ビッグフィッシング

週末釣場情報

今週末、週明けにどこで何が釣れるのか!?地域別に徹底解説!
情報提供: (週刊釣場速報)

※2020年2月27日時点の情報です

【01】日本海

地図

日本海方面は、京都・宮津沖でオニカサゴが狙い目。
40センチオーバーの大型もまじって、ガシラと合わせてお土産は十分です。
舞鶴沖は、アジやサバなどを含む五目釣りに、夜はヤリイカも楽しめるでしょう。

福井・小浜(おばま)から敦賀沖では、ヤリイカの乗りが最高潮。
オールナイト便では200パイ超えを頭に大釣りが続出しました。
仏谷(ほとけだに)の筏は3月1日解禁で大型のチヌに期待大です。


【02】瀬戸内・大阪湾

地図

瀬戸内は、兵庫各沖のメバルが大型もまじって絶好調です。
午前便では30センチオーバーの大型もまじって釣れていて、期待が持てます。
小豆島周辺のサビキマダイは、40センチ前後を頭に船中2ケタ釣果もありました。

徳島・伊島沖のジギングでは大型のイシナギが釣れていて魅力十分です。
高知・室戸岬沖のウキ流し釣りは青物の活性が上がり始めていて今後の釣果に期待できます。

大阪湾各地のマアジは40センチクラスの大型もまじってよい人2ケタと好釣果が望めるでしょう。
岬町の釣り堀ではマダイやサクラマスが好調に釣れていて、初心者でも楽しめそうです。


【03】和歌山

地図

和歌山・友ヶ島周辺の五目釣りで40センチを超える良型のアジが釣れました。
見老津沖ではジャンボイサギが釣れ始めています。
潮岬沖では型のいいシマアジが狙えます。


【04】三重

地図

三重県は、鳥羽沖のイワシノマセでヒラメやマハタなど嬉しいお土産が続々です。
白石湖の筏やカセではチヌが年なしクラスもまじって好調に釣れています。