チコさんのこと

チコさん!
ロベルト・バルボンさん。

チコさん

最も長く日本プロ野球に関わっている外国人選手です。
60年やで!
チコさんはアメリカではあの「ジャッキー・ロビンソン」と同時期に野球をやってたそうです。

ボクとは阪急ブレーブスに入団してからの付き合いなので…計算したらもう半世紀や!!

マルカーノたちと一緒によく遊びました。
いつも陽気で楽しくて…遠征に行けばに毎日のように一緒でした。

そんなチコさんからある日聞いた話は…

チコさんはキューバからアメリカに渡ってマイナーリーグの球団に入団しました。
試合の移動は夜中にバスだったそうです。
ある時給油に寄ったガソリンスタンドで水道から水を飲んでたチコさんは白人から酷く怒られ、怒鳴られ、ものすごく蹴られた…目に涙を浮かべて話してくれました。
悲しいのと、悔しいのと、腹が立つのとが全部混じった思いでボクも涙が出ました。

「それから来た日本は天国やったわ」
チコさんはいつもそう言います。
「日本大好き」
「日本に来てホンマ良かったわ」
そう言います。
60年前の日本に差別がなかったとは思われへん。
辛い事も、悲しい事もあったはずやのに。

ボクに決めさせてくれるんやったらチコさんを野球殿堂にって思う!
3年連続盗塁王やねんで(外国人の盗塁王はチコさん以来ひとりも居ません)!!!

時々オリックスの子どもたちの野球教室で教えたり、来日する外国人選手の相談に乗ったり、今でも日本の野球と一緒のチコさん。
ボクが心から敬愛する先輩です。

あかん、あかん、またなんか涙腺緩んで来た。
年のせいやろか(笑)
そやからここからはお菓子の話

板屋/菰かぶり

金沢 板屋の「菰かぶり」
阪急うめだ本店の「旨し、美し。金沢・加賀・能登展」で買いました。
あんこに包まれた栗が丸ごと1個入ってて美味しい!!
もちろん味が美味しいねんけどその実演が凄かってん。
黙々とお菓子を焼く職人さんに見とれてしまった。
得意の擬音で説明すると…
「さっ くるー ひゅっひゅ ポタ ぽん くるくる ぽん くるっ きゅっきゅ ひらっ すたっすたっ」って感じやねん。1回に8つほど焼くんやけど2回分見学しました。
作るとこ観たら美味しさ倍増のお菓子でした。

さぁ、今回はキャンプイン直前の「熱血タイガース党」です。
沖縄から福原投手が出演です。
みんな見てねー!

福ちゃんマーク/添付用

This entry was posted in コラム. Bookmark the permalink.