ビッグフィッシング

週末釣場情報

今週末、週明けにどこで何が釣れるのか!?地域別に徹底解説!
情報提供: (週刊釣場速報)

※2018年11月15日時点の情報です

【01】日本海

地図

日本海方面は、鳥取、兵庫、京都の各沖で、いぜんシロイカが数釣れています。

京都・浦島グリではオキメバルが好調で、30センチクラスを中心にクーラー満タン続出中。

福井の各沖でもマイカが狙い目です。メタボサイズの型揃いでボリューム満点。
まだまだ1人3ケタもありますよ。


【02】瀬戸内・大阪湾

地図

瀬戸内は、家島坊勢の釣り堀で超高級魚クエが釣れています。
青物などもまじって好釣果が期待できます。

神戸舞子沖のノマセでは、最大98センチのブリが船中4匹出るなど数、型ともに釣れています。

徳島鳴門海峡ではサビキで食べごろサイズのマダイが2ケタ狙えます。

阿南沖のカワハギは連日竿頭30匹から40匹と安定しています。

大阪湾は泉佐野発のマアジで40cmオーバーが釣れています。
大阪各沖のタチウオも40匹以上の数釣りが続出中。


【03】和歌山

地図

和歌山見老津のノマセで148センチ40キロの超大型クエが釣れました。

串本カセでは、メジロがコンスタントに連れているほかジャンボイサギも上がっています。


【04】三重

地図

三重県紀北町エリアのボートエギングで1キロオーバーのアオリイカがヒットしています。

鳥羽沖ではジギングでタチウオの数釣りが可能。
サワラ、メジロ、ブリなども交じって好釣果が出ています。