ビッグフィッシング

週末釣場情報

今週末、週明けにどこで何が釣れるのか!?地域別に徹底解説!
情報提供: (週刊釣場速報)

※2019年3月14日時点の情報です

【01】日本海

地図

日本海方面は、京都・浦島グリのオキメバルが数、サイズともに本格化してきました。
30cmクラスの良型中心に、1人20~40匹とボリューム満点。
シロソイもまじってきます。
福井・小浜湾仏谷の筏では、年なしチヌが大乱舞。
56cmを頭に、50cmオーバーを1人で6匹など、今シーズンは大チヌの気配満点です。
3月15日に開幕する、若狭大島の筏も楽しみです。


【02】瀬戸内・大阪湾

地図

瀬戸内は、兵庫・相生発のサビキマダイが、良型まじりで2ケタ釣果あり。
淡路島・福良の釣り堀では、マダイが2ケタ釣果続出で、お土産十分、魅力も十分です。
徳島・伊島沖のジギングは、クロムツ、キンメダイが良型まじりに好調。
鳴門海峡のサビキメバルは、1人20匹前後釣れています。
大阪湾のタチウオは、まだまだ好調。
139cmの超大型が登場し、数釣りの好釣果も続々。まだまだ数もサイズも期待できます。


【03】和歌山

地図

和歌山友ケ島周辺の五目釣りは、ガシラ80匹オーバーの大釣りがあったほか、ギジエマダイの良型マダイも有望です。
白浜沖では、乗っ込みの大型マダイの強い引きが楽しめます。


【04】三重

地図

三重県鳥羽・石鏡発の深海釣りで、キンメダイが全員2ケタと好調です。
潮次第では、アコウダイも面白そう。
矢口浦のレンタルボートでは、キスの好機到来。
良型まじりで、数釣りが楽しめます。