伝統の一戦は負けても秋山好投。

〈5/23 阪神 0-1 巨人 (甲子園)〉

:菅野
:カミネロ
:秋山

昨年もあった「伝統の一戦」イベント。
1塁側と3塁側のアルプススタンドではTシャツを着たファンにより黄色の「TH」のマークが浮かび上がった。
このイベント、人文字が綺麗なって思うのと同時に、高くて深い甲子園のスタンドがやっぱり壮観で、改めて感動する。
ただし、アルプスと外野の座席の前後左右は、あと10センチ…いや、5センチでいいから広げてほしい…3,4時間、ぎゅうぎゅうで座るんやけど…あかんか…席数減るからあかんか…簡単に言ったけど前後間隔なんてとくに無理か…

さて。
秋山!
菅野との投手戦。3回裏、自らのヒットで出塁。
いいバッティングだった。
しかし、次の1番高山のヒットでは、3塁まで行ってほしかった。次の塁を狙う、これはピッチャーであっても忘れないでほしい。
…って秋山の走塁言うなら、2,3塁で打てんかった3番4番じゃろがい…!
あっ3番4番って、打順ですよ?
背番号なら、7番8番ですよ!
ご丁寧にどうも。

今日は打つよ、って毎日思ってるけど糸井、これで24打席ノーヒット。
菅野からやっと出たランナーを置いての打席では凡退し、目立ってしまった。
ただ、3度もの好機が糸井に巡ってきたことは、まだまだ「持ってる」証拠なんじゃないかって、わりと本気で思ってる。
糸井はやる。

秋山はナイスピッチ。
次は勝たせてもらって!

で、江越はなんでこけたん…!
走塁にまで表れてしまう前のめり…
前のめりは戦う姿勢とか気持ちとかそういう形にならんものでちょうどいいんやで!ほんまにやらんでいいんやで!(釘)

[今日のキャンベルちゃん]

7回裏。先頭バッターの梅野に代わって登場。
菅野を打ってしまう。
センター前へ、いともかんたんに…
こ、これはもしや…
(つづく)

Posted in コラム | 伝統の一戦は負けても秋山好投。 はコメントを受け付けていません。

連敗止めた!岩崎の「間」!

〈5/21 ヤクルト 4-5 阪神 (神宮)〉

:桑原
:ドリス
:ルーキ

同い年のルーキー対決に、必要以上に意識したのは周りだけかな。ていうか私だけかなw
初登板初先発のルーキー小野は、初回を三者凡退でいいスタートを切って、心配された制球難もこの日はクリア。
HR2本を浴びるなど、5回途中で降板となったけど、落ち着いていたし、何より「28」の背番号が、思ってた以上に心の拠りどころとなった(笑)
勝敗つかずの初登板。でも大きな一歩。

代わった桑原。
なんていうか、モノが違うっていうか(笑)
桑原自身では「真っ直ぐを投げているだけ」と言い張るので、ムキになって絶対違うよってガン見する。何が違うかなんてわかるわけないんだけど、何か違う(笑)

そして岩崎!
中継ぎになって、先発のときと違うのは、自分の「間」をより大切にするようになった。ランナーを置いてのピッチングにも、動じず自分の間で投げる。
7回二死、4番雄平との勝負。フルカウントになってからも粘られる。
ファウルで逃げられて9球。
10球目の前に、梅野がマウンドへ行った。
梅野、行かずにはおれんかったんかな。でもこれはファインプレー。岩崎の長い「間」に息を合わせにいった。

そして10球目。
ボール球だったけど、雄平は堪えきれなかったスライダーに空振り三振!
岩崎…かっけーー!!
ここは、今日イチだ。

決勝点は、ルーキの敬遠の大暴投という見たことないものだったけど、それでもそこまで粘って食らいついてった打線があったから勝てたのだ!

3回表。
高山、上本の連続ホームラン!
そして7回表。
高山、上本の連続タイムリー内野安打!
上本!高山と違うことしてええんやで?(笑)

9回裏のドリスは、先頭大引の打球を捕球できなかったのが相当悔しかったらしく感情露わにバント処理もミスって我を失う。
一死満塁、山田。
ベンチではルーキがグラウンドに向けて指を出して何やらおまじない?何やってんのよあんたのせいなんだからねっ(なぜ私がイラッとせなあかんか)
山田のレフトポール際のファウルには全身の毛穴から魂が抜けるのを感じたわ。
しかしドリス、スライダーが抜けたのに対し山田は振ってしまう。
間違いない!ルーキのおまじないは、ドリスに効いてる!
そして、雄平。
ストレート3球続けて、空振り!
勝ったぁぁ!!
怖かったぁぁあ!!

あードキドキしたって胸をおさえるジェスチャーで、レフトから笑いながら走って戻る中谷。
ほんまそれ!(笑)

[今日のキャンベルちゃん]

はい、私、確かに見ました。
勝ち越しのあの7回。
代打で出場した彼は四球を選び、出塁しました。
勝ち越したイニング、彼に間違いありません。彼がホームを踏むのを確かに私、この目で見たんです!嘘じゃありません信じてください!
刑事さん!

Posted in コラム | 連敗止めた!岩崎の「間」! はコメントを受け付けていません。

負けるべくして3連敗!

〈5/20 ヤクルト 8-3 阪神 (神宮)〉

:小川
:藤浪

前日の岩貞より深い闇を抱える「ヤクルト戦の藤浪」。
問題は初回なんだ。ギューっと見た。
立ち上がりあっさり三者凡退。
…あ、あれ?…なんだ、藤浪やるじゃんか☆

すると、2回表。
原口が、センターとレフトの間に落ちるヒットの間に、一気に2塁へ!
ヘッスラらしきものをベース手前で披露。何とか間に合ったけどほとんど止まってた。原口自身も苦笑。癒されたw
そして鳥谷のタイムリーで、タイガース鮮やかに先制。
軽やかに、初夏の神宮の杜、鳥谷がよく似合う。
夢のせて~はばたけよ~ふんふんふん~♪ 歌わんのかい

(中略)

[今日のキャンベルちゃん]

でね!6点差となった(ええ、ビハインドですよそれが何か)7回表の先頭、代打で出場!(ということすら油断していたので気がついたら2ボールだったのだけど)レフトへパチン!と!
簡単か!打つとき簡単か!w
いや、嬉しかったーー(笑)

そしたら鳥谷と、糸原飛ばして、代打隼太にもヒットが出て満塁!
小川をマウンドから降ろした!

ここで中谷、代わった近藤から肘当てにデッドボールをうけ、「よっしゃぁ!」と。(笑)

確かに。
よっしゃぁ!押し出し!
キャンベルちゃんがホームへ還ってきた!

・・・
はー!
3連敗?

はー!
小野!
勝とうなんて思わなくていいから!
連敗は慣れてる!心配すんな!(笑)
思い切っていけー!

Posted in コラム | 負けるべくして3連敗! はコメントを受け付けていません。

隼太と高山!神宮の空にアベックアーチ!

〈5/19 ヤクルト 4-2 阪神 (神宮)〉

:原樹
:秋吉
:岩貞

今日こそは…と、希望をもって見た岩貞の9日ぶりのマウンドだったが、先頭から四球を出してしまう。
低めに投げられないどころか、制球できない。ストライクをとりにいって痛打される。
鳥谷の好プレーがなければ、初回2失点で済んだかどうかわからない。
二死までこぎつけたところで、1塁が空いていたので5番バレンティンを敬遠気味に歩かせ、6番大引にタイムリーを浴びた。
内野の頭を越せば…バットの先で拾った大引のバッティングはいい当たりではなかったけど、ライトへのこの打球に、福留逆シングルでグラブに当てるも捕れず。まるで「お前がそんなんじゃ俺も守らん」とでも言いたげな。
しかしこれはキャプテンマークをつける名手福留にだからこそ言いたい。ガッカリなプレーだったよ。

試合後の岩貞には、「二軍降格濃厚」とスポーツ紙さんの見出しがついた。
ファーム調整は賛成かな。「降格」や「落ち」という意味ではなくてね、「ピットイン」だな。長いレースで、タイヤ交換して、給油するのは当たり前のこと。今、その時期がきたということ。

で、その岩貞に代わって打席に入った隼太がやった!
6回表。
ライトの雄平が追うこともせず、ただ見上げた神宮の空。
代打ホームラン!
これは笑った!
なんで!?なんで隼太がHR打つと笑うの!?それも爆笑。
どうも隼太ひとり、チームと関係ないナナメウエのところでやってる気がして、そこが私のツボだったりして!野球エリートのはずなのに!ごめんな!(笑)

で、もう一人、その隼太の不思議な地位を脅かす、高山!
8回。これも雄平1歩も動かずのホームラン!ギャー!
神宮申し子アベックアーチキター!!(*≧∀≦)/
隼太が打って、高山も打つなんて!たまらん過ぎる!
この隼太、高山っていうところがね…!
何回言うねん。
なんかもう収まらないから比較表作ってみました。

なんと!ほとんど一緒!しかしタカヤマン惜しいっ!
二人のこれからにもますます目が離せないのです☆

ということで、神宮で勝ち越そう!
↑とってつけた感すごいけど!

[今日のキャンベルちゃん]

ホームランバッター迎えるベンチ。
キャンベルちゃんの出番は2度あった!

Posted in コラム | 隼太と高山!神宮の空にアベックアーチ! はコメントを受け付けていません。

こんな日は「こんな日もあるさ」と言います。

〈5/18 阪神 1-2 中日 (甲子園)〉

:ジョーダン
:田島
:メッセンジャー

上本がスタメンなら大和は守備固め…ダブルキャストでやってきたこの二人の二遊間が見られる日がくるなんて!
たまらん…!
上本おかえり!

そして福留は休養日。
中谷がライトへ。

それはいいけど、中日・大島、どうした!?
今季初のスタメン落ち。試合前の打撃練習も行わず…前日のデッドボールの影響かなってことで心配。それに、大島がいないとつまんないよ。。
大和がいてよかった。
大島の穴を大和で埋めてみる。

4試合連続スタメン出場の大和!
初回、第一打席で初球を鮮やかなセンター返し。
5番中谷が、その大和をホームに還したが、この1点で終了。
相手は難敵ジョーダンだけど今日はいけるかも!…なんて思ったけどやっぱり冗談だった。

あ。

メッセ、今日も好投。
ピッチャーゴロが大きく跳ねてタイムリーになったり、ライトに福留がいないタイムリーだったり、不運だった。ライトに福留がいない…は不運ちゃうか。中谷おるねん。中谷、頑張れ!

岩崎の三者三振、めちゃめちゃかっこよかったー!

[今日のキャンベルちゃん]

1点ビハインドの9回裏。
サヨナラあるで!
代打…

なーい!

Posted in コラム | こんな日は「こんな日もあるさ」と言います。 はコメントを受け付けていません。

試合時間は2時間22分。能見とバルデス好投。

〈5/17 阪神 2-1 中日 (甲子園)〉

:マテオ
:ドリス
:バルデス

まず、中日先発バルデスについて。
気の毒なんてものじゃない。能見さんの比じゃない。
12球団でただ1人、9試合連続QSでも、チーム初完投でも、この日被安打たった3、四球も2と多くないのに、なんで負け投手になるんだってば。それも完投で負けがつくなんて。
バルデス…
人呼んで“カリブの海坊主”
平均投球間隔は、8.5秒
能見さんとテンポ良く投げ合ったこの試合、5回終了時点で、まだ7時。
あぁっ、このままではサンテレビのリレー中継がなくなってしまう!
それはええか。
バルデス、今年ここまで9試合1勝2敗 防2.01

来日1年目の2015年。
勝ち星がないまま8度目の先発。9回2アウトまで投げ、勝ち投手の権利をもっていた…にも関わらず、交代して又吉による「セッキーの押し出し四球」で同点。来日初勝利の権利をまたも逃し、白いタオルで顔を覆った…のがバルデスだった。

来日3年目だが、バルデス、変わらないね。いいピッチング、そして無援護。。。
試合前から能見さんとの我慢比べだと安易に予想できたこのゲーム、今日は両チーム野手陣による早打ちの嵐。

能見さんは、立ち上がりも良かった。
安定感抜群で、特にストレートで空振りをとれていたのが爽快だった!

この日初めてのピンチは、7回表。
ワイルドピッチで、無死2,3塁にしてしまう。
けど、ここで迎えたビシエドに対し、インコース真っ直ぐ。梅野のミットにズバーンと収まったときの快感と、見逃したビシエドのちょっと驚いた顔が、すんごいよかった。

ただ、平田に同点タイムリーを打たれ、ベンチは早々と継投に入った。
これを迷いのない采配と言えればいいのだろうけど、「6回7回、なにかあったらすぐに交代」という台本通りだったのが少し残念だった。
1500投球回を達成した記念試合だから…まぁ、それもあるけど、今日は本当に素晴らしいピッチングだったから、能見さんに勝ってほしかった。勝たせたかった。
それと単純に、イニング途中でマウンドを降りる能見さんをあまり見たくないから、というのもある。

でも、たとえ能見さんに勝ちがつかなくてもチームは勝たなくては。

同点のまま8回表に入り…

高橋がリリーフカーで出てきたが、マウンドには7回途中から上がっている桑原がすでにいる。
香田ピッチングコーチもそのへんウロウロ。審判わちゃわちゃ。
リリーフカーは、バックで来た道を戻り…って!交代せんのかい!すんのかと思ったらせんのかーい!

いやこんなん、ときどきあるけど、なんでこんななるん…。
肩作って息も整え集中力を高めたピッチャーに、なんてひどいことを。
この場合、桑原はマウンドに上がってしまっているから、桑原が1アウトをとるか、バッターが出塁するかしないと交代できない。バルデスに代打が送られていれば高橋に交代することはできたのだけど、バルデスに代打が送られると思いこんでいたベンチのボーンヘッド。

で、「とりあえず」桑原が投げ、一死1塁でようやく高橋へバトンを渡せたが、バントを決められ、デッドボールを当ててしまい、マテオへ。
高橋は、確かにピンチを広げた張本人ではあるが、同情しかない。
私、この手のベンチのミスには笑えない。
選手の集中力と試合の流れを切る、怖いミスだ。
ごちゃごちゃして試合も長なったやんか。はよ寝たいのに。(結局それかい)
リリーフカーのおねえさんも気の毒やったわ…。

とはいえ、試合は勝った!
左対策でスタメンに入った原口のソロHRと、途中出場の高山の決勝打!
どちらも相手ピッチャーの兼ね合いでベンチを温めることも多々ある2人。
そんな2人が試合を決めるなんて、采配ズバリ!ってことなんかな!
いや、原口と高山が頑張ったからやな。うん。(笑)

昨日のお立ち台の顔ぶれと、今日の顔ぶれは違う。
明日は誰かな。

[今日のキャンベルちゃん]

ここ数日、ベンチでしゃべってるの見てない気がするわ…

Posted in コラム | 試合時間は2時間22分。能見とバルデス好投。 はコメントを受け付けていません。

完投勝利1番乗りは、アッキャマン!

〈5/16 阪神 8-1 中日 (甲子園)〉

:秋山
:鈴木

大和、ショートでスタメン!?
セカンドは糸原。

試合開始の30分前に、二度見するスマホ。
大和のショートといえば、鳥谷の連続フルイニング出場記録が一旦止まった昨年7月24日のズムスタを思い出す。
久々も久々だけど、意味合いは前回の出場とは全く違う。前回は「鳥谷の代わり」というやや消去法での選出で、今回は、大和自らチャンスを掴んでのこと。
それにしても、変幻自在過ぎるオーダー…もっかい見るスマホ。
いちいち驚いていたらあかんのやろな…
ポジションは、無限に広がる大宇宙。それがヤマト。

その大和、2回表にボールが手につかずエラーを記録してしまう。
まぁ、むしろ珍しいものを見た、ぐらいの感想だ。ショートやってないんだから、腹立つもんか。
それより秋山がえらい。次のゲレーロにデッドボールで、ピンチを広げてしまったけど、ここを踏ん張った。
即席二遊間コンビの「ほぼお見合い」により、「二塁打」も与えてしまうイニングもあったけど、秋山はえらい人。
切り替え方を学んだのかなぁ。それとも忍耐かなぁ(笑)

中谷がぁぁ!
↑急にすみません。何から書いていったらいいかわからなくなってきたので、考えるより書こうという、迷ったら前に出ろby星野仙一方式で、とりあえず出てみました。このままいきます。
初回!大ファウルからの打ち直し!打った瞬間満面の笑顔中谷!今度は入った!3ランホームラン!!
カンペキ!!
4番福留が三振に倒れた後を、全部さらっていった。これはもう5番の働き!…ええ、5番です。
高山がなんとかバットに当てて出塁してやろうとヘンタイ打ちを続ける中、中谷は自由だ(笑)

あと、糸原がおもしろい。
打率は、やっと2割に乗せたところだというのに、なんでこの人はそのマイナスイメージがまったくないのだ?
この日は4打席立って、四球3つと、満塁の走者一掃のタイムリー2ベース。
これか(笑)

この5回の糸原の3点から、秋山の伸びやかな投球がますます冴えた。
さぁチーム今季初の完投勝利へ!
5月も半ばに入り、初か…。気にしない!(笑)
6、7、8回…見ててなんと気持ちのいいピッチングだったか。
メッセでもなくて、藤浪でもなくて、能見さんでもなくて、チーム初の完投勝利はアッキャマン!
今、さらっと引き合いに出された3人迷惑過ぎるw

さぁ、あとアウト3つ。9回。
一死1塁で、ゲレーロの打球はレフト高山の頭上を越す長打コー…違う!高山捕った!わわわ!
高山なりに目一杯のプレーでショートの大和に返したのが見えた。そこからが早かった!二塁を回っていた一走平田がUターンして全力で巻き戻しているところ、大和の超返球が追い抜いた!
3アウト!試合終了!
ヘンな終わり方ーー!(笑)
秋山の完投勝利の瞬間だー!

大和は他にも目立ってた。
5回裏の盗塁。
左足でスライディングいったのにしタッチさせまいと左は逃げて、右の後ろ足差し出して…変な言い方!4本足かっちゅう…だけど右の後ろ足としか私には言いようがない!ベースにタッチ!瞬時に左足を追いかけさせる判断というか、野球脳というか、いや、脳から足に伝達されるまでに時間かかるから、野球足!?普段から狙ってるなこれ!(笑)
審判も迷う「アウト」のジャッジだったんだけど、また大和のすごいの見てしまった…。

そして糸井!
6回の、ストライクとれずに困ってるピッチャーの真ん中、あんな遠慮なく…
ものすごいスイングやった。。ライトへ弾丸で飛ばした2ラン、応援してる側なのに、怖い人や…と震えが止まらん!(笑)

そんな怖いお兄さんの援護にも恵まれた、お立ち台のアッキャマン。
「まだまだファンの皆さんには、信用してもらってないと思うんで」と言う。
それは、秋山自身がまだ不安を抱えているからかな。
実は、私もまだ信用していない。
ただ、秋山が投げる日は、どうしようもなく楽しみだ!

[今日のキャンベルちゃん]

キャンベルちゃん本人の希望で昼間の二軍戦に出場し、助っ人では異例の親子試合。
2打数1安打。

マジメだよ。使ってみてー!

Posted in コラム | 完投勝利1番乗りは、アッキャマン! はコメントを受け付けていません。

大和の日。

〈5/14 DeNA 2-4 阪神 (横浜)〉

:マテオ
:ドリス
:パットン

母の日。
ピンクのリストバンドをして試合に臨む選手多数。
プロ野球選手に限らず、普段から感謝して親孝行してるから特別こんな日はいらない、という人もいるだろうけど、感謝って、うまく言葉や態度にできない人も多いだろうから、特にそんな人が母の日を上手に使えればいいなぁって思います。

余談ですけど、私は小学生の頃、母の日に何かプレゼントをしようと思って、「母の日のプレゼントを買いに行くからお小遣いちょうだい♪」と言って、ぶち切れられた想い出があります。「そういうのは普段から少しずつお小遣いを溜めておいたり、絵を描いたり、自分でなんとかするもんだっ」と。母の日における子どもの在り方を教えてくれた母には感謝です。

さて!大和!
「2番・セカンド」で今季初のスタメン。
12日の大和のあの中継プレーに即反応してのこのスタメン起用だ。そうこなくっちゃ!

1回裏、その大和に1塁悪送球のエラーという不名誉な記録がついてしまうのだけど、あの打球に追い付いたのは大和ならでは。
しかし、無理な体勢から1塁送球を試みた結果悪送球となった。
逸れてなければアウトに出来ていたかも。果敢なチャレンジだったから責められない。

とはいえ、立ち上がり試練中の藤浪には災難。
無死2,3塁で、先制を許す。
ワイルドピッチあり、初回だけで早速四球二つ…と、今日もなかなかの前途多難。

藤浪は、頑張る頑張らない以前に、どうやって投げるかまだ「決まらない」のだ。
これだ、というものが藤浪の中にはあって、今はまだ自分のものに出来ないのだけど、でもそれでないと自身が許さないから、ずっと考えているし試している。
ただ、試合は作らなきゃいけないという責任感があるし、それがまた、器用な藤浪の弱点でもある。
「とりあえず何も考えず腕振って投げる」が出来ない。

そんな藤浪の後ろを守る野手陣。ほんといい選手に恵まれてるなとつくづく思う…
この日も与四死球5、今季ここまで積み重ねると25
それでも藤浪に勝たせてやりたいって言ってくれるし、逆転もしてくれる。
待ってくれてるんだなぁ、藤浪のことを。

バッテリーを組む梅野は本当に大変だと思う。一番の功労者。また盗塁も刺してくれて、試合が壊れなかったのは梅野のリードのおかげでもある。
あ、でも、さっき言った大和のエラーのやつ、あのときバックアップ入ってなかったな。見てたでワシは。

大和に話を戻そう。
「守備は特級品」―高代ヘッドコーチにそう言わしめるほどだが、大和はバッティングで結果を残さなければならなかった。
それが3回表のヘッスラだった。
よくないけどね、あのがむしゃらと、起き上がる大和の肩を中村豊コーチが揉んで…っていうのを目の当たりにするとですね、やっぱり涙腺が緩んでしまう。
大和にもっと試合に出てほしいと思っていて、やっと訪れたスタメンのチャンスだから、平常心では見られんです。
同点のまま迎えた9回表。
先頭は、左打席に入った大和。
パットンの初球ストレートを、打った!ヒットだ!
続く糸井が四球を選んで、4番福留が打った!大和がホームを踏んだ!
大和のヒットが点に繋がった!
嬉しい!!

左右の打席で結果を出せたことも嬉しかった。
まずはやっとスタートできた…そんな気がする。
大和の日になった!

それにしても、糸原、スタメン外れたその日に代打でタイムリー打っちゃうなんてすごいな。
意地は、ルーキーも何も関係なし!いいぞ!

[今日のキャンベルちゃん]

隼太、相手してやってくれ(^人^)

Posted in コラム | 大和の日。 はコメントを受け付けていません。

あー!ハマスタ行きたい!!

〈5/12 DeNA 1-4 阪神 (横浜)〉

:メッセンジャー
:ドリス
:井納

サンテレビの中継の日は、もう少し長く野球やってくれてもいいと思うんですけど、試合時間は2時間46分
メッセと井納の好投でこうなった。
両右腕が連打を出したのは1度ずつだけ。そりゃ早い。
終盤に入ったソロHR3発が試合を決めた。

メッセの好投を引き出したのは、メッセ自身ではあるけれど、それは間違いないのだけど、あ、だったらもういうことないや!(笑)
あかんあかん、メッセの好投以外にも、好守・好走塁もあったのだ。

4回表の鳥谷の先制タイムリー!
フルカウントから左中間に抜けた当たりに、高代コーチは一走中谷を回した。
桑原の捕球や返球にそれほど難があるように見えなかったのだけど、だから高代コーチはすごいってんだ。
中谷「足がもつれた」なんて言ってたけど、長距離になると特に速い気がする!そして中谷のスライディングには何気に安心感がある。
てか、やっぱ中谷の体型に惚れていることをホーム生還のスライディングの美しさで再確認した。高代コーチありがとう!(笑)

9回裏には、3点差を持ってドリスが登板。
一死、代打・荒波のところ。
悠々2ベースの右中間のヒットに、荒波は足を緩めなかった。
センター糸井の体勢をどこまで見てたのかはわからないけど、3塁を狙ったのは結果これは荒波の暴走ということで落ち着く。
ただここに、セカンド大和の大きな大きなプレーがあった!
捕ってからの糸井の矢の送球と、サード鳥谷との間に、大和の無駄のないキャッチアンドビーーーム!!
ドストライクの返球を受けた鳥谷は、ただ荒波を待つだけ!
ここで荒波がセーフにでもなろうものなら、そこはヨコハマ、何が起こるかわからない。
この大和のプレーは大きかったのだ。タイガースに大和あり、なのだ。
だけど、大和は「ああいうことろしか見せ場がないですから」とコメント。
いかにも多くを語らない、高倉健さんばりの渋い言葉ではあるが、これ、大和の置かれた現状を物語っている。

打てればこんなもんじゃない。
私は、大和にもっと試合に出てほしい。
大和が試合に出てるということは、チームはもっと強くなってる。
大和、次、打てますように。

[今日のキャンベルちゃん]

初めてのハマスタのロッカーでどこを使うかキョロキョロ。
メッセにここを使えばいいと教えてもらったとか。
ありがとうメッセ!

Posted in コラム | あー!ハマスタ行きたい!! はコメントを受け付けていません。

連勝は止まったけど!

〈5/10 巨人 9-7 阪神 (東京ドーム)〉

:大竹寛
:カミネロ
:岩貞

神|020 004 001|7
巨|204 120 00x|9

今日はスコアから見えるものもあったので、そっと置いてみました。

大竹よ…初回に阿部の2ランで幸先良くスタートしてもらったのに、その後、すぐ吐きだしてんじゃないよ。
球数も多いし、リズムも悪いし、見てられへんわ…
ひどかったのは、6回表。
7点差を持って上がったマウンドから、3つ目のアウトをとれずに降りることになるなんて。
だいたいジャイアンツなんて似合ってへんねんてば。
(↑もう移籍4年目の人)

あ。そんなことはええねん。

いーわーさーだー…
球が軽やか過ぎる…。
新緑眩しい季節の爽やかな風か。
5本もホームラン打たれて、あ、1本は遼馬やった。
遼馬は、6日の9点差大逆転した試合でも、火に油を注いでたなぁ(´-`)
この日5点の差がつき、開き直って投げていい展開で出してもらったのは、金本監督の温情だと思うんだけど、同時に、答えろよ。解答期限は今だ。…なーんていう「圧」をひしひしと感じる場面でもあった…。
ああ遼馬…。。

ただ、何点とられても悲壮な試合にならなかったのは、それこそが今のタイガースが持ってる矢印の向きと大きさ。

9回表、「あと1球」から打った中谷のホームランが、チームのベクトルそのもの。
追い付くんじゃないか?このまま逆転するんじゃないか?っていう、愛すべき図々しさの賜物でもある(笑)
でもこの図々しさは戦う相手からすると手に負えないやっかいなもの。勘違いと併用して使用すると、とてもいいことあります(笑)

負けたけど、「今日はこれぐらいにしといたるわ」って、笑って球場を出たのはタイガースファンの方だったと思う。

え?東京じゃ言わない?(笑)

[今日のキャンベルちゃん]

マジメ過ぎるんだよきっと。。。

Posted in コラム | 連勝は止まったけど! はコメントを受け付けていません。