最終回によせて

この連載もはや2年。数年前に某スポーツ紙で連載していたコラム「当世おんな心」の続編という形で機会をいただき、季節や時事ネタにからめながら恋事情を綴ってきた。とはいえ2年ともなるとクリスマスやバレンタインなど年間行事も二巡し、三巡めはどうしようかというところで、いったん最終回を迎えることにした。本連載にあたり、多くの方に取材協力をいただき、読者の皆様からは様々なご意見や叱咤激励をいただいた。満足のいく内容だったものもあれば、後から書き直したいと思ったものもある。そんなこんなの思い出が走馬灯のように駆け巡りながら迎える最終回。恋事情の最終回にも、人それぞれドラマがあるようだ。

別れたオトコに未練を残すA子は、「最後の思い出に1日だけアナタの時間をください」と、ドライブデートを決行した。ところが交際中と打って変わって、態度が終始サムイ彼。昼飯はコンビニ、喉が渇いても喫茶店にすら寄ってくれず、ペットボトルで済まされる始末。もちろん彼女の未練は断ち切れたが「最後くらいはスマートに締めてほしかったです」

モテモテB子の周りには、常に「しつこい男」がつきまとう。そのため、わりとキッパリ「ヨルナ、サワルナ」オーラを放つ彼女だが、男たちが去ってしまうと無性に寂しくなってしまう。「あんなに煙たがっていたはずなのに、ピタリと連絡がなくなると、どうしてるかなぁと気になって……」

C子の恋の終盤は、いつもやんわり自然消滅。それゆえ、次の恋との境目がビミョーで、二股疑惑の揉め事が頻発する。「中途半端だとわかっているケド、ヒトリになってしまう時間が一日でもあると怖いんです」

「もう二度とアンタとなんて」と心に誓えど、最後はホロリと涙がこぼれる恋事情の最終回。終わりよければ全てよし、小うるさい束縛ババアも離れてしまえば、「アア、一途でステキな女性だったナ」なんて具合に美化される。

ここで一句。

最終回  恋の終わりに 似た寂しさよ

ということで「当世おんなの恋事情」これまで応援いただき、本当にありがとうございました。また第三弾でお会いしましょう。

2015年10月28日
筆者  堀内優美

Posted in コラム | 最終回によせて はコメントを受け付けていません。

ドタキャンには気をつけて

ここ最近忙しく、なかなかプライベートの予定がたたない。とはいえ、約束してキャンセルするような不義理はいけないと思っている。ドタキャンとは文字通り「土壇場でいきなりキャンセルすること」。前もってわかっていりゃあいいものを、突然その日になってやむなくゴメンナサイした経験は、誰しもきっと一度や二度はあるだろう。恋事情においても、楽しみにしていたデートをドタキャンされると6割増しでテンションダウンし、これが常習化されると千年の恋も凍りつく。

優柔不断なA子は、お誘いされるとひとまず「Yes」と返事する。なのでダブルブッキングは日常茶飯事、その日になってどちらか一方に言い訳する事態になってしまう。「その場で断るのも申し訳ないと思い、つい約束しちゃうんです」

B子の彼は常にご多忙で、デートの約束をしても、たいてい当日「残業になった」と予定が流れる。「そのためコンサートや芝居などチケット系のお出かけは実現したことありません」

C子は自他共に認めるドタキャン常習犯。彼女いわく、約束をした時点では行く気満々なのに、その日になると途端にメンドくさくなるという。「効果的な言い訳として、風邪・体調不良といった病気系と、携帯・財布をなくした等の紛失系を使います」

やむを得ぬ事態もあるけれど、言い訳がましく感じてしまうドタキャン族の恋事情。これが旅行会社相手なら、いかなる事由においてもキャンセル料を支払わねばならないことを念押ししたい。

ここで一句。

ドタキャンの  3回以上は 行く気なし

Posted in コラム | ドタキャンには気をつけて はコメントを受け付けていません。

なかったことにしてください

NG

「申し訳ございませんが、今回の件はなかったことにしてください」
ビジネス場面の契約破棄や楽しみにしていた計画がこんなふうに中止されると、今までの努力は一体……と心にせつない風が吹き抜ける。恋事情においても、忘れてしまいたい思い出や恥ずかしい失敗談はつきものだが、いっそなかったことにしてほしいと思った経験はきっと誰しもあるだろう。

A子は、最近付き合い始めた彼とのLINEでハートマーク満載のラブラブメールを「アカチャンコトバ」で連投すると、ドン引きしたのか彼スルー。とはいえスマホ画面には吹き出し履歴が残るため、冷静に読み直しては超赤面。「彼の記憶からすべて抹消したい」と嘆く。

恋多きB子は、歴代彼氏の人数を聞かれると必ず「3人」と答える。軽く見られないように少なくサバ読みしてるのかとたずねてみると「あとのは交通事故みたいなモノだから、数に入れたくないのよネ」

C子は、会社の同僚から告白されて舞い上がっていたところ「酔っ払ってたので全部忘れてください」と前言撤回されたとか。「彼を好きかどうかより、取り消されたことが悲しくなりました」

青春風に言うならば、「若気の至り」といったところか、なかったことにしたい恋事情。ちなみに筆者も中学時代、下駄箱ラブレターの送り主から呼び出され、「悪いが、手紙のことは忘れてくれ」と言われて愕然とした苦い思い出がある。

ここで一句。

過去の恋 再会すれば「あなた誰?」

Posted in コラム | なかったことにしてください はコメントを受け付けていません。

占い好きな女たち

uranai

今日9月9日は「世界占いの日」。ノストラダムスの終末の予言日でもある1999年9月9日、日本占術協会によって制定されたという。
女性は占いが大好き。少女時代から花占いや星占いの類には敏感で、女性誌の巻末には必ずといっていいほど占いページが載っている。朝の情報番組で流れる「今日の運勢」はお出かけ前にチェックするし、恋事情においても気になる男性の生年月日と血液型は、まず押さえる。

A子は、人生の岐路に立たされると必ず占い師にみてもらう。引越し、就職、縁起ものについてはもちろん、結婚相手も占い師の指示通り。あげく生まれた子供の名付け親にまでなってもらう始末。「占いは、決断力がない私にとって背中を押してくれる、ありがたい存在です」

B男は最近、交際していた彼女から突然別れを告げられた。理由は、相性占いをしたところ、一緒にいると不運を招くという結果が出たからだとか。「そんな理由でフラれるなんて、男のボクには全く理解できません」

友達よりも誰よりも「アタシノコトヲワカッテクレル」と、占いに依存する乙女たちの恋事情。彼女たちにとって、占いは単なる相談相手にとどまらず「未来予想図」を歌ってくれる心強い味方だ。ちなみに筆者もその昔、取材で占いの館なる場所に行った際、「何月何日にイニシャル●の人に出会ったら、その人があなたの運命の恋人です」というミラクルなお告げをいただいたが、実際その日にイニシャル●など現れなかった。

ここで一句。

恋占い  ときめく相手(ヒト)ほど 相性最悪

Posted in コラム | 占い好きな女たち はコメントを受け付けていません。

愛があれば年の差なんて

150826

「年の差婚」が増えているという。美魔女ブームの昨今、年上美人に憧れる若者も増え、二つ三つどころか、ひとまわり以上年の離れた「姉さん女房カップル」も多いとか。ひと昔前のように、周りから反対されて駆け落ちなんてことにもならず、羨ましいほど幸せそうだ。

アラフォーの美魔女A子は、28歳の彼氏と交際歴2年。実年齢よりも若く見える彼女と落ち着いた雰囲気の彼が一緒に並んで歩いていても、違和感がない。「年上の男性はしっかりしていて当たり前だと思うけど、年下の彼が頼り甲斐のある態度を見せてくれると、4割り増しで好感度がアップします」

30代後半の会社員B子は、どちらかというと年上男子がお好み。とはいえ、気づけばイケてる社内男子は既に結婚し、独身男子は年下ばかり。「禁断の恋に飛び込むのは面倒だし、言い寄ってくる同期は遊び人かいわく付き。そうなると後輩男子と飲みに行こうとなるわけです」

C子は、年下クンとのデートの際、目じりのシワやほうれい線が気になって頻繁に化粧直しをするため、時間が経つと厚化粧になり妖怪化してしまうと嘆く。「なので、若いカレとは昼間の約束を避け、お店は暗い間接照明のカウンター席を選ぶようにしています」

愛があれば年の差なんて……と、まるで少女マンガのように胸キュンな、年下クンとの恋事情。彼女たちは「アタシはまだまだイケてる」と心の中でガッツボーズし、年の差を連想させる話題やシチュエーションは決して選ばない。

ここで一句。

デートでは 年齢バレる  カラオケ厳禁

Posted in コラム | 愛があれば年の差なんて はコメントを受け付けていません。

血液型は何型ですか?

日本人は血液型トークが大好き。飲み会やビジネス場面で血液型の話題が出ると、そのネタだけで10分以上は引っ張れる。恋事情においても、血液型にこだわる男女は多いようで、相手の血を知った瞬間、占いページをググった経験はきっと誰しもあるだろう。

A子はイイナと思う相手がB型だった場合は、つい距離を置いてしまうという。「昔からB型男子に振り回されてきたトラウマです」
またB子も同様、「A型とB型の相性は、阪神ファンと巨人ファンのようなもの」と意味不明な持論を持っている。

O子は恋のはじめは積極的にアプローチし、情熱的に尽くすらしいが、ある日突然急に冷め、途端にどうでもよくなるという。そのため相手を振り回す結果になり「魔性の女ってO型に多いんじゃないかしら」と余裕をかます。

AB子は、血液型を聞かれて答えると、露骨にいやがられることが多いとか。それゆえ、相手の心の壁を取りのぞこうと、決して怪しいものではありませんと、一生懸命弁明する。
「浮気を疑われた時に必死で弁解するオジサマ族の気持ちがわかります」

そもそも血液型で判断すること自体ナンセンスだが、恋に落ちる相手や苦手な人種の血液型が時々共通するのはなぜだろう。
ちなみに筆者はAB型なので、ケチョンケチョンに言われる方だが、この血液型をたいそう気に入っている。それゆえ同じ型のヒトに出会うとまるで遠い親戚のような親近感を覚えてしまう。

ここで一句。

血の型で 破れた恋は 数知れず

Posted in コラム | 血液型は何型ですか? はコメントを受け付けていません。

恋事情にも熱中症?!


台風も去り、すっかり真夏日。各地では40度近い気温を観測するなど、熱中症が心配されている。しかも電気料金の値上がりやエコ対策でどこに行っても冷房控えめで蒸し暑い。恋事情においても、熱中症には要注意だ。

A子は恋愛すると熱中症のようにのぼせ上がる。仕事はそっちのけで友達付き合いが悪くなり、カレ中心の生活に。それゆえ相手への依存心は強く、メール1通こないだけで大騒ぎ、頭痛に微熱と心身にまで支障をきたす。

B子は何事においても熱中する性分で、ピアノ、ハングル講座、茶道、ヨガ…とお稽古事も多岐にわたる。とはいえ熱が冷めるのも早く、すぐに飽きて乗り換える。恋事情においても熱愛を繰り返すわりには、結婚にまでたどりついた例はない。

C子の恋のはじめは、寝ても覚めても恋愛モード全開で、おはようからおやすみまでマメにメールし、時間見つけては30分でもカレに会いに行く。しかしあくまで「はじめ」だけ。ある日突然スイッチオフされ、彼女のペースに合わせることに慣れてきたカレは「女心がわからない」と戸惑いを覚える。

そういや合コン等で男子がお目当ての女子に「熱中症をゆっくり言ってみて」とうながし、「ねぇ、チューしよう」と言わせるバカバカしい話もあるという。
だが熱中したあのコが振り向いた矢先には、釣った魚に餌をやらなくなり、鳶に油揚げをさらわれる。

ここで一句。

熱中症 水分補給で クールダウンを

Posted in コラム | 恋事情にも熱中症?! はコメントを受け付けていません。

アサガオの花のように

7月に入り、もうすぐ夏休みがやってくる。子供の頃、この時期になるとアサガオの花を学校から持ち帰り、夏休みには観察日記をつけていた。早朝に咲く色鮮やかな花を見るとテンションアップしたものだが、昼になるとしぼんでしまい、翌朝までお預けになってしまう。アサガオは、恋事情においても深く関わりを持つらしい。

A子は、近年の朝活ブームに乗っかかり、出勤前の早朝から開催される女性セミナーに参加し、女子力アップを目指している。ところが、あまりにも早朝起床が続くため、会社に到着する頃にはヘトヘト、昼食後には睡魔が襲ってきて、まるでアサガオのように午後にはしぼむ。しかし彼女いわく「世界中の勝ち組はみんな早起きですからネ❤」

B男は、最近付き合いはじめた女性のことを「アサガオのような女」だと熱く語る。清純で可愛いイメージなのかとたずねてみると「嫉妬深く、アサガオのつるのように絡みついてくるので、怖いんです」
しかし、アサガオの花言葉には「短い恋」との意味もあるようで、ひと夏の辛抱と腹をくくる。

一方、C子はアサガオとは対極で、朝に弱く、夕方から仕事に出かけて飲みに行く。「私の結婚相手は、朝ごはんを作らなくていいよと言ってくれる人じゃなきゃムリだと思いまぁ〜す」

ちなみに筆者はお目にかかったことはないが、夜に咲く「ヨルガオ」という花もあるらしい。とはいえ世の男性たちはパートナーを選ぶ際、妖艶なヨルガオ姉さんよりも、爽やかなアサガオ女子を好むようだ。

ここで一句。

夏休み 恋事情にも 観察日記を

Posted in コラム | アサガオの花のように はコメントを受け付けていません。

梅雨の時期は女性が冷たい?!


雨が降ったり止んだりで、ジメジメとした空模様が続いている。この時期は外出しようにも気持ちまでブルーになってしまうもの。雨模様は、恋事情にも乙女心にも大きく影響する。

A子は雨のデートは憂鬱で、朝から土砂降りだった場合はやむなくキャンセルするという。「せっかくおしゃれをしても化粧も髪もだいなしになっちゃうし、靴に水が入ってきたりなんかしたら、それだけでテンション下がります」そんなわけで6月中の恋活は休止、家でオンナ磨きをしながら夏がくるのをひたすら待つ。

B子は雨の日のオフィスワークは苦痛だと嘆く。靴や服が濡れた状態で冷房の効いた事務所に一日中いると身体が冷えて仕事に集中できない。「エアコンの設定温度を上げても、長袖スーツの男性社員がすぐに下げるので、事務所内は冷蔵庫のようにサムイです」ひざ掛けだけでは効果なく、カイロを貼り、冬用ジャケットを着用。思いやりのない社内男子に対しては、恋心どころか敵意を抱く。

一方、C子はゲリラ豪雨をきっかけに同僚男子と恋仲に進展したという。「傘を持っていないという彼にさりげなく相合傘を促してハンカチを差し出しただけなんですが、そのおかげで付き合うことになりました❤」

梅雨時期は、女性が「冷たくなる」季節。とはいえ雨効果を利用すれば、映画のワンシーンのような恋も夢じゃない。
ちなみに筆者も冷え性なので、雨降り時の冷房は苦手。そんなとき自分の着ているジャケットをそっと肩にかけてくれるような気の利く男性が現れたら、きっと心に晴れ間も広がる。

ここで一句。

雨模様  乙女心に てるてる坊主を

Posted in コラム | 梅雨の時期は女性が冷たい?! はコメントを受け付けていません。

傘マナーを守りましょう


梅雨に入り、街のショーウィンドウではレイングッズが華やかに並んでいる。大通りでは色とりどりのが蝶のように舞い、憂鬱な天候も吹き飛ばしてくれるようでなんだか楽しい。とはいえ、は時としてちょっぴりストレスを感じさせることもある。

シングルのA子は急いでいる際、相合傘のカップルが前方に来ると、不快指数が高くなると嘆く。「狭い歩道で二列に横並びされると道を塞がれ、追い抜こうにも追い抜けないし、後方から尾行する形になるためイチャつかれるとイラッときます」

主婦のB子は、幼子の手を引きエスカレーターに乗っていた際、前方の茶髪ネエチャンが長傘を横持ちしながら前後にブラブラさせたことがあったらしく、危うく子供の目に刺さりそうになったとお怒りだ。「しかも『危ないですよ』と注意したらムッとされ、ますますブルーになりました」

OLのC子は、ホームで電車を待っていると、ゴルフの素振りを練習していたオジサマの長傘の先端がわき腹に当たり、怖い思いをしたことがある。「それ以来、長傘を持っている人が側に近寄ってくるだけで足がすくんでしまいます」

ちなみに筆者は、長傘だとすぐ置き忘れてしまうため、断然折りたたみ傘派。だが、たたんだときの面倒さを考えると、朝から降っている時や特別なお出かけ日にはオシャレな長傘を持って行く。とはいえA~C子の話を聞いてから、ヒトサマに決して迷惑かけてはならぬと、できるだけ地面と垂直に持つように意識している。

ここで一句。

オシャレ傘 マナー守って  雨音楽しく

Posted in コラム | 傘マナーを守りましょう はコメントを受け付けていません。