快勝の連勝!

〈8/21 阪神 3-1 DeNA (京セラドーム)〉

勝:秋山
S:藤川
敗:上茶谷

前日8得点の快勝。次の試合、絶対あのチーム、しょぼしょぼの試合しよるで…
昨日の試合終わってからそう確信してたのですが、でもそれは、言わんとこうと。
口にしてしまうとほんとになりそうだ。

…で、弱音吐かずに頑張った!
今日は楽しみにしてた久々のみつくに会。負けてたまるか。
ロケ帰りの代走みつくにさんと、サンテレビボックス席展で燃え尽きたサンテレビの中の人と、一切燃え尽きてない私と、それから今日はちっちゃなスペシャルゲストと。

みつくにさんは、レフト上段の最前列でずっとこの体勢。

高いところが怖くて、真下に守る福留さんの姿は見えないのだそうだ
(笑)

さて!
秋山-原口バッテリーでお立ち台上がれるだろうか。
だが秋山がちょっと不安定だった。
5回しか投げられなかったのは、さすがに物足りないけど、逆転は許さず次にバトンを渡したのはえらかった。
2回表は、レフト福留のスーパーストライク返球にも助けられ、福留のこのプレーは秋山だけでなく、野手全員の気持ちも引き締めた。
福留のプレーで言うともうひとつ。6回裏の無死2塁での打席だ。
私、よそ見してしまい、気付いたらアウト一つが増えててマルテが打席に立っていたのだけど、「あれ?福留さんは!?」とキョロキョロしていたら、中の人が「ゴロ。進んだ。」と、福留が進塁打を打ってくれたことを、謎のたどたどしい日本語で教えてくれた(でも的確っていう)
この福留のチームバッティングは、今日の勝利には欠かせないポイントだったと思う。見てないバッティングにこれほど感銘を受けたのはなかなかないw
そして一死3塁からマルテが犠牲フライで貴重な3点目をもぎ取った。
そう!マルテ!4回にタイムリーも打ってるから、「4番、ムネがイタイ…」というあのマルテとは同一人物とは思えない!

一番興奮したのは、ショート木浪が8回のソトの二遊間への強い打球を横っ飛びキャッチしたところ!
あの打球、人工芝で跳ねてからさらにギャンって速くなった感じがして、完全に抜けたと思ったんだけどな!
木浪、起き上がって、余裕持って1塁送球できたのもよかった!
こっちじゃもう大盛り上がり!
みつくにさんが「Play of the Dayやな!Play of the Dayやな!」
みんなで「そうやな!そうやな!」って、ギャーギャーハイタッチ。
いや、ほんと木浪ナイスプレー!打撃でもマルチ!ナイスバッティング!!

そして、高山の先制ホームラン!見た!見た!球場行ってホームラン出ると、本当に楽しい!

そして、6回からのリリーバー、岩崎、ドリス、PJ、球児のピッチングたるや、なんという安定感…!今日はこのメンバーだったけど、まだ島本や能見さんもいるから、余計に凄み増してる。

試合も9時前には終わってしまい、

サンテレビ陣営渾身のネタグッズの出番はなく(笑)

ナイスゲーム!

[今日のマルテ]

お立ち台。

「明日は誰がやってくれますか!?」

「オレがヤル」

のあと、笑って頷いたとこ!可愛い過ぎか!

Posted in コラム | 快勝の連勝! はコメントを受け付けていません。

快勝!

〈8/20 阪神 8-0 DeNA (京セラドーム)〉

勝:青柳
敗:濱口

一軍二軍を行ったり来たり…何度目?江越、おかえり(笑)
ソラーテは、、、また上がってきてくれないかな。マルテも寂しいのでな。

さて。
この日はTORACOデーということで、青柳さんの応援に駆け付けた女性ファンでいっぱいで(ヒーインで青柳さん本人がそう言っていたのできっとそうなんです)、2回に一死満塁という絶望的なピンチを招くものの、ここは青柳さん踏ん張って無失点。キャーキャー(黄色い声援)
久しぶりの勝ち投手になったわけだけど、6月12日以来…って、あのヤフオクドーム以来!?季節変わっている…!!

青柳さんの6回表。筒香、ロペスから二つのアウトをとって、そのあと佐野ヒットとソト四球で1,2塁。
ここで、福原コーチがマウンドへ行き、矢野監督が出てきて、交代を告げた。
このときの青柳さんの「まーじすか!」みたいなリアクション丸見えなところが、私好きだな(笑)
わかる。ソトへの四球は、インコース、いいところきっちり投げ切って攻めてのボールだったからな。
ま、次はランナー出さないことだ(笑)

青柳さんは自分の交代に驚いてたかもしれないけど、私はそれよりこのタイミングで一緒に交代となってしまった大山の方がビックリした。なんで大山がベンチに帰ってるん!
大山と仲のいい北條がサードの守備に就いた。
大山は二度の好機での三振もあり、この日ノーヒット。
今日は悔しくて眠れないかもしれない。
だが、頼む!切り替えて!いつか「この日があったから」と思える日にしてほしい。
こんな日にどうかと思うけど、タイガースの4番、いや、ジャパンの4番になってほしいって、結構本気で思っているので。

矢野監督は2アウトでのこの交代を、「点を取った後だったので」と説明。
1点でも返されると、確かにまた試合が揺れる。
次が6番からという打順から見ても、投手は9番よりも5番の大山のところに入れた方がいい。
投手も野手も、出来るだけ我慢して使い続けてきた矢野監督だったが、東京ドームで3連敗、しかも残り30試合を切ったというところで、大きく舵を切った。

5回裏、二死満塁から走者一掃のタイムリー2ベースを打ったのは、近頃うんと休養日が減ってしまった福留。
今日もたくさん走っていたのだけど、足は大丈夫かな。
この試合で、シーズンは終わりに近いんだな、と痛感。

糸原!高め叩いたホームラン!強引(笑)だったけど追加点ありがとう!
梅野久々ホームラン!勇気出た!
ドリス、中谷おかえり!

活躍した人も、悔しい人も、さぁ、また明日だ!行けー!

[今日のマルテ]

ホームラン打って、大山から祝福されて笑顔でタッチを交わしている。
深刻にしないのがマルテ流思いやり。
左胸は大丈夫ってことでいいんだね?

Posted in コラム | 快勝! はコメントを受け付けていません。

応援日記

〈8/18 巨人 6-3 阪神 (東京ドーム)〉

勝:山口
敗:ガルシア

というわけでですね、見事にこのカード一つも勝てなかったわけでありますけどもね、試合、ええ、見てましたよ。3試合ともね。3試合目の今日については、鳥谷と福留がさすが、という働きでしたねー。木浪は一人猛打賞!いよっ!期待の新人!その調子で火曜日からも頑張ってほしいですねー。なんたってここは「応援日記」なんでね、

こ こ ろ か ら

応援してるわけですよ。来る日も来る日も今日は勝つかなってテレビの前座りましてね。だけど終盤だいたい気絶して意識ない部分があるので、また見直したりなんかしてね。すると見てないのになぜか知ってるような光景がそこにあるわけですよ。そう、3試合目ともなると、だいたい同じような初球打って内野ゴロってのも、もう見る前から知ってるわけですよ。だけどね、言いますよ、なんたってここは「応援日記」なんでね、

頑 張 れ タ イ ガ ー ス

[今日のマルテ]
6回表、4番のマルテに代打のソラーテが送られた。
打てていないとはいえ、4番に代打とはどんな意図かと思ったら…
マルテは左胸につったような違和感を感じ、振れる感じではなかったからと、試合後、矢野監督の説明があった。
重症ではないとのことで、病院へも行かず。

好きでタイガースの4番やってるわけじゃないからな…とはいえな…頑張ってほしいで…

募集したら誰か来てくれんかな。。4番。。

Posted in コラム | 応援日記 はコメントを受け付けていません。

反撃前です

〈8/17 巨人 4-2 阪神 (東京ドーム)〉

勝:高橋
S:デラロサ
敗:西

北條のソロホームランにレフトスタンドが沸いた直後の初球を、福留が振り抜いてライトスタンドへ放り込んだ。
ベンチ前での二人の顔に笑みはなく、まだ反撃は終わっていない、そう見えた。

・・・つづきは…明日から…

[今日のマルテ]

三者連続ホームラン!…とはなりませんでした。

Posted in コラム | 反撃前です はコメントを受け付けていません。

続投・高橋遥人

〈8/16 巨人 2-1 阪神 (東京ドーム)〉

勝:桜井
S:デラロサ
敗:高橋遥

初回に犠牲フライの1点を獲ったきり、そのあと逆転されてそのまま。
高橋遥人がゲレーロをサードライナーに打ち取って、6回裏終了時点で、球数は96。

「100球」を目安にするなら、遥人の打順から始まる7回表は、代打だ。
野手が打って逆転すれば、遥人に勝ちもつく。

ベンチに戻った遥人のあとをゆっくりと福原ピッチングコーチがついていく。
汗を拭う遥人に声をかけた。
そして、道具が置いてあったから深くはなかったが、遥人の隣にちょこんと腰かけた。
遥人は足にレガースをつけながら福原コーチに返事をして、話を続けた。
福原コーチは遥人のレガースをつける動きに合わせて耳を傾けた。自分からは何も言わず、頷いて遥人の話を聞いた。
あとはただ、遥人がバッティンググローブをつけるのに目をやり、ドリンクを飲み終えるのを待った。

そして、短く、「行って来い」。

高橋遥人が、バットとヘルメットを持って立ちあがった。

野手も、ファンも、将来のエースの姿をこの日の遥人の背中に見た。

[今日のマルテ]

前を座るマルテは、遥人が立ち上がるのを、振り返って見てた。

Posted in コラム | 続投・高橋遥人 はコメントを受け付けていません。

「サンテレビボックス席展」からの、ボックス席!


14日からそごう神戸店で始まった「サンテレビボックス席展」へ行ってきました!
写真は、地下から上がるエレベーターで偶然一緒になった木内アナです!
「気になってちょっと寄った」とのことでしたが、これが目当てやったんかな…(笑)


「ご好評につき、」…なんだよ(笑)
先日、日記にも書かせてもらった「BSOキーホルダー」ですが、お買い上げいただいた方がいらっしゃったとのことで、私が到着したときにはこの「神0-3サ」タイプは完売となってました。
ありがとうございました!
一緒に行ったトラ友が、「売れてなかったら買ってやらなきゃしゃーない…」と、密かに覚悟してたそうなのですが、買わなくて済んだので大変喜んでましたw

さて、ボックス席展ですが、昼間は、福本豊さんのトークショーもあり大混雑してましたが、17時を回った頃、もう一度会場へ行くと、かなりゆっくり回ることができました。
私は、何があるのかあらかじめ色々聞いて知っていたつもりだったのですが、予想を裏切られ、思ってた以上に幸せ空間でした。
サンテレビならではの色々やらかしてるのとかもあるのですが(正直)、なんというかですね、そもそもタイガースへの愛や、プロ野球中継のポリシーとプライドが、根っこからすごいので、会場にいらっしゃるお客さんも熱心に説明書きを読んだり、VTRを楽しんだりされて、そんな雰囲気もあって、とてもいいんです。空気が。タイガースファンとサンテレビファン最高。


私も、このスコアブックの前だけで20分はいたと思う。

しかし、6時間26分のプロ野球史上最長試合を最初から最後まで放映しているコーナーに、ウォーターサーバーが設置してあるのには震えました(笑)

そして、この方…!

空いていたので、なんちゃって放送席に座って欲しい…とお願いしてみたら、ノリノリで解説中の演技までしてくださったのでした(笑)

15日は、そごう神戸店さんが台風の影響による臨時休業のため、サンテレビボックス席展も開催休止だそうですが、台風が過ぎたら、ぜひ行ってみてください。無料なので!(笑)

〈8/14 中日 3-6 阪神 (ナゴヤドーム)〉

勝:能見
S:藤川
敗:山井

で、家へ帰ったら、またボックス席です。

…が、1回表なんて、山井打てそうでも、無死2塁でも、無得点。
1回裏なんて、秋山は、味方のミスもあり、いっぱいいっぱい。
今日もどうせ援護は期待できないだろうから、3回の時点で3失点は致命傷。
打順が大幅に変わっても、ソラーテがスタメンから外れても、結果は変わらないであろう…
フッ…

ところが!

山井、勝ち投手の権利まであとアウトひとつというところで…
秋山を諦めたタイガース打線から、連打を浴び、まさかの逆転、負け投手になってしまうとは…
野球って怖い!キャー☆

5回表、2アウトから先陣を切った代打木浪は、久々のいい笑顔!
6回のソロもあり、この日は木浪デー!
二軍から再昇格しても結果出せるほどのチャンスもそう簡単にはやってこなかったけれど、この敗色濃厚なムードをよくぞ切り裂いてくれた。

この回6連打で一挙5得点!…なんて文字、震えてキーボード打ち間違えてんじゃないかと思いながら打つわ(笑)
6連打のみんなナイスバッティングだったんだけどね、福留さんの内野安打が一番だった。
セカンドの捕球体勢見て行けるって確信してるんだろな。あの全力疾走、かっこよかった!

そして、今日も泣かされるほどかっこいいリリーフ陣。
岩崎 0.81
PJ 0.80
っていう防御率なにこれ…
5回という早すぎる回に登板してくれた能見さんが今季初勝利。

サンテレビボックス席展で、字数いっぱい使ってしまったという日に、うっかりいい試合をし過ぎている…

ボックス席展で掲示してあったサンテレビの年表にはこう書いてあった。

[今日のマルテ]

5回のホームへのヘッスラ!止まっとったぞ!コケたんか思ったよ!(笑)

Posted in コラム | 「サンテレビボックス席展」からの、ボックス席! はコメントを受け付けていません。

ゼロ行進

〈8/13 中日 0-0 阪神 (ナゴヤドーム)〉

出たな…たこ焼き…

延長12回スコアレスドロー。
両チームとも8安打ずつ。
特にタイガースは、7つも四死球をもらっていながら、得点に結びつけることはできなかった。
申告敬遠してもらったり、チャンスでのバント(それも失敗)など、先にお礼を言いたくなる場面もあったというのに。

青柳
岩崎
ジョンソン
能見
島本
球児

対するタイガースのピッチャーが出した四死球はゼロ。
青柳さんがいるにも関わらず、だ。
失礼。青柳さん、今日はベストピッチでは。

球児がね、延長12回、勝ちもない、セーブもつかない、あるとすれば負け投手になる可能性だけ、という12回に登板してくれてね………
(なんか言え)

ナゴドの大きなビジョンは、「0」を並べたくて生まれてきたんじゃないぞ。
中日ナインも聞いてるか!…ってそっちはええか!

あぁタカシくん…
(自作の架空の小学2年生に想いを馳せる)
(重症)

[今日のマルテ]

あっかーん!!
ホームランだ!ホームランを打てーー!!

Posted in コラム | ゼロ行進 はコメントを受け付けていません。

タカシくんのなつやすみ~2ねんせい~

〈8/12 中日 5-1 阪神 (ナゴヤドーム)〉

勝:梅津
敗:ガルシア

~1ねんせいのタカシくんはコチラ~

タカシくんは、小学2年生。
きょねんのなつやすみに、はじめておとうさんにナゴヤドームへつれていってもらいました。
そして、ことしもおとうさんが「タカシ、リベンジや!」とつれてきてくれました。
おとうさんは「リベンジ」って、カンタンに言うけど、ほんらいの意味は「復讐」なんだよね。やだおとうさんこわい。

タカシくんは、おとうさんといつも一緒にサンテレビを見て、野球のことをべんきょうしています。

カープに2試合もつづけてぎゃくてん勝ちをして、波にのってるって、おとうさんは言っています。

タカシくんはおとうさんが忘れてそうだったので教えてあげました。

「きょねん来たときは、ガルシアに負けたけど、ことしはガルシアがタイガースに来たから勝つで」

おとうさんは、目を細めてとてもうれしそうでした。
タカシくんは、じつによくおとうさんのツボを心得ています。

だけど、タカシくんとおとうさんを待っていたのは

鬼門✕初もの☆スペシャルコラボナイター

でした。

打線は4安打。
試合時間は2時間30分。
ガルシアは負け投手。

タカシくんはおとうさんに聞きました。

「ねぇねぇ、ガルシアは敵のときだったら勝ってたのに、なんで味方だと勝ってくれへんの?」

おとうさんは言いました。

「確かにガルシアはよくなかった。
最後に勝ったのは6月2日。
移籍後、タイガースでまだ2勝しかしていないとなれば焦りもあるのかもしれない。
ガルシアを援護してやれない、いつまでも初ものにやられっぱなしの打線も悪い。
チームとしての対策が全く見えてこない

おとうさん…相手は小学2ねんせいです。

私は思いました。
タカシくんはもうナゴド行かへんほうがええな…

[今日のマルテ]

この日記はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

Posted in コラム | タカシくんのなつやすみ~2ねんせい~ はコメントを受け付けていません。

悔しさ晴らす逆転勝利!

〈8/11 阪神 6-5 広島 (京セラドーム)〉

勝:浜地
S:藤川
敗:フランスア

ソラーテの加入以降、スタメン発表をドキドキしながら待つようになった。
今日はソラーテは5番セカンド。…セカンドでホッとしてる自分、随分耐性ついたもんだなって思ってる(笑)
先発は望月。バットに当てさせないピッチングを心掛けてほしい(←プロ2度目の先発の22歳に期待する内容
望月は、5回に連打を浴び途中降板となってしまう。全体的にもカウントを悪くするピッチングでリズムも作れなかったが、変化球さえ決まると、全部うまくいく気がするので、次も見たいと思った。

ゲームは今日も今日とてミスもあり、九里にも手を焼き、5回の時点で4点をリードされる展開。
6回裏にね、一死満塁の大チャンスをもらっても、1点返すのがいっぱいいっぱいだもんなぁ。
今日も負けるなぁ…

あ、違う、今日もって、昨日勝ってたわ!

逆転の虎に、能見さんあり。
なんで3点もリードされてるのにまた能見さん投げさせんのさ、って思ったけど、カープの打順が、2番・菊池涼、3番・バティスタ、4番・鈴木…
うん、能見さん頼むわ。(ヒラリッ)

8回表の小園の「センターオーバー」をキャッチした近本は、これぞプロの技!だった。
キャッチしたあと、フェンスに激突したように見えたけど、リプレーで見るとちゃんとうまくフェンスに体預けてる!
ギリギリのプレーに見えて実は計算し尽されてる。近本、どんだけ…

さぁ8回裏!
面白かったーー!!
代わったカープ今村から、マルテ、ソラーテのなんと連打!
無死1,2塁からは、6番大山!センターへのタイムリー2ベース!大山今日3安打猛打賞!完全に6番ハマっとる!(笑)
そして、ソラーテの信号無視のホームイン(笑)
藤本コーチが制止してて、絶対ソラーテにも見えてたはずだけど、前を走るマルテがグルグル腕回しながら走ってて、ソラーテも止まる気サラサラなかった。
ソラーテの足もまだわからないところもあり仕方ないのかもしれないけど、余裕セーフだっただけに、ソラーテのこの走塁を、暴走だとは言えないな。止めた藤本コーチは勉強だ。
しかし…4番が出て、5番が続いて、6番が返す…変なチームやで(笑)

梅野が1球で送りバントを決めたのは大きかった。流れが完全にタイガースにあることを証明したようなバントだった。
カープは、今村を諦めフランスアを投入してきた。

ここで、最近悔しい思いをいっぱいしてる糸原に打席は回ってきた。
フランスアの4球目、甘かった!仕留めた!センターの前で大きく弾んで、後ろに転がって、さらにはバックアップに入ったレフト西川もボールが手に付かず、糸原は3塁へ!
糸原、サードベースの上で渾身のガッツポーズ。その顔は嬉しさより溜まった鬱憤が弾けたという感じ。

で、陽川に打席が回り、あぁーっ!ボテボテ…と思った瞬間、糸原の代走の海くんが、會澤のタッチをかいくぐってホームへ滑り込んできた!
逆転!逆転!
陽川はもうちょっとちゃんと打ってよ!(笑)
海くん速い!スタートも申し分ない!
何より、迷いがなかった。準備できてる。成長してる!!(笑)

最後は球児が、1点差ゲームを締めた。
マウンドにみんな集まったとき、球児が大山にハグ。
あかん…!泣いた!
この光景に、球児が背負ってるものの大きさを思い知らされた。
大山、いい笑顔。

途中交代となった北條のベンチでの悔しそうな顔も忘れない。
また、やりかえして!

[今日のマルテ]

藤本コーチの制止を振り切ってホームインしたこと、そういえばありましたねぇ。
は!あの日も浜地が勝ち投手だ!(ご縁)

Posted in コラム | 悔しさ晴らす逆転勝利! はコメントを受け付けていません。

6番大山

〈8/10 阪神 6x-5 広島 (京セラドーム)〉

勝:岩崎
敗:フランスア

まず、ソラーテの外野守備。
昨日の日記で、今やれる布陣としてその名前にソラーテも入れた。が。
ソラーテ恐ろしい子!
ヤクルトのバレンティンの守備でもあれほどではない。(しかもバレはその分めっちゃ打つ)
左打席にも右打席にも入れること、一発があることはあるので使うのだが、タイガースにとってレフトはデンジャーゾーン。相手チームにはラッキーゾーン。
タイガースファンは、あそこへ飛んだら目を瞑って祈るしかない。(辛いです)

ソラーテの守備もあって、レフトには打たせられない西-梅野のバッテリーは苦労したと思う。
失点は5だが仕方ないと思うし、4、5、6回を結果3人で片付けた方の西に賛辞を送りたい。
5回の1塁けん制→セーフのジャッジ→マルテ矢のようなベンチへのリクエストしろ要求(笑)→結果、西のけん制すごい!アウト!って、西のファインプレーだ。

さぁ大山だ。
矢野監督が、初めて大山を4番から外した。
「4番を外すことは簡単」と常に言っていたが、矢野監督にとっては一番難しい選択をしたと思う。
4番でこのままシーズン最後まで使っても使わなくても、どちらにしても私は大山の起用については矢野監督の決断を支持できる。
「4番大山」には矢野監督の信念があったし、それを変えることにもまた、魂の決断があると感じるからだ。
他もそれぐらいでやってほしいけどな(笑)
代わりに4番を務めたのはマルテ。適任だと思うよ。最後に[今日のマルテ]読んで!

この日、ボックス席解説の岡田彰布さんが一番エキサイトしたのが、2点を追う無死2塁の7回裏、大山の打席でのバッティングについてだ。
それまでもキレキレの解説だったのだが、大山のライトへのヒットが不満でならなかったようで…

このあと打順は、7、8、9番
ここでのバッティングは、ランナーを還さなければいけない。
なのに、ライトへ打って繋ぐつもりで打席入ってそれでライトへ打って。1,3塁になったからってなんだ。

ということを岡田さんはおっしゃっていた。
結果は、8番北條の6-4-3のダブルプレーで、この回無得点…
そうしたらこうなる、という結果も岡田さんには見えていて、何より、打順は6番でも「4番大山」としての心構えで打席に入らなかったことが残念で寂しかったようで。
私に、無得点という結果まで見えるわけがないのだけど、ファンとしてもこのバッティングは寂しかった。
何番に入ったって、大山のバッティングをしてほしいし、右打ちの指示が仮にベンチから出ていたならベンチがあかんし、右打ち指示を出していなくても大山には右打ちするなと指示ださないベンチがあかんし。

6番の打順を告げられた大山は、「4番を取り返す思いでやります」と言ったそうだ。
岡田さんはこれを知ってか知らずか、「これでは4番には戻れないですよ」と言った。

そして…
9回裏だ。2点差のまま。何も起こせなければ今日も負ける。

だが、カープ抑えのフランスアが良くなかった。
マルテヒット、ソラーテが四球をもぎとって、舞台が整った。
打順は「6番大山」。
野球は、回ってくるのだ。
回ってほしい人に。

大山の狙いは決まっていた。外ストレート。
2球目、振り抜いた!
それだ!
アウトコースだったので方向こそライトだが、狙って打ったホームランだ!
逆転サヨナラ3ランホームラン!!!
大山が打った!!!

岡田さんは「大山は6番と思って打席に入ってない」と、とても嬉しそうだった。
私は、岡田さんが嬉しそうなのも嬉しかった(笑)

ライトスタンドのファンからあの位置は死角になってスタンドインしたことは恐らく見えていないと思うのだけど、そこは内野のタイガースファンと歓喜の連動だ(笑)
ベンチからみんな飛び出してきて、抱き合って、大山のホームランを共に喜んだ。
出迎えるスタッフさんたちの笑顔もいい!
一軍マネージャーの清水誉さんもベンチの中でハイタッチの列にいて、ああああああああああああああああああああああああ!!大山のヘルメットをポンって!!清水誉スマイルーーー!!!!なんちゅうーご褒美か!!!!!!
この様子おさえたサンテレビ1塁側カメラさん優秀か!!!!

お。話それてる。

ビハインドでも投げてくれて、流れを渡さなかった、能見、島本、岩崎という、素晴らしきサウスポーの活躍がなければなかった勝利ということも忘れてはいけない。
さらに言うと、この3人のピッチングがあったから、今日の勝利は、必然だったのかもしれない。

[今日のマルテ]

タイガース公式インスタのストーリーに、大山のヒーインを通路からマルテ一人で見守ってる様子がアップされていた。
これってマルテが「4番大山」への敬意を持ってくれてるってことだよね。
ちょっとビックリしたのと、またマルテが好きになったよ。

Posted in コラム | 6番大山 はコメントを受け付けていません。