ナレーションの極意1

テレビを見ていて、
「すごくいいナレーションするなあ」という他局のアナウンサーの方が2人います。

ナレーションで言えば、関西で2本の指に入ると(私は)思います。

Aさんは、緩急自在、硬軟織り交ぜた表現力。
“ナレーションでここまで表現できるんだ”と感じさせてくれる方。

Bさんのナレーションは、耳にすっと入って来る。
かつ映像やナレ原稿を何倍にも引き立てる、“誠実な人柄が”声に出ている方。

他局の方ではありますが、
思い切って、つてをだどって、お二人に会いに行ってきました。

ナレーションの極意を知るために…。
次回に続く。

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.