森越ホームにかえってナゴドで3連勝!

〈8/20 中日 2-3 阪神 (ナゴヤドーム)〉

:ドリス
:岩瀬

福留を休ませないと…というのは、「鉄人」の悩みの種。金本監督には難しいやろなぁ。
でもわからないと自覚ある分だけ、とても気を配っているように見える。
カープで新井さんがうまく休みもらいながら活躍しているのは、目を逸らせない事実として受け止めているだろうしな。
で、人工芝で打って走って活躍した翌日のこの日は、休養日候補。
だけども、明日が月曜日ということもあって、何より、もう能見さんには勝ってもらいたいということか、スタメンに名を連ねた。
これで、レフト福留、センター俊介、ライト糸井という、まずまずのオーダーで能見さんを支えることができた。
まず一つ能見さんに代わってお礼申し上げる。(誰やねん。何ことばやねん。)

ゲームは、開始早々3分で1点を先制。
1番の俊介がいきなりのフェン直の3ベースと、上本が鮮やかなタイムリーヒット。
能見さんに突然舞い降りた援護。
しかし初回からいいところをストライクと言ってもらえず、不満を隠さない能見さん。今季その顔よく見る。
そして2回裏、武山にホームランを打たれてしまう。
あぅぅぅ…これで5戦連続の被弾だ。
黙ってたけどな、もう言ってしまおう。

ホームラン打たれすぎや。

…わぁぁぁっごめんなさい!こんなことになったのは野手ってひとが悪いんです!打たないから!能見さんのときに打ってくれないから!バカー!!

このあと、両チーム1点ずつとって、2-2。
能見さんは同点でマウンドを譲り、6回の絶好機をモノにしてもらえなかったので、今日も勝ち負けはつかず。お、おつかれさまでした…おろろ…

6回のマウンドを任されたのは石崎。
点差に開きがある場面での登板ばかりだったが、ようやく競った展開で投げさせてもらえることになったのだ。
しかし、四球、犠打、四球、、、。
もったいない。これじゃ今までやってきたことが振り出しに戻ってしまう。
なんとか二つめのアウトはとったが、左の強打者大島が出てきたところで、ベンチは当然交代、高橋へ。
高橋のピッチングは今日もすごかった。腕振って気迫で投げた空振り三振のストレートは138キロ。
高橋は石崎みたいに150キロ出ないけど、アウトをとれるんだ。
石崎もその150キロを武器にできるはず。

それともう一人、圧巻だったのは、1番京田からの打順を三者三振にとった岩崎だ。
中継ぎ転向ってそんな簡単なことじゃないはず。けど結果を出している。
桑原、マテオとドリスと、無失点で繋いだリレーは素晴らしかった。
ドリスも2イニング、「勝ち投手」にふさわしいピッチングだった。

さぁ、能見さんにとっくに勝ちはつかないが(チクッと)、勝とう。
11回表。マウンドには岩瀬。
先頭は守備から入っていた森越…だったが、サンテレビは長い試合をハイライトでおさらい中。
「初球!打った!タイガースへきて初のヒット!」は、リプレイだった。
森越、こないだコケたときはサンテレビのカメラの目の前で、しかもエンディングにまで使われたというのに、初ヒットがリプレイなんて、あんまりじゃないか。森越、どこまで私にネタを提供してくれるのだろうか。ありがとう(笑)
いやいやしかしこれ、ものすごい価値ある一打だったよ。ナイスバッティング!

そして二死2,3塁。
バッターは鳥谷。
もう2000安打をさっさと済ませちゃいたいのがアリアリと出てる!(笑)
レフトへの勝ち越し猛打賞!
森越がホームを踏んだ!
森越おめでとう!よくやった!
ああ!よくやったのは鳥谷か!(笑)
また、火曜日からのカウントダウン、楽しみにしてる!

[今日のロジャース]

今日もベンチスタートでつまらなさそうだったが、10回表、やっとつまらなくないときがやってきた。
代打でバッターボックスへ向かう表情には楽しそうにすらみえる。
バッターボックスで、左肩あたりをポンポンと叩く。
貫禄の四球。
いいぞ!

Posted in コラム | 森越ホームにかえってナゴドで3連勝! はコメントを受け付けていません。

青柳さんのマイペース。

〈8/19 中日 1-8 阪神 (ナゴヤドーム)〉

:青柳
:若松

福留は何を説いたのだろう。
8回裏途中ベンチに戻った青柳に「しっかりしろよー」という半ばあきれた様子で青柳をばしーっと叩き、そこからベンチ最前列で説教だ。

完投しないとあかんやろ。
そういうことかな。

私も投げて欲しかったな。いや、投げさせてほしかったな。できれば完投、せめて8回裏3つのアウトをとるまでは。
それがこれからの青柳の自信となり成長の礎になり…

ヒーイン

青柳「長いイニングを投げられたので良かったなと思います」

よかったんかーーい!

青柳「気持ちは完投する気だったんですけど」

こんなに立派な後付け久しぶりに聞いたわ!

青柳「最後はバテてしまいましたね」

そこのところを言うてんねーーん!!

あかん…青柳さんには敵わない…
このヒーインもそうだし、6回裏、京田(35億)の後ろを抜けるとんでもないボールを投げても、全然、いたって普通。動揺するでもなく、悪びれるでもなく。
青柳さんから漂う大物感…
正直言って、そんな青柳さんが、好きだ。(笑)
なんだろう、いい感じで抜けているのだ。誰も頭髪のこと言ってませんよ。

振り返れば、被安打3、失点1のみ。
ファンやベンチや福留さんの期待とは少しズレがあったが、長いイニングを投げて勝ち投手になったのは褒められる事実だ。

青柳「あしたは能見さんなのでしっかり勝てると思うので、応援よろしくお願いします」

…っっっ!!
…大先輩にそのネタ振りするか…
やるじゃねーか青柳…
能見さんの反撃が見たい…!

鳥谷猛打賞で「その日」がぐんと近づいてきた!
明日も頼む!カウントダウンは能見さんの白星に繋がっている!!

[今日のロジャース]

リフレッシュを、ということで出場の機会はなかった。
ベンチでのロジャースは、とてもつまらなさそう。すごくつまらなさそう。

Posted in コラム | 青柳さんのマイペース。 はコメントを受け付けていません。

秋山が見せてくれた夢の始まり。

〈8/18 中日 4-10 阪神 (ナゴヤドーム)〉

:秋山
:鈴木

昨年の2016年9月16日。
これは秋山が1539日ぶりに勝利投手となった日だ。
チームとしては、CS出場すら叶わず辛いシーズンとなってしまったが、そんな中、秋山は帰ってきた。
お立ち台で言った
「野球で頑張りたいので」
という一言があまりに切実で、涙ぐんだ。
来シーズン絶対ローテーションに入ろうな。頑張れ秋山、ってライトスタンドから祈ったことは覚えてる。

あの日の私に、今日の私が話しかけたとする。
れーこ「おいれーこ、来年の8月18日で秋山は10勝してるよ。」
れーこ「ウソッ!?」
れーこ「最多勝狙わせようと思ってる。」
れーこ「マジで!?」
れーこ「そんでな、新人王とる高山は、不調が続いて抹消される。」
れーこ「なんだやっぱ全部ウソじゃんか。帰れよシッシッ」
となります。

ああ、高山抹消。
「調整ではなくやり直し」と片岡コーチのコメントがある。でもこれはいいと思った。掛布さん、高山をよろしくお願いします…!

そう、秋山が10勝するだなんて、誰か思ってました?
メッセ20勝、能見15勝、藤浪15勝、、、なんて勝ち星計算してひゃほう♪となってたことはあったけど、今能見しか一軍に残ってないとか…あぁ、これも昨年の私に言ってやるべきか…こんな皮算用してるわりには秋山のことは計算には入ってなかった。

今や秋山は、自分のことで精一杯だった面影はない。
前回登板でアクシデントがあり抹消されたがまたすぐに戻ってきてくれた頼もしきヒーロー。

そして!これはちょっと意外だった。プロ初のホームラン!
バッティングがいいからとっくに打ってると思ってたらまだだったん!
打った瞬間のあそこまで飛ばすかっていう特大のホームラン!
ベンチで北條と大山、特大の口、ワアアアア!
隼太と中谷、ハイタッチ!
なんじゃありゃ!って、長距離バッターが揃って驚いたえげつないスイングと飛距離。

いい…
すごい楽しい。゜(^ω^)゜。

この日はこの1本に加え、北條、糸井、大山にホームランが出た。
糸井なんて脇腹の故障感じさせないスイング、さすが!

大量リードしたところで、麗しきドラ4伊藤和雄が登板。
ホームランも打たれたから甘いと言われるかもしれないけど、いやいや2イニング腕振って落ち着いた投球。次あるぞこれ!

そして…言わざるべきか…どうしよう…あぁっ森越ごめん!(笑)
8回表、バッターボックス出たとこでコケた人見たの、ブラッズ以来だわ!(笑)
あのときブラッズは自打球の影響だったけど、普通に打ってコケた人は初めてかも!(笑)
何が面白かったって、ゲッツーでベンチ戻って恥ずかしそうに顔を真っ赤にするその後ろで、泣いてんちゃうかってぐらい顔覆って笑う福留。(これで腹筋割れた。笑)
ちょっと!栗山通訳まで笑い堪えきれずにベンチの奥へ姿を隠すとか!(笑)
勝ってる展開だから生まれたこの光景だけど、いいぞ森越、愛されキャラの資格は十分に得たよ!(笑)

そんなムード良いまま進んだ9回裏。内野守備陣が、なかなかの夢見る顔ぶれだった。

二 森越
遊 北條
一 原口
三 大山
捕 坂本
投 伊藤和

そういえば、あの秋山の復活の日、バッテリーを組ませてもらったのも坂本だったな。

信じられないようなことも、ここがスタートだったんだって、そんな日がいつかやってくる。

今の私には、冗談にしか聞こえないけど(笑)

[今日のロジャース]

打ってなくたって、守備いいよ!無理な体勢でも手首返して捕ってくれたり、見て唸ること多い!

Posted in コラム | 秋山が見せてくれた夢の始まり。 はコメントを受け付けていません。

スタメン北條の勲章打!

〈8/17 阪神 5x-4 広島 (京セラドーム)〉

:ドリス
:中田

大和が昨日の試合中に右脇腹を痛めて登録抹消。
入れ替わりで、右脇腹を痛めて抹消されていた糸井が上がってきた。
右脇腹の代わりならいくらでもいるのだぞははははは!…は…
大和が心配…(´;ω;`)
糸井はおかえり!

大和が守っていたショートには、北條が入った。
きっとまた吐き気するほどのプレッシャーで本人は大変なんだろう。調子が良くて使ってもらったという立場じゃないから余計だ。
北條にしたらチャンスの押し売りといったところか。買っとけ買っとけ!

その北條がすぐに結果を出した!
3回裏のことだった。フォークにうまくバットを合わせて同点に追いつくタイムリー!
前を打つ西岡が、進塁打ばっかり打つもんだから、北條に回ってくると。一歩間違えば戦犯…
5回裏もしかり。なぜこうも北條に紙一重のチャンスばかりが訪れるんだろうか。西岡さんちゃんと打ってよ。(笑)

先発岩田は、丁寧に投げていたが6回につかまった。
継投って難しいよな…打者1人分遅いと思ったけど、それならじゃあ誰が適任なのか、昨日と一昨日、何人使ったと思ってんだ…この日上げた伊藤和雄試すか…いやいやいやでももしかして!?…というわけで難しい。どやさ。

岩田のワイルドピッチで1点差に迫られて、ここで交代。
バッターは新井さん。
昨日打たれた桑原の名前がコールされた。
そうこなくちゃ。
リベンジの機会をすぐに与えてくれるのはありがたい。
桑原、見事に応え空振り三振!
やり返した!
(このあとの安部に同点に追い付かれたけど。だまっとこ。)

7回表。
ここで投げた高橋、これが500試合登板となった。
しっかり抑えてベンチへ戻る。金ピカの大きな花束を受け取ったその顔がまたピカピカでいい!
タイガースで、この日を迎えてくれたことが嬉しい!ベンチのみんなも祝福する。まるで3連敗中のチームの顔とは思えない。(わざわざ思い出すな。)

さぁ勝とう!
ゲームは土壇場の9回裏。
この日30歳の誕生日の俊介がレフトへのヒット!バースデーヒット!
これは乗った!
梅野は送りバント。また進塁打しそうな西岡は敬遠気味。

ほらきた北條!
ストレートとフォークに食らいつく。
負けてたまるか。北條がんばれ!手に汗握った10球目!胃が痛い!
よく打った!満塁!
からの福留はお見事。犠牲フライなんてお手の物。

いつもは水がかからないように少し遠巻きに眺める福留もこの日は逃げられん(笑)
試合に出た人もそうでない人も、みんなが水をかけたりかけられたりして、光ってた。

辛い試合が続いたけど、これがあるからやめられない。

[今日のロジャース]

浅いかな?と思った福留の犠牲フライ。
ネクストのロジャースはバット持ったままバンザイしてた。
俊介がホームインする前から。(笑)

Posted in コラム | スタメン北條の勲章打! はコメントを受け付けていません。

藤浪晋太郎 約2ヵ月半ぶりの一軍マウンド。

〈8/16 阪神 3-5 広島 (京セラドーム)〉

:大瀬良
:今村
:藤浪

こんなにその瞬間が待ち遠しいっていうのは、開幕の次ぐらいかな。

藤浪が一軍のマウンドに帰ってきた。

頑張れ頑張れ、どうかみんな藤浪のために打ってくれ、守ってくれ、ってこんなに藤浪のことが心配で祈ってるなんて自分でも不思議だ。

結果は、4回2/3、107球を投げて、被安打7。失点3。
四球5。死球は2。
二軍調整前と同じ、右打者への課題をまた露呈する形となった。

5回表。
マウンドを途中で降りることになったのは、石原への抜けた四球からだった。
次は、ピッチャー大瀬良のところだけど、これ以上は本当にカープの選手が危険だ。まして大瀬良には一度当てている。
「申し訳ないです」
血の気のない顔でそうつぶやいて目元を隠すように帽子を深くかぶり、ベンチへ下がった。
見たくない光景だった。けれど、藤浪に期待する反面、こうなる可能性があることも、わかってて試合を観てた。

4回表。
菊池への死球では、両軍ベンチからいっぱい出てきて、一時騒然となった。
なんとライトを守っていた福留がマウンドまで来た。
いつも藤浪の背中を見守っていてくれる、厳しくて優しいキャプテンは、声をかけ、グラブで腰のあたりをポーンと叩いて、また遠い定位置へと戻っていった。

次打者丸がセンター前へヒットを打った。
センター中谷、すばやくキャッチすると、中継北條、そしてホームの梅野へ…一走菊池はアウト!
高卒から一軍で活躍する藤浪は、二軍暮らしが続いていた中谷と北條を今までアテにしたことがあっただろうか。私なら…正直ないかもしれない。
藤浪自身がおそらく気付かないうちに、周りも頑張っていたし、そして、今、彼を助けている。
ベンチへ戻る藤浪は何を感じただろう。

チーム事情から一軍に上がってきたが、今日というの日のマウンドで起こったこと、感じたことは、必ずいつかの糧になる。

藤浪、大丈夫、ひとりじゃない。

それに…あなたの先輩の西岡さんやキャプテンの福留さんだって、大瀬良を打ててなかったし、プレーではたいしたことしてなかったよ(笑)

また、帰ってくる日を待つとしようか。

[今日のロジャース]

初めてたこ焼きを食べたそうだ。
ミートボール的なものと思っていたら違っていたので、おいしくなかったそうだ(笑)

Posted in コラム | 藤浪晋太郎 約2ヵ月半ぶりの一軍マウンド。 はコメントを受け付けていません。

プロの試合だったのだが。

〈8/15 阪神 6-11 広島 (京セラドーム)〉

:野村
:小野

セーフだったから言うんではなく、1回裏の一走福留のホームへのスライディングのところ、球審の白井さんと審判団のみなさん、これぞプロだっていういいお仕事だった。

中谷の打球をセンターの丸が弾いて、それを見た高代コーチが全力で回す。福留はもちろんそのつもりで走っていて、だが、ショート田中も好返球。ギリギリのところのクロスプレー、福留の左手がわずかに會澤のタッチより早かった。

リプレイ検証の要否を審判団で集まって協議するが、白井球審に自信あり。確かに、見てた位置も角度も適切だった。プロのプレーにプロのジャッジ。リプレイ検証は行わず。
緒方監督が抗議に向かうもこれに白井球審は毅然とした対応。緒方監督も早めに折れた。

審判の方々はご苦労の方が多いと思うけど、こうあってほしい願う。
お茶の間のテレビより不鮮明かという小さなモニターで、モヤッとしたスローVTRを元に判定するより、一番近くで適切に見てる人が正しいのだ、とする本来のジャッジはやっぱりスッキリする。「俺が見てた」でいいのだ。

ただ、ストライクゾーンに疑問はあった。小野は苦しんだ。だけどそれは野村にも同じだったからな…。

試合………?
気が切れてしまった方が負けなのだ。

明日の藤浪を想う。
エリートでやってきて生意気なことも言うから憎たらしいときもあったけど、2ヵ月半、ぽっかり穴が開いた感覚でここまできた。あれぐらいややこしいのがいてちょうど良かったんだわ(笑)

藤浪、いいピッチングでなくてもいい。勝って。

[今日のロジャース]

出塁したカープの選手にもニコニコ。いいやつすぎるかもしれん。。

Posted in コラム | プロの試合だったのだが。 はコメントを受け付けていません。

遼馬初先発も…

巨人・阿部が通算2000安打達成。
長い間捕手でやってきてね、すごいよ。
おめでとうございます!

〈8/13 DeNA 8-2 阪神 (横浜)〉

:濱口
:松田

松田遼馬、ファームで経験あるといっても、一軍のマウンドではプロ6年目にして初の先発だった。
メッセの離脱というチームにとっては痛いアクシデントだけども、遼馬にとってこれが大きな転機となるかもしれない。チームとしてもファンとしても、それは歓迎すべきことなのだ。
結果は2回3失点で降板。
3失点はある程度想定内。2回で降板というのが残念だった。
いい当たりを外野に飛ばされていたから仕方ないのだけど、うーん…まさかこの2回で「先発不可」と判定されたのだろうか。
首脳陣がどこまで本気で「先発遼馬」を考えていたのかわからないけど、フォローはきちんとしてほしい。
遼馬は切り替えていくしかない。

で、そのほかは、筒香に二打席連続HR。と、福留完全休養日。

福留がいなきゃ負けるのか?
と書いたのはつい昨日の話…

負け…た…

ぅぉぉん…(むせび泣き)

[今日のロジャース]

ノーヒットで迎えた最終打席。左胸のあたりを右手でポンポンってやってたのは、何か自分に言い聞かせてたのかな。
ようし次は打つぞ!

Posted in コラム | 遼馬初先発も… はコメントを受け付けていません。

福留ファインプレーに決勝アーチ!と能見さんの粘投!

〈8/12 DeNA 1-2 阪神 (横浜)〉

:マテオ
:ドリス
:砂田

能見 3勝6敗
井納 4勝6敗

チームの顔である能見、井納、両投手が勝てていない。
タイガースとベイスターズで、
「二人入れ替えだー!」
ってトレードしても、勝ち星は変わらないんだろう。
両チーム、そこそこ打っても点は入らないし、そもそも、打たない。
先発ローテーションをずっと守ってきたという点も同じ、井納のことは他人とは思えない。ただ、能見のほうが1勝少ないという理由で、能見さんに肩入れしてる。(タイガースファンだからやろがい)

0-0のまま4回裏。
筒香が初球を打ってソロホームラン。
ベイスターズが1点先制。
私は悟った。

筒香がいる方が勝つんだわ。

能見のボールは悪くなかったどころか低く制球されいいボールだった。
それをすくってバックスクリーンまで運んでしまうのだ。
きっと井納が投げても同じだ。
両投手の好投は関係ないし、ホームランだから守備のアレも関係ない。
筒香のいない方、すなわちタイガースは負ける。
詩でも詠んで静かに暮らそうか…
…と思っていたら、こっちには福留孝介ってのがいた!
8回、ピッチャーパットンの足元へのヒットでこれがタイムリー!
西岡よう走った!(ていうか本当に抜け目ないやつ!w)
そして両チーム勝ち切れず延長戦。

だが、有休とった福留は働く!
レフトスタンドへのソロホームラン!
これが250号!
AYUMI☆さんから花束を受け取り…AYUMIさんかわいいねん!ベイのサポーティングガールズユニット(というらしい)の女の子。
血液型B型、星座は乙女座。私と同じー!キャー☆
「好きな食べ物・やわらかいプリン」…や、やわらかいプリン…
わし「好きな食べ物・納豆」……

節目のホームランが決勝点。
福留がホームランを打つと昨年から数えて14連勝だって。あんまりこういうのアテにしないんだけど、福留が打つと勝つっていうのはある。
試合を決めるホームランを打っている。決めない日は負けている(うぇっ

3回裏には能見さんが何度も礼を言うほど。
抜けていたら間違いなく1点という右中間への当たり、飛び込んだタイミングと飛距離バッチリのスーパープレー!

あれ?福留がいないと負けていた?
いやいや、認めたくないわー。

勝ち投手になれずとも、ベンチで声を出し続けた能見さんや、ピンチでも1点もやらなかった桑原もいた。
セーフティーの構えで揺さぶった梅野や俊介も必死だった。
能見さんに負けをつけなかった福留はさすがだけど、案外、福留だけでもないチームなんじゃないかって、ちょっと思ってる。

明日は遼馬が先発だ。プロ初先発。
全員で守って打ってやろう!

[今日のロジャース]

「他の選手のチャンスをもらっているわけだから
それを無駄にするわけにはいかないし
とにかく何事も真剣に取り組んでいきたいと思っている」

虎バン、いい特集だったわぁ。。(;▽;)

Posted in コラム | 福留ファインプレーに決勝アーチ!と能見さんの粘投! はコメントを受け付けていません。

全員野球。

前日、試合途中に病院へ向かったメッセの診断結果は「右足腓骨骨折」
それでも11日の試合前ミーティングには顔を出してくれて、「チームのみんなはクライマックスシリーズ、日本シリーズ出場を目指して頑張ってもらいたい」と激励の言葉をくれたのだそうだ。痛みも悔しさも押し込めて。

ほんと神様、なんてことしてくれたんだ。あんたの責任だからね。1日も早く治してやってくれ。

チームは、もう、やるしかない。
藤浪が戻ってくるね。
まだ持ってる。藤浪も、チームも。
挑戦はこれからだ。

〈8/11 DeNA 1-8 阪神 (横浜)〉

:岩田
:石田

試合前のベンチ。また、中谷にあの黄色いのがちょっかい出しに来てる!
チャピーというのか。いつから中谷とそんな仲良しなんだ!中谷も待ってるでしょ!?(笑)
サンテレビボックス席は、この光景をエンディングで必ず入れてくれる。
そしてこの光景の端っこに、中谷をうらやましそうに見つめる清水誉を映してくれている。

毎日のように怒られる中谷、きっとこの黄色いのに癒されて肩の力も抜けたんだろう。
また、横浜でホームラン!
スリーランホームラン!
(2本打ったのではないです。)
(言い直しただけです。)
(紛らわしい。)

しかしよく打った。
打線を牽引したのは誰だろう。
ホームランの中谷とロジャースかな。
HRは幻となったけど猛打賞の鳥谷かな。
最後まで取り残されてヒヤヒヤしたけど、7回に坂本にもヒットが出てこれで「先発野手全員安打」
とにかくわからないけど、みんな、打った。我ながら、雑い。(笑)

5回に、2番セカンドで先発していた西岡がサード内野安打で出塁したところで、代走森越を送ったのは、面白かったし、いいベンチワークだなって思った。

クリーンヒットでなくても、足で魅せたヒットというのは西岡自身満足そう。
そして次は当然「盗塁でも狙うか!」という矢先に「あ、代走!?」って笑って戻ってきた西岡。この様子がおかしくてベンチのみんなも笑う。雰囲気いい。
そしてここで出したのは、この日29歳の誕生日の森越。
粋な采配?それもあるけど、ベンチに入れているからには使う。そして、堅実に守備固めの意味があるのだ。うまい。

7回裏。
ハマのゴメスこと後藤が代打の場面。
雨が強くなってきて、岩田もそろそろ…。
三遊間深い当たりに、そこに大和!捕っただけでもすごい!すごいよ!なのに投げた!そこは雨で滑る人工芝、三塁側へ向かって追った打球をどうしてその体勢から逆の二塁へ投げられる!?
セカンドはアウト!そしてもう一つファーストもアウト!ダブルプレー!
うまままままい!!!!
大和が笑顔で「おおーっ!」て手をあげたのは、森越のとってすぐのリリースと、速い送球に!
大和でひとつ、森越でひとつ、のすごいプレーだった!

そして、岩田!
メッセショックを振り払うナイスピッチング!
俺がやる。岩田からひしひしと感じた。
どこかで聞いたようなフレーズだけど(笑)

全員でやったね。いいゲームだった。

[今日のロジャース]

湿度96%。小雨が舞う。それでも、
「ドームもいいけど、やっぱり外で野球をやる方が気持ちがいい」と言う。

野球は外がいい。
めっちゃシンプルに完全にロジャースに同意だ。
ロジャース!好きだー!(笑)

Posted in コラム | 全員野球。 はコメントを受け付けていません。

メッセが途中でマウンドを降りた。

〈8/10 巨人 5-2 阪神 (東京ドーム)〉

:マシソン
:カミネロ
:マテオ

2回に梅野と俊介のタイムリーで先制したが、中盤同点に追い付かれ、中途半端なスクイズも、決めなきゃいけないバントも失敗、好機を逃し、最後は突き放されて、負け。

7回、メッセが阿部の打球をくるぶし付近にうけ、マウンドを降りた。戻ってはこなかった。

もう8年目になるメッセだけど、故障で離脱したことがない。
そしてメッセが故障するって考えたこともない。

この日負けたことも、目先のローテのことも、ぐちゃぐちゃにへこんでるけど、何が一番辛いって、シーズンも終盤、これからますます熱くなる戦いにメッセがそこにいられないかもしれないなんて、メッセはどれほど悔しいだろうって。

開幕投手は俺だ。
先発した試合は最後まで投げる。
そう言って譲らないし、中5日だって自分がチームに必要とされていることを意気に感じてマウンドに立ち続けるタフガイ。
先発投手陣が思うような結果を出せなくても、その分自分が勝てばいいと言わんばかりに、最多勝を争っている。

なのに神様、なんてことすんだよ。。

[今日のロジャース]

メッセの後を継いだ桑原がピンチで苦しんでいる。
バットに当たっただけで怖い一死満塁、転がった打球はロジャースの前へ…捕って、ホームへ、アウト!
落ち着いた一連の動作が心強かった。

Posted in コラム | メッセが途中でマウンドを降りた。 はコメントを受け付けていません。