ビッグフィッシング

週末釣場情報

今週末、週明けにどこで何が釣れるのか!?地域別に徹底解説!
情報提供: (週刊釣場速報)

※2019年7月18日時点の情報です

【01】日本海

地図

日本海方面は、京都・経ヶ岬沖でマダラが好発進。
90センチクラスを頭に船中50匹オーバーと、数・型ともに期待できます。
また、ソウハチカレイが船中3ケタ釣果も上がるなど、お土産は確実です。
京都各沖はシロイカが狙い目です。

福井・玄達瀬はヒラマサが好調。
50~60センチを中心に、メーター級もまじって船中40匹以上と数釣りが楽しめます。
若狭大島の筏では夏チヌがよく釣れています。
福井の各沖ではマイカが好調で期待大。


【02】瀬戸内・大阪湾

地図

瀬戸内は、兵庫・相生発ノマセ釣りのアコウが、50センチの大型も釣れていて魅力十分。
坊勢島の釣り堀では青物の活性が高く、今なら初心者でも大型青物の強い引きが楽しめそうです。

高知・室戸岬沖のウキ流し釣りは140センチクラスの大型カンパチが釣れています。
徳島・伊島沖のジギングでは、メジロが船中2ケタ釣れる日もありました。

大阪湾の各沖ではタチウオが数・型ともに好調です。
141センチのスーパードラゴンも釣れていて、型狙いなら今がチャンス。
忠岡発の落とし込みでは、ブリ・アコウ・ヒラメなど魚種豊富に釣れています。


【03】和歌山

地図

和歌山・友ケ島周辺の五目釣りは30センチクラスのアジを中心に、ガシラや小ダイなど、多彩なお土産が期待できます。
南紀各地では、夜アカイカの数釣りが楽しめそうです。
各波止ではアジやツバス、アオリイカなどが釣れています。


【04】三重

地図

三重県・鳥羽沖はマダコのチャンス到来です。
タコエギで簡単に釣れるので初心者にもオススメ。
礫浦発の半夜便は、イカメタルのアカイカが好感触です。
さらにアジングで良型アジも合わせて好釣果が期待できそうです。