議員年金復活の動き、皆さんどう思います?

議員年金を復活させる動きが出ています。

与党の国会議員が法案を国会に提出しようとしています。

議員特権との批判を受けて、廃止されたはずなのに、なぜ?

(実は、完全廃止ではありませんでしたが…これも納得いきません)

兵庫県議の年収は約1408万円

神戸市議の年収は約1568万円

これでも厚生年金は必要でしょうか?

(両議会とも政務活動費の不祥事があったにも関わらず、ボーナスUP条例案を可決しています)

地方で議員の成り手が居ないから、報酬アップ?

議員年金があれば成り手が増える?

いやいや。

ちょっと待って。

サラリーマンでも、お金や組織や知名度がなくても、

まっとうな人が議員になれるような、根本的な改革をするのが筋でしょう。

いま国と地方の借金は1000兆円。

人口が減り、高齢化が進み、子どもや孫たちの代には、どんどん先細りになる。

国や地方からの支出を減らさないといけないのに、

議員年金に200億円の支出は本当に必要でしょうか?

これ以上、借金のツケを後の世代に、押し付けるのですか?

議員たちだけ、いい目を見ればいいのですか?

“今だけ、金だけ、自分だけ”

…そろそろやめませんか。

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.