私がアナウンサーとしての、産声をあげるまで。

初鳴き(デビュー)に至るまで、
アナウンス室の先輩から、たくさんのアドバイスを頂きました。

シーズン中で忙しいにも関わらず空いている時間に見てくださり、基礎を叩き込んでくださった湯浅室長、
資料をデスクにそっと置いてくださり、原稿や新聞の読み方を教えてくださった小浜さん、
初日の研修から読みを聞いてくださり、褒めちぎる達人の木内さん、
産休中で直接ご挨拶できていないのですが、初鳴きを見てくださったという影谷さん、
研修初日、発声方法を指導してくださり、初鳴きの前日に手書きメッセージをくださった榎木さん、

初日に「腹は黒くないのですか?」(社内のプロフィールに少し黒いです。腹は黒くないです。と書いてあるのです。笑)と不躾なことを言ったのに笑顔で返してくれた橋本さん、
(いつもスタジオについてくださってアドバイスありがとうございます。)
読み方のいろんな方法・種類をアドバイスしてくださって、美味しいお弁当屋さんを教えてくれた松浦さん、
サンテレビの歴史や、読み方、実践の機会をたくさん設けてくださって、私に自信をつけさせてくださった谷口さん、
そして、毎回の天気予報のトークで何が飛び出すか楽しみな天気予報士の前田さん。

みなさんのおかげで、ようやくスタートラインに立つことができました。
ありがとうございます!

研修中は先輩方に読みを聞いてもらう以外にも、
自分で録音・動画を撮って聞いてみる!といった練習もしていました。

ブースに引きこもって、こんな感じで、、、笑

なので、最後にこのスマートフォンの生みの親、
スティーブジョブズにもお礼を言わせてください。
ありがとうございます!と。笑

まだ鳴き始めたばかり、、、
これから、鶯の鳴き声のように
みなさんの心に届くよう鳴き続けます。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.