2017レギュラーシーズン終了!そして…

今年のプロ野球レギュラーシーズンは10月10日で終了。
これからCS・日本Sと大詰めを迎えます。

タイガースは去年の4位から順位を上げて2位
CSに向けて調整を続けています。

10月10日はタイガースにとってのレギュラーシーズン
最終戦でしたが、同時に16年間チームを支えた安藤投手の
引退試合新井良太選手の現役最後の試合となりました。

試合は4番福留・5番大山の打順がはまり、アベックホームランを
含めて2人で6打点。安藤投手の最終登板に花を添えました。

8回に金本監督が待つマウンドに上がった安藤投手。
ドラゴンズの石川選手にプロ初HRを許しましたが、
続く野本選手の三遊間に抜けそうな打球を新井良太選手が
ファインプレーでアウトにするという、なんとも劇的な形で
最後のアウトをとりました。
試合後は「緊張したけど、マウンドに上がって初めて楽しいと思った」
振り返った安藤投手。

取材した際は表情に出したり、言葉にすることはほとんどありませんが
やはりプロ野球選手は常に大きなプレッシャーと戦い続けているんだと
感じました。

それと、リリーフしたのが19歳のルーキー才木投手というのも、個人的にはたまらない選手起用でした。

一方新井良太選手は6回から代打で登場し試合終了までサードの
守備にもつきました。2打席でヒットは出ませんでしたが、
何度もファンを魅了したフルスイングは健在で、
まだまだプレーできるんじゃないかと思った方も多かったと思います。

記者席には兄の貴浩選手姿もあり、弟の姿を一瞬も見逃さないぞという表情が印象的でした。

安藤投手・新井良太選手、長い間お疲れ様でした。
長年の酷使で体は悲鳴をあげていると思いますのでまずはゆっくり
して下さいm(_ _)m

この試合の模様は10月13日(金)夜8時から始まる
熱血!タイガース党」で
たっぷりお伝えしますので是非ご覧ください!

「木内の抜きうちショット!」のコーナーでは、引退試合前の
安藤投手を直撃していますので、こちらもお楽しみに!

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.