ビッグフィッシング

週末釣場情報

今週末、週明けにどこで何が釣れるのか!?地域別に徹底解説!
情報提供: (週刊釣場速報)

※2017年11月16日時点の情報です

【01】日本海

地図

日本海方面は、京都・経ケ岬沖でマダラが荒食いモード。
90cmクラスを含め、連日船中3ケタ釣果がでています。
ジャンボメダイも好調で、こちらも今がおすすめです。

福井各沖のマイカは胴長25~30cmのよく肥えたサイズが中心でボリューム満点。
鷹巣沖ではメジロが船中2ケタと狙い目です。


【02】瀬戸内・大阪湾

地図

瀬戸内は、相生発のティップランで良い人2ケタをキープ中。
各沖では、タチウオの食いが復調してきました。
坊勢島の海上釣り堀では特大ブリも有望です。

鳴門海峡のノマセ釣りは、ハマチ・メジロが復調。
阿南沖ではシオが釣れていて、サワラ・メジロ混じりで楽しめます。

大阪湾のタチウオは日ムラが激しかったものの、トップがジギングで50匹、テンヤで40匹といった大爆釣dayもありました。


【03】和歌山

地図

和歌山友ヶ島のマダイは、秋のベストシーズンを迎えています。
60cm以上の良型も混じってコンスタントに釣れています。
見老津沖のシマアジ、串本沖のメジロ・ブリも好調。
串本沖ではアカイカも釣れていて、イカメタルやイカ泳がせの青物も面白いですよ。


【04】三重

地図

三重県鳥羽・国崎沖はウタセマダイが連日2ケタ釣果。
マダイのほか、ハマチやメジロ、シオも混じってクーラー満タンもあります。