熱血キャンプリポート part3

第1クールが終わり、今日は休日。ここまで沖縄組は大きなケガ人もなく(鳥谷、藤井選手は発熱ダウンですが)順調に来ています。

03

第1クールは和田監督が話した通り、体力作りをテーマに下半身を鍛えるメニューが多かったと思います。それと例年に比べても全体練習の時間が長くなっていて、特に守備や走塁といったチームプレーの確認により時間を割いているなという印象でした。
その後の個別練習でも各選手が明確に目的をもって取り組んでいますので納得いくまで練習ができているのではないでしょうか。

私個人としては福留選手の練習ぶりが一番印象に残っています
連日ランチ特打をしたり全体練習後にロングティー、マシン打撃と徹底的に打ち込んで振り込んでいます。ベテランがこれだけ練習すると、若手もしないわけにはいかなくなり、チームにも非常にいい影響を与えていると思います。

03

和田監督は「第2クールは実戦も入ってくるし、本当の競争が始まる」と話していました。特に若手選手はキャンプ中の実戦でアピールしないと開幕一軍も見えてきませんので、これからの競争が非常に楽しみであり、切磋琢磨してタイガースのレベルが上がることを期待したいです。
それと第2クールにはオスンファン投手がブルペン入りする予定ですので、新守護神の動向からも目が離せません(`_´)ゞ

03

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.