Author Archives: サンテレビ

32杯目「永井酒店」

うまいアテと、よきお客さん 新長田の六間道と本町筋商店街が交差する辺りを少し南に下ると永井酒店はある。初めて訪問したのは5年前の夏の日曜日だった。長田でも日曜日に閉めている飲み屋は多いのだが、当時の永井酒店は朝9時から開 … Continue reading

Posted in 巡礼 | Leave a comment

31杯目「松岡商店」

創業85年の老舗酒屋のしゃれた角打ち JR新長田駅南側出口から線路沿いに東へ数分、若松町2丁目に松岡商店はある。祖父が若松町で開業して85年ということなので、逆算すると昭和10(1935)年ころに創業したことになる。阪神 … Continue reading

Posted in 巡礼 | Leave a comment

30杯目「ためがね酒店」

美酒桜正宗と手造りのアテが旨い JR新長田駅前からタンク筋に沿って南へ、国道2号を越えてお好み焼き「みずはら」のちょっと先に「ためがね酒店」はある。 店主の為金潤二さんが長らく酒屋に勤務した後の平成5(1993)年1月に … Continue reading

Posted in 巡礼 | Leave a comment

29杯目「横山酒店」

昭和の残り香が漂う空間 10年ぶりくらいにお好み焼き万味に寄った帰りに、その存在に気がついたのが長田区久保町9丁目にある横山酒店である。 新長田の町名は南北につくものと東西につくものがあり、久保町は東西に細長く伸びている … Continue reading

Posted in 巡礼 | Leave a comment

28杯目「森下酒店」

古いままを大事にしたい JR鷹取駅から南に数分のところに森下酒店がある。阪神淡路大震災で甚大な被害があったところで、あの日から25年の節目を迎えた。震災後も営業していた井村酒店(海運町3)、谷川酒舗(海運町3)、中島酒店 … Continue reading

Posted in 巡礼 | Leave a comment

27杯目「小田商店」

住宅街のオアシス 令和元年の10月から始めた東灘区の角打ち巡礼だが、令和2年の正月をまたいでしまった。気のせいかすごく長かった気がする。その東灘の角打ち巡礼を締めくくるのが、JR甲南山手駅から西へ徒歩10分ほどの住宅街( … Continue reading

Posted in 巡礼 | Leave a comment

26杯目「かこも」

皆で囲んで楽しく飲む かつて、「神戸ぶらり下町グルメ決定版」にて、「JR住吉駅前界隈、ラーメン店、カレー屋や魅惑的な立ち飲みが急増中で、平成21(2009)年6月8日に開店した”かこも”もそんな立ち飲み屋のひとつで、お洒 … Continue reading

Posted in 巡礼 | Leave a comment

25杯目「さかなでいっぱいプラス」

さかなと女性客がいっぱい JR住吉駅の南側に魚が美味しい立ち飲み屋があると聞いて出掛けたのが昨日のように思い出される。17年前の平成14(2002)年に開店した店を切り盛りするのは、30年近く魚屋を経営していたオーナーの … Continue reading

Posted in 巡礼 | Leave a comment

24杯目「立ち呑み処まる」

元魚屋の店主が営む、魚が安くてうまい立ち飲み 神戸角打ち巡礼は今回で24杯目になります。順調に進んでいるように見える巡礼ですが、住宅地である東灘区に入ってから、その困難さが目立ってきました。「神戸立ち呑み八十八カ所巡礼」 … Continue reading

Posted in 巡礼 | Leave a comment

23杯目「松屋酒店」

店主は元フレンチのシェフ 濱田屋から東へしばらく歩くと覚浄寺交差点に差し掛かる。長い間気がつかなかったのが不思議だが、魚崎郷を示す立派なモニュメントが見える。なんと筆者の知人である女性デザイナーの手によるものと、最近にな … Continue reading

Posted in 巡礼 | Leave a comment