悔いしか残らなかった夏

高校野球でうれしいニュースが2つ飛び込んできましたね。
兵庫での独自大会とセンバツ出場校の交流試合!

球児たち、特に高校3年生には悔いのないプレーをして欲しいと心から思います。
というのも、私が高校球児だった最後の夏に、今でも悔いが残っているからです。

舞台は横浜スタジアム。
終盤、一打逆転、満塁のチャンスで打席に。
カウントは、フルカウント。

運命の一球…。

外めの直球になぜか手が出ず、
痛恨の見逃し三振。

その日は3安打したものの、
前の打席で低めのスライダーにやられていたのが頭に残っていました。
四球もある。低めのスライダーだけは、手を出さないように。

出さないように…。
出さないように…。
出さないように…。

とココ一番で消極的になってしまったのです。

なぜあそこで、変化球が来たら仕方ない。自分で決めるんだ。
1,2,3でまっすぐだけに合わせようと、
開き直れなおれなかったのだろうと、今でも悔いが残ります。

空振りでも、何かが起きたかもしれないのに…。
振らないと、何も始まらないのに…。

今でも大事な場面で引いてしまうのは、悪い性分です。

高校野球の季節になると、あの日の弱い自分を思い出します。

球児の皆さん、
ピンチの時、逆境の時程ほど、自信をもって!
自信とは自分を信じると書きます。

悔いのない、積極プレーで、自分を出し切って下さい!!

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.