ビッグフィッシング

週末釣場情報

今週末、週明けにどこで何が釣れるのか!?地域別に徹底解説!
情報提供: (週刊釣場速報)

※2015年1月12日時点の情報です

【01】日本海

地図

日本海方面は、京都舞鶴沖のマダイ、メダイ釣りがオススメです。
メダイは80cmの大型も上がって魅力十分。
他にもブリやアジ、アマダイなども混じった五目釣りができますよ。

福井の各沖では、ヤリイカが活気づいてきました。
小浜沖ではオールナイト便で竿頭193バイ。少ない人でも100パイと船中全員3ケタ釣果の日もありました。
音海の筏、磯では40cmクラスのグレが狙い目です。


【02】瀬戸内・大阪湾

地図

瀬戸内は小豆島周辺で、サビキマダイが快調です。
相生発の乗合船では、トップで20匹オーバーの釣果も出ています。

徳島鳴門周辺では、サビキメバルが好スタートを切りました。
良型まじりで数釣りも楽しめます。
高知行当沖のウキ流し釣りでは、10kgクラスのブリが上がっています。

大阪湾では2017年の幕開けも、依然タチウオが絶好調です。
メーター級、ドラゴン級も混じって、1人30匹オーバーも出ています。


【03】和歌山

地図

和歌山の白浜沖では、美味しい高級魚クロムツが爆釣モードで、1船で60匹オーバーもありました。
中深海のクロムツ、キンメダイ狙いは、エサでもジギングでも狙えます。


【04】三重

地図

三重では白石湖の筏が元日よりスタートし、40cm~50cmのチヌが続々と上がっています。
紀東エリアの半夜イカゲームは、アカイカ、ヤリイカ、スルメイカと3種類のイカ三昧が楽しめますよ。


今週のピックアップ

和歌山県みなべ沖の、グレのかかり釣りが面白くなってきました。
水温は17度前後で安定しているため、これから爆釣が期待できそうですね。
3日は午後便で出船。潮の動きが悪く少し食い渋りましたが、それでも4人で34-42cmのグレを54匹と、38cmのアイゴを1匹。
4日の午前便は、潮が全く動かずグレ1匹にイサギ1匹と撃沈しましたが、午後便になって潮が動き出し、竿頭は34-40cmのグレを20匹。
2番手の人も39cmを筆頭にグレ5匹と、42cmのアイゴを釣っています。
5日は午後便で2人が出船し、32-39cmのグレが33匹釣れましたが、食い渋りのためか、ハリ外れが多かったようです。

☆純栄丸 0739-72-5353