ビッグフィッシング

週末釣場情報

今週末、週明けにどこで何が釣れるのか!?地域別に徹底解説!
情報提供: (週刊釣場速報)

※2017年4月20日時点の情報です

【01】日本海

地図

日本海方面は京都白石グリで、フカセ釣りの大型青物が絶好調。
先週はメーター級混じりでヒラマサが連発しました。ブリやメジロも上がり、お土産十分の釣果です。

福井の越前-三国沖では、春の大(おお)ダイが魅力です。
80cmクラスの大型を筆頭に、60~70cmの良型がコンスタントに釣れています。
内浦湾や小浜(おばま)湾の筏では、アジが好調です。


【02】瀬戸内・大阪湾

地図

瀬戸内は相生(あいおい)発の乗合船で、小豆島周辺のアコウ釣りが始まりました。
ノマセ釣りで50cmオーバーの大型も出るハイポテンシャルなポイントなので、今シーズンも楽しみです。

大阪湾各沖の半夜便では、メバルが良型混じりで好調です。
谷川・小島沖では、胴突き仕かけでガシラ、小ダイ、イシモチなどを狙う、手軽な五目釣りが人気です。


【03】和歌山

地図

和歌山は、各地で乗っ込みマダイが活況を呈しています。
紀北の波止釣りは、ワインドのタチウオが好調。
美浜沖・見老津沖のジャンボイサギが本番を迎え、白浜沖の中深海では、オコゼの食いが活発です。


【04】三重

地図

三重は鳥羽-志摩方面で、乗っ込みの大型チヌが続々と上がっています。
紀北エリアでは、ボートエギング、ヤエン釣りでアオリイカが好調。
1キロ前後を中心に、2キロクラスも混じってきます。