キッシュとシチューとスーパープレー!

〈4/19 中日 1-2 阪神 (ナゴヤドーム)〉

:小野
:ドリス
:松坂

見てへん。試合、見てへん。

今年も恐れていた日がやってきてしまった。
年に何度か訪れる中継難民の日
サンテレビがだいたいカバーしてくれるのに今日はあかんかった…
ABCラジオ聴くわ…

まぁ、何かしらあるねんから全部契約しとけっちゅう話なんですけど、ヘタにサンテレビがあるからもったいないんですよね。(ヘタにとはいかに)

で、こういうとき「ご近所付き合いしてりゃなぁ」と思う。

.。oOO 仲良しご近所さんは、「プロ野球セット」に加入している。
焼きたてのキッシュを持って、ピンポンを鳴らす。
夕方5時半頃に行くわね、と前日から約束してたのだ。
「はーい!開いてるから入って!」
この匂いはビーフシチューだ。美味しそう。
「不用心ね!」と言いながら入って、とっておきのチョコレートを彼女に渡す。
「ちょっと代官山へ行ってたから」。
こうやってときどき美味しいものを持ち寄って、一緒にテレビ観戦するのだ。

…くぅぅーー!たまらんオサレ!!ご近所付き合いたまらんな!!
キッシュ!?あれ、おかずちゃうよね!?作らんよね!!
代官山!?どこ住んでる設定ねん!!

私にはハードル高いわ…ご近所付き合い…
で、ラジオなんです。

しっかし、むぅ…
4安打と3安打、両チームの安打数足しても7安打ってどんな…!
松坂いいピッチャーだな。見てないけど全然打てないのだけは脳内再生回数すごかった。
しかし小野が全く負けてない。
無援護対無援護のデスマッチを腕振って戦った。
昨日、「鳥谷の松坂打ち!」なんて書いといて、スタメンちゃうかったし…なんてのは野暮ってもんだな(せやんな!)

守備固め俊介の超ファインプレーは、大きかった!中村豊コーチが「スーパープレーと書いてくださいね」とのことなのでスーパープレーです!!
背走気味に追って追って追ってからのグラブギリギリひっかけてから倒れた!落としてない!
一打同点の場面、このプレーはものすごいプレー!

中日は、最後9回裏代走工藤のけん制死が痛かったなぁ。
松坂の負けを消してやれんこともなかったのにな。
…っておい。

ああ!面白かった!見たかった!!
ご近所さん探してくるわ…!

[今日のロサリオ]

見てへん。

Posted in コラム | キッシュとシチューとスーパープレー! はコメントを受け付けていません。

メッセダイスキネ!

〈4/18 中日 3-4 阪神 (ナゴヤドーム)〉

:メッセンジャー
:ドリス
:柳

前回の退場の日から中5日。
その間、FA権取得していたり、生涯虎宣言してくれたり、頭丸めていたり。メッセ、忙しい(笑)
それだけじゃないか。この日の登板にきちんと調整をしてくれたようだ。(それが主な仕事です)
初回こそピンチあり不運な当たりで失点したが、ここも最少失点で乗り切るなどいつものメッセ。丁寧なピッチングだった。
2回から5回までは三者凡退の完全メッセペース。
ただし、初対戦となる柳についても、全く攻略できないというこれもいつもの野手陣なのであった。
しかし!来日9年目ともなるとピッチャーといえども自分で出来るようになるのだ。

メッセンジャー
3打数2安打1打点。

センパイすごいッス。
しかもメッセの打点が決勝点になるとは。

な。高山。
(名指し)
(お誕生日おめでとう)
(お祝い言いたかったんやで)

ヒーローインタビューはもちろんメッセ。流暢な日本語を交えて。

前回の登板について
「ラストゲームスミマセンネ…」

かまへんかまへん(甘)

キャリアをタイガースで終えたい
「タイガースファンダイスキネ」

これな。プロポーズ級のインパクトあったで…
(涙でテレビがにじむ)
(ちょろい)

「他のチームでプレーすることは、まったく!まったく!まったく!考えられないのでタイガースで一生を終えたいと思います!」
↑栗山通訳の特盛(笑)

ほんとに、メッセ、今年もありがとう…!!まだ早いけど先に言っとく!!

そして、メッセと同じく愛すべき仲間…ドリス!
9回裏。
先頭亀澤の「ピッチャーゴロ」を落ち着いて処理したと思ったら、一塁セーフの判定。
これにはドリスもベンチへ「リクエストしてくれ!」の合図。
こないだもそんな人おったな…
リプレー検証を待つ間、サンテレビのスロー映像を見てるとアウトに見える。
だが、戻ってきた審判団は説明なし。この「説明なし」が「判定はそのまま」という検証結果のようなのだが、それもどうなんって思うし、ビデオ見てもこれなんやったら、このリクエスト制度、考え直した方がいいんちゃうかって。「公正な判定ができる」という大前提が崩れとるやないか…時間もかけて間延びして。
まぁ、サンテレビの映像しか見てないからこのへんでやめとくけど。(自信ないんかい!)

話を戻すと、ドリスがいいってことだ。
この結果には不満が残ったに違いないのに、キレて暴言吐くでもなくw、失点はしたものの逃げ切って、メッセに勝ちをつけた!

そしてこの日、メッセ、岩崎、桑原、ドリスをリードした梅野!
試合後、湯浅アナが
「録画されてる方がいらっしゃったら梅野が8回裏を抑えて戻ってくるところを見てほしい」とここでもリクエスト!?
見ました。(笑)
いやほんとにわざわざ言いたくなるぐらい、それぐらい梅野はいい表情だった。
何度も体に当てながらも決して後ろに逸らさず、それでも桑原には厳しいスライダーを要求した。
いや、逸らさないと覚悟も自信もあるからそれができるのか。
リードを守ったままベンチに戻るときの「ふぅーっ」からは、充実感溢れてた。
梅野らしいというか意地っ張りな配球もはまった。
6回には、重圧かかるセーフティスクイズも成功させて、甲子園だったら一緒にお立ち台だったなぁ。
ベンチでメッセに抱き寄せられハグする光景は……ただただ羨ましいぞ!!

明日は、もう一人の生涯虎の人。鳥谷の松坂打ち!

[今日のロサリオ]

試合後、グラウンドに向かって一礼してから出て行くのってずっとやってた!?
ごめん!今まで気付かなかった!

ナイスラン!ナイスバッティング!
猛打賞おめでとう!

Posted in コラム | メッセダイスキネ! はコメントを受け付けていません。

鳥谷大山ロサリオ当たり出て岩貞開幕!

〈4/15 阪神 8-3 ヤクルト (甲子園)〉

:岩貞
:由規

「32イニングぶりタイムリーヒット福留ーー!!」

初回に出た福留のタイムリーってチーム32イニングぶりだったのか…
そんな打ってないのにずっとワシはずっと観てたんか…どんなヒマやねん…あぁ今これ読んでくださってるそこのあなたも。

1回表。
三塁線切れそうな深いところからの1塁への送球がめちゃめちゃ綺麗な大山。
「あのスローイングできていればきっと打てるよ」ってまぁ知ったかして口にはしたけど、実際のところそれが今日とは思ってなかった(笑)

始まりは鳥谷だった。
1回裏。
あとちょっとでホームラン…くぅー!惜しい。けど2ベース!久しぶりの快音に俄然この試合やる気が出た私。(どこにも影響しない)
鳥谷の起用に疑問を投げかける声も出て、それはチームのためならず。
どうしたらいいかって、もう鳥谷が打つしかなかったんだ。
やっとこの日ヒット出て猛打賞。
周囲の雑音が大きくなってくると、それをエネルギーに変える人。ややこしい人だ。
6回裏の、10球粘って四球をもぎとったの、あれで鳥谷がやっと戻ってきたって思った。

そして大山とロサリオだ。
二人とも悩める人だった。揃ってマルチの打点1ずつ。好調リンクすんのは大いに結構だけど、不調を合わせるのはもうやめてな(笑)

心配なのは糸井。ここんとこずっと気になってる。足どした?
上半身と腕の力だけで飛ばしてる。これは筋トレの賜物ってことなんだろうけど、守備や走塁がちょっと見てられないレベル。バッティング好調なだけに、逆にめちゃめちゃ心配になってる。
ヒーインでもそんな様子見せないけど、本人が今一番不安なんじゃないかと。気のせいかもだけど。
7回裏にガサーッとみんな打ったので、糸井がちょっと休めてよかった。
あっ、そうそう!山中から打ったんだ!!この日一番驚いたことだったかも。

鳥谷も、糸井も、ロサリオも、みんなお休みもらう中、福留は居残り。水曜日に休んだしな(って結構前)

9回表を投げた石崎がパッとしなかった。ストレートの四球出したときのレフト福留の顔…あからさまにムッとしてる。
今月26日に41歳になるんやで…自分だけ休ませてもらえへんかった上に、ずーっとレフトで立たされてんねん。そりゃ怒るか…(笑)

石崎は必死。
最後の山田哲人のピッチャーゴロ、あれは執念で捕った。
ベンチに戻るとき、福留になんか言われてた。
金言や。ありがたくいただきなさい(笑)

あっ!岩貞!
ちょっと遅くなったけど、やっと開幕。
おめでとう!
さぁ働いてもらおうか!(笑)

[今日のロサリオ]

ガム噛むようになってた。

試合後、岩貞に抱き着いて勝利を喜んでた。
自分ちょっと打ったからって有頂天になってた(笑)

Posted in コラム | 鳥谷大山ロサリオ当たり出て岩貞開幕! はコメントを受け付けていません。

しっとりじっとり雨の敗戦…

〈4/14 阪神 0-6 ヤクルト (甲子園)〉

:石川
:秋山

山崎憲晴がセカンドで移籍後初スタメン。
どうもこの頃セカンド起用はガチャガチャに思えてきた。何が出るかな的な。
山崎はまた次。打っちゃえ。

チャンスらしいチャンスは4回裏だったかなぁ。
いや、他にもあったなぁ。
糸井福留が好調キープして出塁しているだけに、ロサリオの併殺打が痛い。
けれど気にすんな。他はみんな大したことないしな。…て余計悪いわ。

予報より早めに落ちてきた
ずっと降り続く中、秋山、頑張って耐えてたんだけどなぁ。
ごめんな。私悪ないけど。

福留が二度のファインプレー。
2回表は、フェンスがきっちり頭に入ったダイビングキャッチ。最後は上手にフェンスに身体を預けてた。
7回表は、雨でかなり足元が悪くなった中、水しぶきをあげてのダイブ。
周到に準備された一流のプレーだった。

土曜日のデーゲームだというのに、兆しの見えない打線に、やまない雨に、スタンドはまばらになっていった。
入場時に配られた虎のカブリモノが雨を吸って帰り道には重そうだ。
みなさま風邪ひきませんように。。

おらー!!てめーらいい加減打てーーー!!ぎゃー!!

[今日のロサリオ]

3回表。二死からなんでもないゴロを後逸するエラー。気まずい…
打順は1,3塁でバレンティンじゃないか…気まずいなんてもんじゃない…まずい…

だが秋山踏ん張ってレフトフライに。
ベンチに戻るロサリオ、もちろん秋山に謝る。
秋山は笑いながら、大丈夫だって、ロサリオの肩を何度か叩いた。
ああ見えて結構ヘコんでるんよな。秋山にはそれがわかるんよな。

Posted in コラム | しっとりじっとり雨の敗戦… はコメントを受け付けていません。

藤浪のための試合。

〈4/13 阪神 2-3 ヤクルト (甲子園)〉

:カラシティー
:石山
:ドリス

2回表だった。
先頭川端に、浮いたストレートを綺麗に打ち返された。
続く西浦は、バントの構えだったが真っ直ぐに絞っていたのだろう、初球振り抜いて三遊間抜けるヒット。
三塁側ベンチの思惑に揺さぶられるマウンド上藤浪。
1,2塁から坂口にこれも初球からストレートを狙われ、タイムリーに。
まだ無死1,2塁。
中村には力が入りストライクとれず満塁。
ここで香田コーチがマウンドへ向かう。
次はピッチャーだ、まずアウトひとつとろう。そういう指示だったか。
言われなくたってわかってることだ。
だが、それをきちんと受け止められたか、腹に落とせたか。
良かった頃の藤浪の悪かったところは、どこかうわべで聞いていたところ。
守る野手だってお前わかってんのかと言いたかったはずだし、実際、福留には叱られたこともあった。

この日の藤浪は一つ一つ頷いて、みんなが戻ると、息を吸いそしてスゥーッと吐いた。
そうだ、藤浪落ち着いて。

ブキャナンへの1球目。際どいところだったがボール。
藤浪の表情が少し柔らかくなった。
そして2球目。バッティングも好きだというブキャナンはピッチャーゴロ。
弾んだ打球は、長い腕を伸ばした藤浪のグラブに入ってる!
自分の感覚にはなかったのか見上げたその先のグラブに白いボールがあった。藤浪、しっかり投げて!
「悪送球でランナー生還オールセーフ」なんていう悪夢がよぎったファンは少なからずいたはず。私もそれが怖かった。
だけど、今日の藤浪は違った。藤浪から梅野へ、そして梅野からロサリオへ。1-2-3ダブルプレー!
あかん!泣いてまう!(笑)
このプレーがどれほど大きかったか。
グラブに入ったのはたまたま。だけどこれは神様から与えられたチャンスであり試練だったんじゃないか。このプレーは大きな分かれ道だったんじゃないかと。大げさ?
ロサリオが藤浪に笑いかける。藤浪も、入ってたわ!と笑う。
そして、山田のバットに空を切らせて長かったこのイニングを1点だけで乗り切った。

腕を伸ばしてフォームを確認しながら投げた。
ベンチでも声を出した。
ピンチらしいピンチは6回にもあったが、そこもダブルプレーで切り抜けるとグラブを叩いて吠えた。
感情がそのまま表情に出る人だ。
少なくとも今日はずっといい顔をしてた。
だめだったら二軍だと言い渡されていたというが、…ちょっと待ってこれ、今から投げるピッチャーにかける言葉ですか、思い切り腕振ってこいじゃないんですか…だけど藤浪「だめでも練習すればいい」と、甲子園のマウンドを楽しむように7回を投げた。
勝ち負けは関係なかった。

ブキャナンの前に打線は全く打てない。チームは負けている。だから満足なんてしてないけど、ただただ嬉しかった。藤浪は次が大事だって?そんな心配今はまだいいや。

で、福留だ。
昨日のカープ戦も今日も、打ってほしいところでゲッツーに終わったりのノーヒット。
ブキャナンに完封負けするその直前。

っっっったぁぁぁあああああ!!!!!
わぁぁあああああああああ!!!!!

ライトスタンドに消えた!!
藤浪の負けも消えた!!

日米通算300号!?
ややややや…なにこの人怖い!!!!

おめでとうなんて恐れ多くて言えない。ただもう、凄い!!

…で、勝ったふうで終わろう。
なんたって、今日はいい日。

[今日のロサリオ]

その福留のホームランの前。
ロサリオの打球は、投げ終わりのブキャナンのお尻を直撃。
トレーナーさんやコーチが飛び出してきたのを、ブキャナンは「来るな、構わないでくれ」とちょっとプリプリ。お尻だけに。…はっ…!これ!

…って退場になるようなことはなかった。ブキャナンもいいピッチャーだ。

Posted in コラム | 藤浪のための試合。 はコメントを受け付けていません。

思ったこと。

〈4/12 阪神 1-5 広島 (甲子園)〉

:岡田
:メッセンジャー

あかんやつやこれ…笑ってるメッセ…

2回表。
連打を浴びたところで3人目磯村の打球がピッチャー強襲、投げ終わりのメッセのお尻を直撃。
トレーナーさんが飛び出してきたのを「来るな」と手で制し、そして明らかにプリプリ。お尻だけに。言うてる場合か。
思うようなピッチングが出来ていないところに、あんな硬いもんが当たってきたんだ。そりゃイライラもしよう。
意図したところにいかない苛立ちもあったし、ゲッツーかと思った当たりもセーフになってるわ、微妙なところをストライクとってもらえず、ほれ、まだ2回だというのに球数50球が見えてきたところで、例の笑い顔が出た。
丸に四球で満塁となり香田コーチがマウンドへ行くが、時すでに遅かったのだ。
松山に押し出し四球をとられると、持ち場を離れ声を荒らげた。
退場。

メッセが大好きだし信頼している。不運もあったと思う。何よりその前、無死満塁から1点しか得点できない打線を見たとあっては、余計に背負い込んだ部分もあっただろう。
だが、だめだ。
メッセ、あなたはタイガースのエースなのだ。
2回途中で、誰も投げないブルペンからピッチャーを引き摺り出すような降板をしてはいけないのだ。
梅野も、メッセがわぁわぁ言い出すときには審判からメッセを遠ざけて欲しい。せめて目が合わないようにしなければいけない。
そのへんは藤井はんが詳しいから引き継ぎしておいてほしい。
次回のために。(次回ある想定やめい。)

そのメッセの後を投げたのは、石崎。
2回途中から5回まで毎回ランナーを背負っていたが、ぶっ壊れた試合を形になるところまで元に戻してくれた。心強い鉄腕だ。
半袖、まだ寒くない?

そして、日程の関係で一旦抹消となった高橋遥人に代わって、伊藤和雄が昇格今季初登板!
1イニングを投げ無失点だったけど、先頭バッターへのストレートのフォアボールはベンチの心証悪い。次しっかりな!

鳥谷は、7試合振りのスタメンだったが、ヒット出ず…。
その鳥谷に関して、解説の掛布さんから想いが溢れる。

「走れる・守れる・打てる・見極められる。総合力で評価してあげなければいけない選手。その鳥谷に対してホームラン30本で勝負してほしいだとか、鳥谷のやってきた野球はそういう一つの特化した部門で勝負するのではなくて絶対的なバランスで勝負して評価する選手だと僕は思う。」
「ベンチも鳥谷の気持ちを切るようなプライドを傷つけるような使い方をしてはいけない。」
「(鳥谷が調子を上げるためには)使い続けることだと思う。」
「2年続けてのコンバートだが、セカンドで守りの賞(ゴールデングラブ)をとってほしい。」

掛布さんにそこまで言ってもらい、よくぞ言ってくれました、という気持ち。
ただ、1日では結果が出ないからと鳥谷だけは毎日使い続けるというなら、それでは、上本は?と思う。少なくとも「打」では結果を出している。
私は鳥谷をスタメンで使ってほしいと昨日も思ったが、それは機会は正当に欲しいと思ったからだ。そしてスタメンで出たなら鳥谷は結果を出してくれるという前提だ。
選手のモチベーションへの配慮は、ベンチの大事な仕事だが、鳥谷に限ったことではないので、うまく使い分けて欲しい。
そのうえで、鳥谷にはゴールデングラブを獲ってほしい。

さて!試合…
(あんななって3安打で勝てるかーっ!)

おっと!!
西武移籍の榎田。移籍後初登板初先発で勝ち投手になった!先発勝利は5年振りって格別な勝利だ!おめでとう!!
明日からタイガースもまた頑張るよ!

[今日のロサリオ]

そろそろ2本目のホームラン打ってもらおうか!!

Posted in コラム | 思ったこと。 はコメントを受け付けていません。

高橋遥人鮮烈デビューでタイガース単独首位!

〈4/11 阪神 4-1 広島 (甲子園)〉

:高橋遥
:ドリス
:中村恭

「すごい楽しかったです!」
お立ち台でそう言って笑ったのは、ルーキーの高橋遥人!

ちょっと、いいですか?
私もすんっっごい楽しかったです!!!!(*≧∀≦)ノ゛

「熱血!タイガース党」にも出演してましたねー!あのときもめっちゃかわいくてたまらんかったですが、かわいさはグラウンドでも健在。ボール交換、ベンチに戻るとき、相手バッターがちょっとのけぞったとき、一回一回帽子を取ってペコッ。誰かが話かけてくれたら帽子とってペコッ

しかしそのかわいさとは裏腹に、ボールが戻ってきたらすぐ投げるテンポと、球速以上に早く感じるというストレートとキレとで、カープ打線を全く寄せ付けなかった。
まだいけたと思うけど、とりあえず今日は7回まで。2安打無四球、84球。
ものすごいピッチングだった。
ウイニングボールをドリスから受け取るときも、もちろん帽子とってペコッ

ヒーインで、自身の点数を聞かれて「100点」…これには参った。100点あっさり出てもうた!(笑)
背番号29の左腕か…ほんとに救世主かもしれないね。

昨年のシーズン前、桑原を見出したように、この高橋遥人も同じく金本監督が目を見張ったピッチャー。
「あれは打てない」って、一流のバッター金本に言わしめたのなら、金本監督としては使えるってことか。
初々しいヒーインの様子を、金本監督、ベンチに残ってまで見てたのは面白半分、そして親心かなぁ。嬉しかったんやろなぁ。

タイガースの新人投手が甲子園でプロ初登板初先発初勝利を飾ったのは、1959年の村山実さん以来とのことで、左腕となれば、球団史上初の快挙とか。
初めての登板で、勝利して、お立ち台に上がって、カメラにサイン。車乗せられてグルグル回ってここでも帽子とってペコペコ、はい写真もね。…って大忙しの夜になった。
あぁ、もう、ずっと見てたいな。初回からもっぺん観よう。嬉しくてたまらない。
担当スカウトは、吉野誠さんだったかな。それもたまらない。嬉しい。

そして、「打」のヒーローは糸原!
5回裏だ。二死満塁で回ってきた打席。どうしても追加点が欲しいところで、粘って食らいついた8球目。浮いたフォークに何とかバットを合わせてレフト前へ運んだ。
どんどん合ってきてるって、糸原自身も楽しんでる感じにすら見えた。またピカピカの色白ツヤツヤゆで卵肌顔してさ(笑)

そして、12球団唯一盗塁がなかった我らがタイガース。
待望の1個目は、高橋遥人を引っ張り、出塁されても任せておけと頼もしいリードを見せた梅野!
警戒されてなかっただろうけど、とにかく盗ったった!
けど、代打の鳥谷にはカウント使わせてしまいちょっと気の毒だったかもしれないなぁ…
ねぇねぇ、そろそろまた鳥谷をスタメンで使ってみませんか?

[今日のロサリオ]

1回表。丸のセンターへ抜けようかと当たりを糸原捕球し一塁ロサリオへ。惜しくもセーフ。
…のところで、「アウトだろ!リクエストやってくれ!」とベンチへ猛リクエスト。ベンチは動かず。うん、セーフやわ^^;
でもロサリオの気持ちは嬉しいな。糸原のいいプレーだったもんな。

Posted in コラム | 高橋遥人鮮烈デビューでタイガース単独首位! はコメントを受け付けていません。

普通に勝ちたい!!

〈4/10 阪神 4-3 広島 (甲子園)〉

勝:藤川
S:ドリス
敗:一岡


よく晴れた日の夕暮れ時。

「さぁロサちゃん打ってもらおうか」
「小野、援護あるんか?」

期待と自虐の交わるファンの笑い声を耳にしながらここから見上げる空が好きだ。
夜に向かうというのに、たそがれという言葉の持つ意味とは無縁の別の世界がこの壁の向こうには待っていて、光と歓声の渦の中、野球を観るのだ!
甲子園にタイガースが帰ってきた!

さて、のっけから余談ですが、

おっ!サンの熱血!お弁党
というのが発売になるよって何度も聞かされていて、行ったら本当に売っていたので、やむを得ず買いました(笑)

男子大好き茶色!(笑) 集めたらこうなりました。っといったところです。私も好きです(笑)

海苔の主張…

球場グルメに迷ったらひとつ、いかがでしょうか。
お箸がついて1,300円です!(お箸ついてない設定ありません)

あ、試合は…勝ったけどけどな!!!!

初回、無死1,2塁で二走高山がタッチアップしなかったり、3回にダブルスチールで二走西岡が止まったあおりを受け糸井が牽制アウトになってしまったり、5回は糸井、ロサリオの長打でホームでアウトになった走塁があったり、、と書いてるだけで苦い、走塁ミス続出。
足が速い遅いじゃなくて全部、状況判断のところだし、集中力を欠いた非常にマズいプレーだった。
つか、みんな足はあるはずの選手やろがい。こっちはフェンスでほとんど見えへんのに心の目で見てんのやぞ。←1塁アルプス1000円で入手した席見えにく過ぎるあるある。

そんで「魅せよう」としなくていい…西岡よ。5回の一死1,3塁。丸のセカンドゴロに反対周りしたのはギョッとした。ゲッツーとれずの1失点。頼むから「普通」にしてくれまいか。。

はぁーっ。(深め)

なのに勝った…!うそやん!!

6回裏。
この日、四球の目立った薮田がここにきてまたストライクがとれなくなった。
一岡に代わったが状況変わらず、そしてショート田中のエラー。ウソみたいに同点をもらうと、ここで甲子園は一番の盛り上がりをみせた。
打席には代打 \はやたん/
まさか隼太にこんなに甲子園が盛り上がるとは。
まさか甲子園開幕のお立ち台が隼太とは。
こんなレアなことに遭遇するとは。私、この日現地行ってて良かった…!(くるりっ)

バックスクリーンに大きく映る隼太。だけど何しゃべったかきっとみんな入ってこない。ヒゲのせいだ。
ムーアだ、武藤敬司さんだ、よくわからない腹話術の人形…なんか続々と私のところへご提供くださる方たち…(笑)
なんで隼太あんなにおもしろいんだろう。ほんとに何しゃべったか聞いてないや(笑)

ああ、だけどバッティングはちゃんと見てた。ピッチャーのグラブ弾く強いバッティング!今季初ヒットおめでとう!

桑原と高橋聡文のイニングで試合が落ち着いた。
反省すべきところは、めちゃめちゃ反省して、あと…隼太はカミソリ負けかなんかしらんが負けるな!ヒゲを剃ろう(笑)

[今日のロサリオ]

タイムリーヒットのはずが、幻に…!
ホームランだと糸井があんなことにならなくて済んだのに!(暴言)

Posted in コラム | 普通に勝ちたい!! はコメントを受け付けていません。

いくつかの乱調で逆転、逆転、、、

〈4/8 阪神 7-9 中日 (京セラドーム)〉

:又吉
:田島
:マテオ

隼太のヒゲ問題ですが、あれは、どれだけ腹話術の人形になろうとも1本ヒットが出るまでは剃ってはならないという、あの伝説のヒゲ行なのではないかという一つの結論に至りました。
それなら隼太がヒゲを剃れるその日まで、彼のヒゲ行を見守ってまいりたいと、思いを強くした7回裏だったのでした。
代打で登場したヒゲ氏は、粘って8球目、貴重な四球をもぎ取った。
これが4点差をひっくり返す猛攻に繋がった。長いこのイニングは、隼太の二度目の打席を招き、そして……ヒゲ行はまだ続くのであった。

さて。

能見さんが初登板。
スタメンマスクをかぶったのは坂本!!
チャンスをもらった坂本は、今季初打席で二塁打を記録し、明大同級生の高山が坂本を還すなど、目を細める活躍。高山が。高山かい。

能見さん。立ち上がりが鍵だが、初回三者凡退の最高のスタートを切った。コントロールよくコースも決まってた。
けど指先を気にする仕草…あぁっ、またズボンで血拭いとる(T_T)
5回途中、満塁のランナーを残し、降板。
また爪でえぐったんかな…顔色ひとつ変えずにクールな表情でマウンドに立っているけど、実際のところはめちゃめちゃ力入っている。
左のポケット当たりに指をやるときはだいたい赤いのが点々としてる…。

能見さんにエラーがついたがあれどうなんだろう。お手玉しそうになってたけど最後まで持ってたように見えた。ロサリオの送球も簡単なものではなかった。能見さんの足がベースから離れていたかどうかまで私には確認するすべはなかったのだけど、失策だと責める前にリクエストは考えられなかったのかな。この回能見さんが崩れたきっかけは指先だけのことだったのかな。あれは私には精一杯のプレーに見えたんだけどな。

後を継いだ石崎も今日は乱調。中日のビッグイニングにしてしまった。4点差とされ、そのうえ「危険球」で退場。大野奨がしゃがんで避けたら頭に当たったので、退場というのは微妙だなと思ったけど、これは言えない。

だけどこの日はその4点差を逆転。7回裏。
又吉がなぜタイガースをあんなに苦手にするのか分からないけどそれはまぁそのままでいいや。打線大したことないのにな。(あっ)
そして逆転に成功したあとの8回。連日満塁のマテオが今日はとうとうつかまった。
逆転、また逆転と、粗いゲームになってしまったが、岩崎と高橋のピッチングには救われた。
本当言えば、岩崎も高橋も負けているところで投げてもらうような選手ではないのだけど、ベンチ入りのメンバーは頼もしい面々ばかり。

甲子園で出直そう。

[今日のロサリオ]

石崎の乱調にマウンドに集まったところで、石崎と坂本の間で肩を抱き声をかけてくれた。
ポンってしてくれるだけでもいいけど、こうやって肩を組んだりしてくれるのって、ちょっと落ち着く気がするんだ。
本当ナイスガイ。

Posted in コラム | いくつかの乱調で逆転、逆転、、、 はコメントを受け付けていません。

ギリギリ勝ち!

〈4/7 阪神 3-1 中日 (京セラドーム)〉

:秋山
:ドリス
:ジー

ありがとう福留!
いや、
福留ありがとう!(まさか言い直しただけじゃない?)

初回。
二死1,2塁で回ってきた打席、フルカウントからの6球目、点はこうやって取るんだよ!って言わんばかりに、ボールを叩きつけた。
会心の当たりではなかったけど、センター前へ抜けるタイムリーヒット。
14時になってもまだ昨日のモヤモヤを引き摺っていた私から、そのモヤモヤを振り払ってくれた。
野球のモヤモヤは野球でしか振り払えないのだ。
(「 モヤモヤ 振り払う 」の検索履歴)

さぁ行こう!

秋山は好投したが6回表。
アルモンテの打席の4球目。
ストライクゾーンはキャッチャーの動きに左右されたらあかんのだが、梅野の構えたところから逆となったからか、ドストライクをボールとジャッジされ、ムキになってしまったバッテリー。審判にストライクと言わせようと直球連投。
あのジャッジは確かに酷かったしこのあとも散々だったけど、これはバッテリーとして反省してほしいところ。勝負する相手を間違ってはいけない。アルモンテにストレートを打たれ、1点を返された。そうすればこうなる。当然の結果だった。
このあと満塁にまでなり、ヘタしたら大怪我になるところだったでこれ…まったく(笑)
福田が全く当たっていなかったのが幸いだった。

7回。桑原が7日振りのマウンドへ。
前回の巨人戦でも打たれていたし、こんなにも間隔があいてしまうというのは、本調子ではないのかもしれない。
けれど1イニング、無失点で役目を終えたので、とりあえずはホッ

で、マテオよ!無死満塁って何よ!
ダブルプレーで切り抜けたけど、演出も主役も自分でやるってそのスタイル、そろそろ脱却してほしい!(笑)

9回表には、山崎が移籍後初出場。
丁寧にアンツーカーを手でならしてファーストの守備に就いた。
戦力外、トライアウト、タイガース入団。怪我にも苦しんだ一人のプロ野球選手の復活を、タイガースファンとして応援できることが光栄だ。
早く打席も見てみたい。

あぁっと!大山の2ラン!
ライトへ伸びやかなあの打球!すごいぞあれ!まさにチームを救ったヒーローなのだった。

そして、勝てばヒーローだったのは、中日のジー。
最後まで一人で投げて4安打しか打たれていない…のに負け投手に…。
あかん、応援したくなる感じのやつやこれ…!

[今日のロサリオ]

4回表。
平田のファウルフライを追ったロサリオ。打球は選手には届かないフィールドシートの奥へ。自分はもう役目を終えたからなのかなんなのか、フィールドシートの観客がフライの行方を追い後ろを向く中、一番前の方の頭をグラブでポンってしたように見えた。
なにそれ!めっちゃいいんですけど!!

Posted in コラム | ギリギリ勝ち! はコメントを受け付けていません。