ファイアー連勝!

〈7/5 広島 3-8 阪神 (マツダスタジアム)〉

勝:西勇
敗:遠藤

いやもうこれでしょ!

3回表の、二死満塁からの!

ファイアボール!!

解説福本さん「当たりゃあね」
実況湯浅アナ「当たったー!飛んだー!文句なーし!」
福本さん「ね」

ファイアボール!!(笑)

ボーアちゃんの来日2号は、グランドスラム!
あああ!楽しい!!

この日は、マルテがやはり様子見ということでベンチ外だったのだけど、代わりに4番を務めた大山と、5番ボーアと、6番サンズのクリーンナップ、3人ともホームラン打ってね。ホームランってやっぱ、すごい破壊力ある!

先発の西、梅野バッテリーが楽しそう。ありがとう!私も楽しいよ!(笑)
西、完投してくれへんかなー、と思ったけど、9回、伊藤和雄に登板してもらったのは悪くないな。
なんにしても中継ぎを休ませたのは大きい。
というか、何しても楽しい(笑)

高山、まだヒット出てないけど、7回の守備、ナイスプレー!球際、ほんと強くなってる。打てなくてもあの守備見せられたら、またチャンスはあるって思うし、何より次は打てるんちゃうかなって思う!

[今日のマルテ]

はよ戻ってこな、大山に4番とられるでー!

Posted in コラム | ファイアー連勝! はコメントを受け付けていません。

攻守に気持ち入った1勝。

〈7/4 広島 3-9 阪神 (マツダスタジアム)〉

勝:岩貞
敗:大瀬良

3日金曜日のゲームは雨天中止。
ナイター先発予定からデーゲーム先発へのスライド登板となった大瀬良と、元々この日の登板を予定してた岩貞と。
好投手大瀬良を攻略するなら、立ち上がり。

さぁ行こう!

初回、悩める1番近本が内野安打で出塁すると、2番上本が送りバントを決め、3番糸井はフライに終わったが、4番マルテが、左中間へのホームランを放ち、2点を先制。

…あぁ…気持ちいい…(笑)
まず、「打線」で点をとれたってことが嬉しい。いや、「打線」ってやつがタイガースに戻ってきたのが嬉しい。(いったい今までどこ行ってたんだコノヤロ)

でね、ホームラン打ったときのマルテのフォロースルーが、超いい。ド迫力の曲線美。超いい。

ダイヤモンド一周して、ベンチに戻ってきたマルテのパフォーマンスを、マスク姿の清水誉マネージャーが笑って見てる。目尻のシワが表情の全てだ。なんちゅう幸せな世界…!

岩貞も、6回にはやや打ち込まれてしまったが、試合はしっかり作ってくれた。
熊本の豪雨災害が心配だのだけど、祈りを捧げるように、苦しいなりにも気持ちの入ったピッチングだった。

3回表の、ホームランかと思われたボーアのフェン直は、普通なら2ベースだが、セカンドベースに大きく届かない腹打ちダイブでアウト。
ベルトがちぎれて恥ずかしそうに帰ってくるボーアの笑顔は癒しだが、次は「打ったらまず走る」というシンプルなプレーを見せてほしい(笑)

マルテが途中交代するというアクシデントもあったが、代わりに4番に入った大山がホームランを打つなど、この日、今までが嘘のように、歯車は回った。

2日木曜日のナゴドでの敗戦後の選手の姿と表情を、サンテレビがつぶさに伝えてくれていた。怒りと悔しさを抱えて顔を上げない近本もそのうちの一人だ。
翌日、雨天中止の室内練習場で、福留さんからの助言を聞き、必死でバットを振ったのだそうだ。
そして、今日。
4回の、引っ張った2点タイムリーが気持ちよかったな。
プロ野球は毎日繋がっている。
だから、毎日全部、見ていたい。
木曜日の試合後、切れてしまいそうになる気持ちも繋ぎ止められた。あの映像で。

上本!誕生日おめでとう!
上本は、木曜日の最後のバッターになった選手だったな。
今日の、初回の犠打と、8回の犠飛。地味でも簡単なプレーじゃない。

さぁ、また明日だ。

[今日のマルテ]

明日、マルテがいないともう見ないからな!
(さっき全部見たいと言ったばかりの口が言う)

Posted in コラム | 攻守に気持ち入った1勝。 はコメントを受け付けていません。

次こそは。

〈7/2 中日 4-2 阪神 (ナゴヤドーム)〉

勝:岡野
S:R.マルティネス
敗:ガルシア

矢野監督はやはりメンバーを入れ替えてきた。
その中で、今季まだヒットが出ていなかった上本が結果を出してくれた。今まで打席も少なかったしね。とは言え、1本も出ていないままでは、しんどかっただろうな。
今日は上本が3塁にいるのをよく見かけた(笑)

初回のガルシアは、また我を失っていた。
坂本はこの日、ガルシアとのまさかの入れ替わりで登録抹消。
坂本落とすと、キャッチャーは2人になるから、原口を代打で使うことはできなくなる。

好調梅野がバッテリーを組んだが、初回、ガルシアは、ボールも自分も制御できずに苦しんでいた。
3番アルモンテにストレートのフォアボールを出し、一死1,2塁。
梅野、すかさずマウンドへ行ってガルシアをなだめたが、近寄って梅野が投げたボールの存在にも気付かず捕れないほど。

3回には酸欠状態になったとかで、一旦はベンチ裏へ下がる。
そんな状態なのに、初回の3失点以外、6回途中までよくぞ無失点に抑えたもんだ。

梅野が調子よくて今日もマルチ。
6番という打順、本来ならキャッチャーが担うところではないと思うのだけど、今は梅野以外におらん…
いつまでも梅野に甘えているようではいけないな。

9回表、不調のはずの福留さんが、代打でライトへ鋭いヒットを打った。
役者が違うというか、次元が違うというか。

無死1,2塁。これまた上がってこない近本にはバントのサインだったが2球続けて失敗。
ヒッティングのサインもポップフライになってしまった。近本がバットを叩きつけた。

あとヒットが出てないのは、高山と北條か。
ったく、いつまでも目が離せないチームだ。

[今日のマルテ]

試合後、4番として結果が出せなかったマルテが呆然として、ベンチから動かなかった。
ガルシアはそばにいて励ましていたように見えたが、ガルシアも頭を抱えて、マルテにその苦悩を吐露した。
励まして、励まされて、次こそは。

Posted in コラム | 次こそは。 はコメントを受け付けていません。

頑張れタイガース

〈7/1 中日 6-3 阪神 (ナゴヤドーム)〉

勝:山本
敗:秋山

梅野は先制のホームランを打ったが、3回のことだ。チーム一のホームラン数(※注1)を誇る梅野の打順が「8番」というのが恨めしいとすら思えてくる。

で、点はとったらとられるもの。
倍で。

今日はやっと、サンテレビ制作でのボックス席の開幕戦。
かっこいいエンディングが見たくて、最後まで観たのだけどやってなかった。(※注2)

今日も負けると思っていたら(※注3)、9回先頭のボーアちゃんに、待望の来日初ホームランが出た。
低い弾道、ライトライナーだと見てたらそのままスタンドイン。
なんか思ってたホームランと違う(笑)
浜風もないのだからもっとこう余韻を残すようなでっかいホームランを打つんだと思ってたよ。まぁいいんだけども(笑)

6回表、ショート木浪の打席で代打高山。
6回裏、ショートの守備には、北條が。
7回裏、1番の打順にピッチャーが入り、近本が交代。センターの守備には大山が就いた。
8回裏には、セカンド糸原に代わり上本。

怒涛の交代…消去法でしかない交代に映ったのだよ。引っ込められた方は当然、出る方も萎縮せんかな。
スタメンから代えてたら、そんなこと思わなかったし、出る方はチャンスと捉えると思うんだけどな。

明日、矢野監督どうするかな。
監督頑張れ。負けないで。


(※注1:2本
(※注2:基本的に勝利試合しかやってくれない。やる気がない。
(※注3:負けた

[今日のマルテ]

そりゃ誰だってミスはある。
だけどミスはみんながカバーしてくれるから野球っていいんだ。
ところがだ、送球ミスに誰もカバーしてくれない。
そうさ。きっとバックアップなんてアテにしちゃいかんのだろうね。
とっほ。。

Posted in コラム | 頑張れタイガース はコメントを受け付けていません。

あの1球

〈6/30 中日 5-0 阪神 (ナゴヤドーム)〉

勝:柳
敗:青柳

1点ビハインドの(…つーと、まるでちっとは点とってんのかと思いきや1-0なのだけど7回裏。
マウンドに上がったのは能見さん。

2人目、代打武田に投じたフルカウントからの7球目。
素晴らしき能見さんのインズバだったが球審の腕は上がらず。
能見さんが不満を口にした。首を振って、マウンドを外して、感情をあらわにした。
いつもポーカーフェイスだし、本人もそれを心がけていると言っているから、珍しい光景だった。
能見さんのあのコースのストレートこそが、能見さんの真骨頂だが、満塁となったところで、アルモンテに投じた初球も、あの、ボールとジャッジされたインコースのストレート。
アルモンテはうまかった。あのコースの打ち方を最初からイメージ出来ていたのかも。
能見さんも梅野も、アルモンテではなく審判と勝負してしまったように思う。

アルモンテが曲芸打ちを見せ、それが高いナゴドの壁を越えていった。

いつも俯瞰でチームを見渡して、独自の視点を持ち、きっとチーム一の分析家。
自分の感情のコントロールは、人一倍気をつけているけど、案外実は苦手なのかもしれない。
負けず嫌いの41歳。

いいな。能見さん、若い(笑)

青柳!ナイスピッチ!
江越、もっと走れるよな!?(笑)
次も頼んだ!

[今日のマルテ]

2回裏。ショート木浪の真正面を横切り、サードゴロのお手柄にしてしまう(笑)

Posted in コラム | あの1球 はコメントを受け付けていません。

打たな!

〈6/28 DeNA 9-1 阪神 (横浜)〉

勝:平良
敗:中田

ピッチャーとキャッチャーを除くとあと7人。
そのうちの3人の外国人野手がスタメンに名前を並べてる。
3野手ともそろって安打、打点を記録した翌日に言うことではないかもしれないし、私は3人とも応援しているけど、やはりチーム構成としてこれを理想とは言い難いのじゃないかと思うんですよ。

わざわざ日本へ呼んだわけだから使わないわけにいかないし、そういう事情はみんなよく理解してベンチ待機してるわけなのだけど、大山や高山の顔をベンチで見るたび、中心になっていてほしい選手が、代打の機会を待ってるて、これでいいんだろうか、ってどこか後ろめたい気持ちになるのですよ。
これを二軍にまで広げると、いるわいるわ…

というわけで、この3外国人がめちゃめちゃ打ちまくってくれると、そんな戯言は言えなくなるのだけど、先発平良からはチーム2安打。

移籍後初先発となった中田が初回に3失点。
そうすると点をとらなきゃいけないから早めの代打策となって5回を投げることすらできなくて、後ろもつぎ込んで、失点だけが増えてゆく…それにしても、リリーフ陣、いないよねぇ。。ま、そもそも打てないから、ピッチャーも守りのピッチングになっちゃうのだけど。

とりあえず、ボーアちゃんとサンちゃんは、どっちかにしよう。

もう毎日切り替えてやるしかないし、
「打たれてもいいから思い切り投げろ!取り返してやるから!」
…とまずは言ってみないか?…たとえ口先だけでも…(すぐバレるやつ)

[今日のマルテ]

好調維持。投げてみるかい?w

Posted in コラム | 打たな! はコメントを受け付けていません。

サンズ逆転3ラン!伊藤和雄のプロ初勝利と、植田海の盗塁!

〈6/27 DeNA 6-8 阪神 (横浜)〉

勝:伊藤和
S:藤川
敗:山崎

↑!!!
伊藤和雄、9年目でのプロ初勝利。
これまで長かった。ケガに苦しんで再起を目指して、この日ようやく一軍登録となった。
正直言って継投がもうちょっとマシだったら、なかった登板だ。言い切れる。
しかしなんにせよチャンスは巡ってきた。1点ビハインドの8回裏、和雄は自分のピッチングをして、次のチャンスも掴んだ。
このときまさか勝利投手になるとは彼自身思ってなかっただろう。私も思ってなかった。

初回、糸原・糸井連打からのマルテ犠飛、ボーア来日初タイムリーで2点を先制。ボーアは初盗塁も記録。きっともうこれが最初で最後だ(笑)
しかしその裏、目測誤った近本が、先頭梶谷の「センターフライ」を捕れず2ベースにしてしまうと、先発岩貞はスルスルと2点を吐き出してしまい、同点。
近本がああいう打球捕れないの、わりと目にしてる気がする。なんでだ。気のせいかわからないうちになくしててほしい。

4回裏に勝ち越しを許すと、5回表先頭岩貞の打順には、早くもベンチが動いた。
ピリっとしなかったので代打を送ったのだろうし、実際にはこの5回表には糸井の2ランが出て逆転に成功もしたのだけど、急造のとてももろい橋の上を渡っている感覚はぬぐえなかった。ただ早く通り抜けてしまいたいだけの。

5回裏から能見さん、谷川、岩崎で1点ずつ失う。そりゃそうだ。彼らには相応の投げる場面っていうのがあるのだ。とりあえず行ってくれ、では100%のパフォーマンスを引き出せるわけがない。むしろ、1点でよくしのいでくれたほうだと思う。

8回表。二死1,3塁。一走上本が盗塁を仕掛けたとき、キャッチャー嶺井の二塁送球をマウンドの国吉がカット。三走江越の本塁突入に備えた好プレーのはずだったのだけど、タイガースにそんな賢いアグレッシブなプレーはないから、ただ国吉が上本の盗塁を無駄に許したように映ってしまった。
タイガースの物足りない部分が露呈した。

8回裏、伊藤和雄が投げている後ろで「I☆YOKOHAMA」のビッグフラッグの片付けが始まっていた。
試合は9回表で終わるのかな。私も半分諦めていたけど、ちょっとだけ心に火がついた。このまま終わらなかったらおもしろい。

9回表、守護神の山崎康晃に対して、先頭糸原と糸井、当たりは二人とも悪くなかったが、あっという間に2アウト。
だけど、4番マルテが四球を選び出塁。マルテ、本当に調子がいい。見極められている。
マルテの代走に植田海。
5番の打順は伊藤和雄だったから、代打に大山。
けん制をしないはずの山崎がプロ入り公式戦初のけん制を2球も続けた。驚いた。
帰塁する植田海のユニフォームがあっという間にアンツーカーの赤土色になった。
山崎のけん制はとても鋭くて的確だったから、これ以上の盗塁企画は難しい気がした。
だが直後、植田海はまたスタートを切った。
嶺井の送球も良くて、リクエストによるリプレー検証となったが、トップスピードのままベースに入った植田海の足が勝った。セーフ!
すごい。まずスタートを切ったこと。2アウトなんだぞ?
ただ足の速い選手だったのが、本当に足のスペシャリストになってた。
この盗塁が山崎にめちゃめちゃ効いた。
大山も見極めてフォアボール。

そして、この日、伊藤和雄とともに一軍へ上がってきたサンズ。
レフトで即スタメンだったが、4打席とも打てていなかった。
5打席目。代えられずに残っていたのがウソみたいだ。
4回裏の守備では、スライディングキャッチの好プレーを見せていたとはいえ、今のタイガースは、ころころと選手が入れ替わるからだ。

山崎の4球目。少し甘くなった変化球をサンズが踏み込んで捉えた。そのまま思い切り引っ張ると、打球は低いながらも迷いなく、レフトの方へぐんぐん伸びていって、、、
サンズ!ホームラン!逆転の!3ラン!!!!
わわわわわわわわわわ!!!!
すごい!すごい!すごい!!

9回の、「あと一人」からの逆転。
やられることはあっても、やることはないもんだと思ってた!いやマジで!

走って帰ってくるサンズを、みんなバシバシハイタッチして出迎えた。誰一人として「エア」ではなかった。わかる。

そして、9回裏、2点のリードを持って球児。
すべての塁を埋めてしまい、ハラハラさせられたが、力で押して最後のバッターをレフトフライに打ち取った。

かっっ・・・・た・・・
か、勝ったぞーーーーー!!!!!

ベンチでは、みんなが笑顔で伊藤和雄に拍手を送った。
プロ初勝利、おめでとう!

今日の勝利がほんと嬉しいよ。ほんと、嬉しいよ。

[今日のマルテ]

9回表、サンズにハイタッチするマルテは帽子逆さにかぶってた。糸井もだった。
逆転のおまじないが通じたんだ!

Posted in コラム | サンズ逆転3ラン!伊藤和雄のプロ初勝利と、植田海の盗塁! はコメントを受け付けていません。

ねぇ

〈6/26 DeNA 6-0 阪神 (横浜)〉

勝:今永
敗:西

6月26日は、鳥谷の誕生日。おめでとう!
対戦カードも何も関係なく鳥谷誕生日ってだけで、甲子園のゲームならこの日のチケットは2月に買って、バースデーソング歌って満足して帰ってきた。負けてもそれで十分だった。

さて。
シーズン中何度か、
「やべぇ…なんも書くことねぇ」
って、日記ぜんっぜん書けない夜っていうのがあるんですが、開幕して7試合目で、っていうのはこれまでの最速記録を更新したかもしれません。

で、気付いてしまったのですが、「書くことがねぇ」っていうのは、自分自身への言い訳だったのですよ。
「書くことがねぇ」のではなくて「書く気がねぇ」のです。

そう、書くことがないわけがないのです。
両チームともエースピッチャーが投げ合ってね、バッターボックスにはみんなちゃんとバット持って入ってね、守備では素手で突っ立ってるわけではないのです。雨も降らず、プロ野球の試合が成立しているのです。無観客試合で試合のペースが速いけど、3時間弱、しっかり試合はあったのです。
しかも、TVKさんからの入り中継とはいえ「3」にチャンネル合わせての、サンテレビでのプロ野球中継です。何かしら書くことあるでしょう。

「ねぇ」んですわ。。。

ただ、これだけは言いたい。
一平ちゃんどんまい!!
一平ちゃんは、なんっっも悪くねぇ!!

[今日のマルテ]

チーム5安打中2安打マルテ!マルチ!

Posted in コラム | ねぇ はコメントを受け付けていません。

投手引っ張って踏ん張った梅野の大きなホームラン。

〈6/25 ヤクルト 3x-1 阪神 (神宮)〉

勝:長谷川
敗:藤川

9回裏2アウト、代打の西浦は、球児のストレートをフルスイング、打球はレフト方向へ。この回守備からレフトに入っていた江越は打球を追ったが、最後はフェンスに背中を預けてこちらを向いたまま。西浦の打球は、江越の頭上を越えていった。
逆転サヨナラ3ランホームラン。
球児が打たれた。

・・・・・っぎゃああああああああああああああああああああああああああ!!!まーーじーーかーーー!!!

先発秋山がめちゃめちゃ良くて、ついでに言うと、相手先発高梨もなかなかのもので、引き締まった投手戦だったんだ。
7回裏になって、無死1,2塁となったところで、ベンチは秋山から岩崎にスイッチ。
岩崎がんばれがんばれがんばれがんばれがんばれがんばれ…岩崎はこのピンチを無失点で乗り切った…しびれたよ。
リードした梅野もよく踏ん張った。

8回表。先頭は、梅野。
その梅野に今季1号ホームランが出た!打った瞬間それとわかる、大きな大きな、欲しかった1点だ。
開幕してからまだキャッチャーは固定されていなくて、梅野→原口→坂本→梅野→原口…さかも…ちゃうんかい!ってなったけど、梅野は見事にこのローテーションを崩してみせた。
締まった投手戦にピリオドを打ったのは、女房役の梅野のホームラン…だったんだけど、野球はわかんないなぁ。
だけど、梅野のホームランも、秋山、岩崎、スアレスの好投も、なんも消えちゃいない。おっと、ボーアの初二塁打も。
球児は、こういう日もある。借りはそれ以上にして返してくれる。
問題なのは打線のほうだ。(ぎゃっ)

[今日のマルテ]

福原コーチがマウンドへ行って岩崎をみんなで囲んだときには、一人少し距離を置いていた。
いい子!ソーシャルディスタンスだね!(違)

Posted in コラム | 投手引っ張って踏ん張った梅野の大きなホームラン。 はコメントを受け付けていません。

ボーアの1本目!

〈6/24 ヤクルト 6-1 阪神 (神宮)〉

勝:スアレス
敗:ガンケル

勝ったほうのスアレスは、タイガースのスアレスじゃないことは、いちいち言わなくてもよい?(笑)

来日初登板のガンケルは、初回な…力入るのも無理もない。。
外国人枠の関係もあって、ずっと一軍というわけにはいかないかもしれないけど、やり返すチャンスはほしいな。

さて!ボーア。
カメラは、前を打つ福留さんより、ネクストのボーアの方を追いかけてる。
〇打席無安打、ってもういいよまったく!

4球目だった。
変化球に食らいついて、最後は片手1本でボールを弾き返した。
センターーーー……
(落ちるまでの映像が脳内スローモーション)
前!!落ちた!!
ボーアが打った!!

ガッツポーズをして、来日初ヒットのボールが欲しいと、手でボールを作ってみせ、喜びをあらわにした。
これが初めてのヒットだとスワローズサイドにも周知の事実だったとみえ(笑)、ボールはごく自然に速やかに、タイガースベンチに戻された。山崎ありがとう!

メジャーでの実績にも奢ることなく、真摯に野球に取り組んで、慣れない日本にも馴染もうと努力してきた。異国の地でコロナウイルスのせいで自粛生活を強いられるという苦労もあった。
やっと開幕した日本のプロ野球だっただけに、自身の18個の打席に落胆し失望したかもしれない。

ベンチでは、コーチも選手も塁上のボーアと喜んだ。
みんながボーアでひとつになる。
ボーアようこそ日本へ!ようこそタイガースへ!
嬉しいな。

今日は、このボーアのヒットを含めて、チームはパラッパラッっと4安打。

おっと、時間だ。また明日。

[今日のマルテ]

ペロータ←ボール
グアンテ←グローブ
バテ←バット

タイガース公式のマルテ先生による今日のスペイン語講座。

ボールが「ペ」で始まるって!「ペ」って!その次「ロ」って…!
は!もし犬を飼うことがあれば、名前はペロータにしよう!
「ペロータ!ボールとってきて!」(犬のいる生活イメトレ)

Posted in コラム | ボーアの1本目! はコメントを受け付けていません。