるとして、8回はいこうか!

————–キリトリ————–
だったけど、8回表、青柳さんの打順で代打に上本を送り、交代。
8回裏、能見さんが連続四球で出したランナーを、代わったジョンソンが山田哲人へのすっぽ抜け頭をかすめる死球を与えつつ(ごめんね)、青柳さんから解放されたバレンティンがここで鬱憤をはらすタイムリーヒット。
能見さんの防御率は9.00まで跳ね上がった。
————–キリトリ————–

(↑能見さんに配慮した切り取り線を設けました。ご自由に切り取ってポイしてください)

ドリスがいない。体調不良って…心配やな。。

9回からの攻撃は両者ひどかった。
ヤクルトの9回のスクイズ失敗も、10回の満塁でのバレンティンのダブルプレーも、これじゃまるでタイガースじゃないか。(ん?)

いつもより30分遅い試合開始に加え、延長12回のドロー。
平日ど真ん中になんてことしてくれんだ(´Д`)

とはいえ、どう見てもヤクルトにアドバンテージがあった延長戦を負けなかったということは、タイガースが勝ったようなもんだと思いませんか?
(思いませんw)

明日や明日!
このカード、ドローにしてやろう!

[今日のナバーロ]

オールドスタイルだったり、そうじゃなかったり、日によってのその違いは何!?

Posted in コラム | ドロー。 はコメントを受け付けていません。

松山やああ松山や松山や

〈4/16 ヤクルト 9-5 阪神 (松山)〉

勝:原
敗:ガルシア

ガルシア…勝利数どころか、イニング消化も計算できん…
まさか3試合連続で7失点できるとは…ジャックポット…

小川監督が400勝を達成されたとのこと。
試合後、花束を抱えて写真撮影中の小川監督のもとへ、原 樹理、完投勝利の記念のボールを持って…

「おやっさん、このたびはおめでとうございます。」
「おう、ジュリ。ご苦労だったな。」
「おやっさん…これを…(血まみれのボールを差し出す)」
「ジュ…これは…!」
「一人で乗り込んできました」
「虎組にか!(目を見開いて)」
「(コクリ)…おやっさん、どうか受け取ってくだせぇ」
(ガシッ)(固い握手)

フィクションです。

レフトのバレンティンのところに運べると長打になるね。
そこは出来てたんだけども、その前になかなか芯に当たらず。

コンッ…
ライトのポールに当てた2ランホームラン。
9回では少々遅かったけど、松山のタイガースファンへせめてもの償い…
中谷ありがとう!
明日が大事やで!(中谷には念押し)

[今日のナバーロ]

初回、タタタタイムリーヒットー!
1塁ベース上でちょっと控え目に笑ったのイイー!
9回の中谷のホームランが2ランだったのも、ナバーロが2ベース打ってたからー!
最後まで使ってもらったね!
いやほほう♪

Posted in コラム | 松山やああ松山や松山や はコメントを受け付けていません。

連敗脱出ばーい!

〈4/14 阪神 5-2 中日 (甲子園)〉

勝:西
S:ドリス
敗:吉見

絶対ずっと止むことはないと予想された雨というコンディション、終わりの見えない連敗…気温も試合も寒いに決まってる…
それでも行かなきゃならないんだ。
なぜなら、行くって返事したから…(理由普通)


案の定寒いし、お腹もすいたけど、久しぶりの人たちや、初めましての方と一緒に観戦するの、楽しかった。
福留と鳥谷がスライディングしてホームで泥んこになってるの見たら、「来て良かった」ぐらいに昇華したし(笑)
糸井も泥んこだね。ベテランと言われる選手のユニフォーム汚れてるのって、いい…!(笑)
試合始まっちゃえば、ベテランもルーキーもないもんね。

4回の西のクリーンヒット、たまらんかったなー!いい打球だった!その前のスクイズ(未遂)にも驚いたけど、プロ初打点か!西、楽しいぞ!
「笑う門には福来たる」ってほんとだね。

降り続く雨にぬかるんだマウンドで、スパイクについた土を気にしながらの登板については、もっと深く聞きたいな。
対戦した吉見はそこが弱点になってしまったように見えたからなおさら。
だけど吉見、西が投げる前にマウンドの整備を促してくれてたって?
そんなスポーツマンシップに溢れた男に勝ちをつけてやれなくて申し訳ない。
ヨソで勝てますように(他力)

そんな西を守りと攻めで援護したのが、梅ちゃん!
めっちゃ活躍してくれているから忘れそうになるけど、まだまだ足の骨折は癒えてないことはベンチは忘れないように。

さて改めて福留さん、やっぱり頼りになる人でしたが、4回のライト前のタイムリーのときにはバックホームしてるのに1塁止まり。グラウンドの状態が良くないからということだけだろうか。疲れてるんだろか。今までの福留さんなら2塁まで行ってたであろうだけに気になった。
なんにせよ毎日休まずに出てもらってすまないねぇ。

近本と木浪も打ったのだけど、今日は西と梅野だな。
梅ちゃん、西を巻き込んで、「明日も…」を「あさって」に変えてまで言いましたな(笑)
来た人に喜んでもらいたいから続けるんだって、その気持ちが嬉しい。
負けないという前提でね(笑)


近本と木浪、二人揃ってのお立ち台も見たいなぁ。

あと、ジョンソン!なんであんなに目立たないのか!投げる時間が短すぎるのか!?
終盤出てきてチャチャッと仕事片付けてサッサとベンチに帰ってしまう。
ナイスガイ過ぎる!!

ではでは、あさっても…!(私レベルじゃよー言わんw)

[今日のナバーロ]

代打で出場!初球打っていい当たり!…がたまたま京田がそこにいた。

Posted in コラム | 連敗脱出ばーい! はコメントを受け付けていません。

ただいま連敗中

〈4/13 阪神 2-10 中日 (甲子園)〉

勝:柳
敗:岩貞

甲子園で勝てなかった昨年。
今年も今のところ甲子園開幕戦以来、勝っていません。
やはり梅ちゃんのお立ち台のあの一言が効いているのでしょうか。
「明日も…」
…「バイ」をつけてもあの言葉の呪いの魔力は変わらないのでしょうか。
いや、ちょっと待ってください。呪いというが本当にそうなのでしょうか。
呪いだからと12連敗が終わるまで待つのでしょうか。
「呪いのせい」にして現実から逃げていないでしょうか。
目を覚ましてください。

単に弱いのです。

(言うてもーた)

[今日のナバーロ]

また明日!雨かな!

Posted in コラム | ただいま連敗中 はコメントを受け付けていません。

エースと4番

〈4/12 阪神 4-9 中日 (甲子園)〉

勝:笠原
敗:メッセンジャー

解説の福本さんの言葉を借りるなら「えげつないな」
4回表のビシエドのレフトへの弾丸みたいなホームランは、メッセの失投でもなく、むしろよく制球されたボールだった。
打ったビシエドがすごい。
0-3

6回表。ビシエドの打席。
梅野からの返球を、グラブでボールを叩くように受け取るメッセ。
ファウルで粘るビシエド。
これはマズイ、と思った8球目。今度はアウトコース低め。ライトスタンドまで運ばれてしまった。
0-5

4番ビシエドの二発。
試合を決定づけるホームランを打った。
そして何より、相手エースの気持ちを切らせた。
これぞ、4番だ。

メッセが打たれたことよりも、二本目のホームランのあとにメッセのピッチングが変わったことが哀しい。援護がなくても我慢強く投げてくれるメッセを見るのが大好きだ。それがない。ある種の喪失感を感じたイニングになってしまった。

ビシエドみたいな外国人助っ人の4番不在の中、8回表。これまで4番を打ってきた大山のところにピッチャーの名前が入った。
2点差まで追い上げようとも、埋められない点以上の差があった。

木浪、プロ初ヒットおめでとう!
シーズンはまだ始まったばかり。
そう思い直すのに木浪のこのヒットを役に立てよっか。

[今日のナバーロ]

ナバーロが4番打ってくれてもええんやで~!

Posted in コラム | エースと4番 はコメントを受け付けていません。

秋山いけるぞ!近本プロ初のホームラン!

〈4/11 阪神 2-5 DeNA (甲子園)〉

勝:大貫
S:山崎
敗:秋山

2回表。
宮崎のセカンド寄りの難しい打球をショート鳥谷が獲って、回転しながら体勢を整えファーストのナバーロへ投げる。
ワンバンとなったがコースは正確、だがナバーロがこれを捕れず出塁を許した。
続く大和のセンター前へのヒット。中谷が、緩慢と言われても仕方のない捕球ミスをし、一走宮崎はそれを見てすかさず3塁へ。
1,3塁となったところで伊藤光にヒットを打たれた。

昨秋の右膝の手術から復活のマウンドを目指して、ようやく今季初登板の機会を得た秋山に、仲間からの手厚い…試練。ぬーん。

秋山はこの回、押し出しのフォアボールを与えるが、ロペスはきっちり封じて、崩れることもなかった。
6回の神里への初球が悔やまれるが、十分次、行ける。っしょーい!

中谷は、まずーいプレーがあると、必ず死にもの狂いで取り返しにやってくるね(笑)
5回のロペスの左中間への打球に、走って走って走って…飛んで!ダイビングキャッチ!!
優しい打球に緩み、厳しい打球に猛然と対応する。
この子の教育をこれからどうしたものか(笑)

そんな中谷と、センターのポジション争いをする近本が7回!
代打での出場でプロ初のホームランを打ったのだ!
甲子園で!
ライトにスタンドに!

4番の大山にも「1本目」が出たよ!

ほら!未来は明るい!眩しくて目を開けてられない!

寝よ!

[今日のナバーロ]

マルテが上がってくるよって声が聞こえてきたら、めちゃ打つと思うわこの人。

Posted in コラム | 秋山いけるぞ!近本プロ初のホームラン! はコメントを受け付けていません。