大阪マラソン初挑戦!

え~、今年初めてコラムを更新させていただきます。
「こんな奴いたっけ?」と言わずご一読いただければ幸いです。

さて、表題の通り先月30日に行われた第6回大阪マラソンの抽選に当たり、
初めて大阪の街を走ってきました。┌(;^д^)┘

4度目の応募で初当選ですから、これまで抽選なしで神戸を走らせてもらっていたことが
いかにありがたいかを改めて感じました。

今年は神戸マラソンを走る予定がなかったので、ランニングに対する
モチベーションを保つのにも最適でした。

6月ごろから準備を始め、9月・10月で計270キロの距離をつみ、
去年はできなかった30キロ走もなんとかこなして、足の痛みもほとんどない
最高のコンディションでスタートを迎えることができました。<(・`ω´・)

目標は4時間以内でフィニッシュする「サブ4」
去年神戸で撃沈したので、その悔しさをなんとか晴らしたいという思いで
練習をつんできました。

スタートまでN君と一緒で心強かったぁ~

スタートまでN君と一緒で心強かったぁ~

そして迎えた当日。会社の同僚で同い歳のN君
当選したということで、スタートまでは一緒に行動してもらいました。
N君は初マラソンながら、1月から毎月200キロも距離をつんできたつわものです!

さすがは3万人の大阪マラソン!めっちゃ人が多かったです

さすがは3万人の大阪マラソン!めっちゃ人が多かったです

スタートはDブロック。比較的前の方で助かりました。それでも
スタート地点からはおよそ200m程。N君は初マラソンということで
Oブロック…。スタート地点までは30分近くかかったそうです(/ _ ; )

午前9時にスタートの号砲が鳴り、私がスタート地点を通過したのは6分7秒でした。
左に大阪城がチラッと見えながら、いきなり緩やかな下り。環状線沿いに南下して
千日前通りを右に折れるとのぼり坂。この坂を下るとあとはずーっとフラットです。

5キロ過ぎで体があったまる頃に御堂筋に差し掛かりました。
普段は南へ一方通行の大通りを堂々と北上。沿道にはたくさんの応援もありましたし、
この広い道を走ることができて大満足でした。

表情が物語ります。ホンマに苦しかったと…

表情が物語ります。ホンマに苦しかったと…

3キロ過ぎからほぼ5分30秒のペースをキープしたまま35キロまで
ほぼ思い通りのペース。しかし、何度フルマラソンを経験しても
この距離までくると「どーーん!」と足にきますね…( ´Д`)

前に行きたくても足が思うように上がらず、徐々にペースダウン。
さらには37キロ地点に大阪南港へ渡る港大橋の上り坂が追いうちをかけ、
バテバテに…。

ラストで余力があったらペースを上げようなんて考えていた自分に
「アホか!」とツッコミをいれたくなるほど苦しかったです。

下手したら4時間切りが危ない!という感じになってきたのが
良かったのか、なんとか気力を振りしぼってラスト5キロを走り抜きました。
去年の神戸マラソンではそういう苦しいところでがんばりきれなかったので
その経験も大きかったと思います。

フィニッシュしてしばらくすると、ジワジワと満足感も

フィニッシュしてしばらくすると、ジワジワと満足感も

フィニッシュしたのが4時間をすこし経過した13時02分31秒でしたが、
スタート地点までの6分7秒を差し引いて、正式タイムは
3時間56分24秒!

グロスでも4時間を切りたかったのですが、ネットタイムでなんとか
サブ4を達成できましたp(^_^)q

何とか3度目のサブ4達成!よかったぁ(=´∀`)人(´∀`=)

何とか3度目のサブ4達成!よかったぁ(=´∀`)人(´∀`=)

ただ、フィニッシュ直後は満足感よりも、「もう、こんな苦しい思いはイヤや~!」
という思いの方が強かったですね(^_^;)∂

ただ、足の筋肉痛も治まり、ふと思い返してみると
もう少し筋肉の持久力を高めれば、最後までペースを維持できたんじゃないか?とか
水分補給とミネラル補給をしっかりしていれば、体が動いたんじゃないか?
と思ったりもしています。

今回は完全プライベートのフルマラソンで、朝早くに会場に来て荷物を預けて、
長い時間スタートを待つ一般のランナーの方と同じ動きをしたので、
いい経験になりました。

この経験を今月20日の神戸マラソンの仕事につなげていけたらと思います( ̄^ ̄)ゞ

Posted in 日記 | 大阪マラソン初挑戦! はコメントを受け付けていません。

5度目の神戸マラソンを振り返る…

12月に入り、今年も残すところあと少し。
私にとっての一大イベント&仕事でもある神戸マラソンが終わり
早20日以上が過ぎました。
走る前にさんざんこのコラムでも書いてきたので
皆さんに遅ればせながらの結果報告をさせてもらいます。

期待と不安のスタート地点!

期待と不安のスタート地点!

まずは結果ですが、目標の3時間半切りか自己ベスト更新を
達成できず、4時間12分46秒でのフィニッシュとなりました。

過去4回は番組での色々なミッションをかかえて、自己ベストを目指したり
メモリアルランナーに付き添ったりして、ほぼ思っていた通りの
結果を残してきましたが、5回目にして初めて大きな壁にぶち当たりました。

折り返し。ここまでは全然大丈夫でしたが…。

折り返し。ここまでは全然大丈夫でしたが…。

思い当たる原因はいくつかあります。当日の気温が高く、マラソンには厳しい環境であったことや
カーボローディングの失敗、レース時のエネルギー過剰摂取などです。
その中でも一番は「自分への甘さ」だったと思います。

練習で踏むべき距離はこれまでで一番でした。しかし、その中身が甘かったと思います。
練習の鉄則は少しでも足などに違和感を感じたら無理をしないことですが、
違和感を感じそうやなぁという段階でやめることが多かったです。
例えば、30キロ走をやるぞとスタートしましたが、20キロ手前でしんどいという
気持ちになり、そのまま20キロでやめてしまったり、
今日は雨だし練習はやめておこうということが何度かありました。

最低でも1回2回はしんどいところを乗り越えて練習していれば、
本番でつらくなっても、もう少し頑張れたのではないかなと思いました。

世界の盗塁王・福本豊さんが「練習はウソをつかない」とよくおっしゃっていますが、
まさにその通りだと思います。

練習で無理をし過ぎるのはよくないですが、少々の無理はするべきだということを
今回のレースで学びました。

私はフルマラソンは「人生の縮図」と思っています。
最初は快調にいってても途中必ずつらいポイントもでてくる。そこを乗り越えて
フィニッシュできれば大きな達成感が得られる。
でも今回はつらいところを乗り越えられずに逃げてしまい、
フィニッシュしても後悔が残っただけ…。

これも一つの人生ですよね。

フィニッシュ!表情が全てを物語っています…。

フィニッシュ!表情が全てを物語っています…。

今回の神戸マラソンは結果的に悔しい思いをしましたが、
違う意味で大きなことを学ぶことができました。

次にフルマラソンに挑戦する機会があれば、今回の反省を踏まえて
目標をクリアできるよう努力したいと思います。

今回も、沿道で応援してくださった方やボランティアの皆様、
記録に挑戦させていただいたスタッフの皆様に感謝申し上げます。

ただ、しばらくは長距離走はおやすみします (^_^;)∂

Posted in 日記 | 5度目の神戸マラソンを振り返る… はコメントを受け付けていません。

神戸マラソンまであと…

神戸マラソンまで2週間を切りました。そろそろ練習の強度を
緩めて体調を整える時期に入ってきました。

3年ぶりの本気ラン!ということでシューズを新調しました

3年ぶりの本気ラン!ということでシューズを新調しました

今年は姫路マラソンで出した3時間47分42秒の自己記録はもちろん
あわよくば3時間30分切りを目指しています。

ペースで言うとキロ5分弱で最初から最後まで通せれば達成できる記録ですが、
「フルマラソン、何が起こるかわからない!」(七五調^^;)
ということで4分45秒ペースでいかなければいけません。
はっきり言って今の自分のレベルと身体能力では限界以上のペースだと思います。

実際練習で4分45秒ペースで走ってはいますが、少し息が上がる感じなので
とても42キロもつとは思えません。

ただ、今回で走らせてもらえるのが5回目ということで、自分の中では一つの節目
考えています。最後になるかもしれない神戸マラソンを悔いなく走るためにも
行けるところまで行こうと決めました。
ですから、目標を達成できるか、途中でボロボロになってとんでもないことになるか
どちらかになるんじゃないかなと思っています。

目標に対して練習量は少ないと思いますが、自分の中では10月に月間自己最多の
170キロを走りました。この微々たる練習を力に変えてがんばります。

会社から家まで3度走ったのが大きく、月間自己最多170キロ走破!

会社から家まで3度走ったのが大きく、月間自己最多170キロ走破!

毎年沿道では「走りたくても走れない人がいる」というプラカードも見かけます。
年々競争率も上がる中、テレビの取材枠で走らせていただけることに感謝しながら
一歩一歩踏みしめていきたいと思います。
そして当日の番組では経験してきたことを市民ランナー目線でお伝えします。

走られる方はしっかりと体調を整えて、共にそれぞれの目標を達成しましょう!

Posted in 日記 | 神戸マラソンまであと… はコメントを受け付けていません。

今年も┌(;^д^)┘

第5回神戸マラソンまで1ヶ月を切りました。
出場されるランナーの皆さん、コンディションはいかがですか?

私はありがたいことに取材枠で今年も走らせていただくことになりました。
早いもので今年で5回目のチャレンジになります。
個人的には節目の大会と位置付けて、ズバリ!目標は3時間30分!

・・・

1キロ5分ペースをずっと続けて、やっとこの時間でフィニッシュできます。
ですから実質は最低キロ4分45秒ペースでないと
まずこのタイムは出ません。

今のところ10月は90キロ近く走っていますが、
このペースで練習すると少し息が上がるので、42キロ続けるのは
かなり厳しい見込みです…(^_^;)∂

とにかく頑張るのみなんですが、頑張るだけでは体が痛んでしまうので
しっかりとケアすることも大切です。
そこで私には心強い味方がいるんです。

近所にある鍼灸接骨院のY先生は、2回目の神戸マラソン前から診てもらっていて、
私以上に私の体の状態をわかってくれています。
なんと、さわっただけでどこが痛いか、疲れているかまでわかってしまうんです。

体のマッサージだけではなく、筋力の弱い部分なども指摘していただき、
鍛え方のアドバイスや、疑問にも答えていただいています。

私は本格的な練習を始めると必ず右の太もも裏が固くなり、ストレッチをしても
痛みが伴って伸ばしにくくなるんですが、その理由も教えていただきました。

「筋肉が固くなるのは、体が自然に防御作用を働かせているから」だそうです。
利き足が右なので、走るときはどうしても右足に負担がかかってしまいます。
この時、もし右足の筋肉が緩んでいたら、負担にたえられずにケガにつながってしまうんだそうです。

「なるほど~」と納得してしまいました。
ですから治療の際は最低限の凝りを取り除いて動きやすくすることが大切です。

個人差はあるとは思いますけど、痛みとはうまく付き合っていけば
体にとってはかえっていいのかなと思いました。

Y先生。いつもありがとうございます!d(^_^o)

様々な人に支えられながらのマラソンですから、テレビを見ている皆さんに
レースの様子などをお伝えできるよう、しっかり走っていきたいと思います。

Posted in 日記 | 今年も┌(;^д^)┘ はコメントを受け付けていません。

富士の国だぁ~~~~~~!

行ってきました!行ってきました!行ってきましたー!

ちょっと前の話になりますが、長渕剛さん(以下敬称略。剛と呼ばせていただきます)
富士山麓のふもとっぱらで行われたオールナイトライブに行ってきました~!

8月の忙しい最中。その日は奇跡的に夏休みだと気づき、剛仲間の方にチケットを
とっていただきました。

神戸を出発してバスでおよそ8時間。開演の2時間前にようやく到着。
会場のふもとっぱらはすでに熱気に包まれていました。
グッズ売り場は長蛇の列!食事ブースも黒山の人だかり!

会場は東京ドームおよそ7個分の広さ!

会場は東京ドームおよそ7個分の広さ!

剛ファンの皆さんが10万人もここにいる!
そう思っただけで気持ちが高ぶりました!
そして、広大な会場で私の席はなんと!ステージの目の前ではありませんか!
眼前にそびえ建つステージはゴツゴツとして無機質ではありましたが、
同時に富士山の稜線をイメージでき、
強さとやさしさを兼ね備えた、まさに我らが剛のようなステージでした。

なんと!ステージが目の前!!

なんと!ステージが目の前!!

開演までにグッズの購入(といってもタオルやTシャツは売り切れ…)を済ませ
あとは剛の登場を待つのみ。
豪華な花火と地元の方々の太鼓による演技のあと、ついにその時は来ました。

目と鼻の先に剛がいます。思わず「つよしー!」と叫んでいました。

「ジャパーァーン!」の第一声から始まったオールナイトライブ!第1部がおよそ2時間半。
第2部が1時間半。第3部が1時間10分。第4部が1時間40分。計およそ7時間は夢のような時間でした。その時の興奮や感動は熱く、そして長くなりすぎるのでここでは語りませんが
一つだけ言わせてください!

今回のテーマの一つが「日本一の富士山から10万人の力で剛と一緒に太陽を引きずりだすこと」
ところが、前日まではずっと雨だったそうで、ライブ当日も曇りでした。
日の出を全員で見届けられるのか…?
ライブ中はあまり考えてなかったですが、休憩中は空を見上げながら、ふと不安にかられました。
10万人のファンの中にもそういう人がいたかもしれません。

しかし、それは杞憂に終わりました。
夜も明け始めた5時20分。みんなで太陽を引きずり出すために剛がつくった「富士の国」という
曲が始まったとたんに雲が晴れていくではありませんか!
およそ20分間の大合唱!拳を突き上げて「うぉ~うぉ~!」と叫ぶ我々と剛の前で
富士山の向こうから昇ってきた太陽がにっこり微笑んでいました。

みんなで太陽をひきずりだしたぞーーー!

みんなで太陽をひきずりだしたぞーーー!

人は「ただの日の出やん」と言います。
でも、私は言いたい「8月23日。富士山から昇ってきた太陽は、間違いなく剛と我々10万人が引きずり出したんだ」と…。

いやぁ~すいません。熱くなりすぎてしまいました (^_^;)∂

富士山の裾野から昇る太陽。まさに絶景ですね。

富士山の裾野から昇る太陽。まさに絶景ですね。

2015年8月22日・23日。私にとって生涯忘れない日になるでしょう…。

ありがとう!つよし~!d(^_^o)

大満足のオールナイトライブでした~!

大満足のオールナイトライブでした~!

Posted in 日記 | 富士の国だぁ~~~~~~! はコメントを受け付けていません。

姫路城マラソン2015

姫路城マラソン2015から1ヶ月が経ちました。
今回の走りはどうだったのか、忘備録も兼ねて振り返っていきたいと思います。

今回が第1回の開催となった姫路城マラソン。
男女合わせて6000人以上のランナーが姫路城をバックにスタートし、
姫路の街から夢前川の上流で折り返し再び姫路城に帰ってくるという
42.195キロに挑みました。

私のミッションは2012年の神戸マラソンで記録した自己ベストの3時間51分12秒の更新
生中継した番組で姫路城マラソンをランナー目線で語ること。

2012年の時はサブ4を目指して半年前から入念にトレーニングを重ね、
結構な距離を踏んで臨み、目標を達成できました。
ところが今回はトレーニング期間が寒い冬場ということで
中々トレーニングにも熱が入らず、レース直前の1ヶ月でようやく100キロを走った
程度でした。しかもその1ヶ月間右足の裏がずっと痛い状態が続いていました。

毎回膝にはテーピングをしますが、今回は右足裏もテーピング

毎回膝にはテーピングをしますが、今回は右足裏もテーピング

当日はテーピングでなんとか痛みをごまかして、さぁ行くぞとホテルから外に出たら雨…。
スタート直前にはさらに雨脚が強まり、ちゃんとフィニッシュできるのか
不安でいっぱいでした。

スタート直前までは雨でどうなることかと…

スタート直前までは雨でどうなることかと…

そして号砲。

私は一番後ろのCブロックからスタートしたので、号砲からスタート地点まで4分30秒ぐらい
かかりました。スタート直後には幸い雨がやみ、気温は2月末にしてはやや高め、
冬にしては雨のお陰で湿度も高く、ランナーにとってはいいコンディションになっていました。

自己記録更新のためには1キロあたり5分25秒ペースで走らなければなりません。
プランとしてはいきなりそのペースで行くと後半もたないので
徐々にペースを上げて、10キロ地点から行けるところまで5分ペースで行こうと
考えていました。

5キロから10キロでもう少しペースを上げられればもっといい記録だったかも…

5キロから10キロでもう少しペースを上げられればもっといい記録だったかも…

最初の1キロが6分44秒。スタートの混雑を考えればまずまずの入り。
スタート直後は体力も満タンなのでついついオーバーペースになってしまいますが
そこは5度目のフルマラソンということで、自分を抑えながらのスタートができました。
そこから徐々に5分30秒ペースぐらいに上げていき予定の10キロまで来ました。

ここまでは右足の痛みもあまりなく、体力的には体もあたたまっていいコンディションでした。
ところが、コースは5キロ過ぎから夢前川沿いの細い道。
まだまだランナーがたくさんいる状態だったので思ったように前に進めず
なかなかペースを上げられませんでした。

折り返し地点の前ぐらいからようやくランナーもまばらになり、
ここから32キロぐらいまでは5分10秒前後にペースアップ。
途中のエネルギー補給も10キロ地点、20キロ地点、28キロ地点と30分後を見越して
予定通り。
30キロ地点で2時間40分ぐらいだったので残り12キロを5分30秒ずつで行けば
自己記録更新は達成できるところまできました。

しかし、魔の35キロを越えたあたりから苦しくなってきました。
足の痛みはそれほどなかったんですけど、体全体がだるくなり足が前に運びません。
周りを見ると、止まって屈伸している人や、歩いている人もちらほら見かけ、
「自分も歩いたら楽になるやろうなぁ…」「1回止まって屈伸とかしたら走りやすいかも」
いう言葉が頭をぐるぐるめぐりました。
一方で「ここで止まったら自己記録更新は無理やで」「番組で宣言しておいて更新できんかったらかっこ悪いやん」という言葉も思い浮かびました。

35キロから36キロが5分51秒、36キロから37キロが6分06秒とペースも一気に落ちました。
そんな時に目に入ったのが「あと5キロ」の距離表示。
トレーニングは5キロ単位で行うので、「あと5キロぐらいやったらがんばれるやん」という
思いが頭を支配し始めました。それと32キロぐらいで補給したエネルギーも
体に浸透してきたのかもしれません。

そうすると疲れてくずれていたフォームにも気づき、修正することができました。
残り5キロはなんとか平均5分40秒ペースに持ち直し、残り1キロ。
姫路城もようやく視界に入りフィニッシュの三の丸広場へ。
下見の時には、ここに帰ってきたら感動するだろうなと思っていましたが、
実際走って戻ってくると想像以上に姫路城が神々しく見えました。

フィニッシュは号砲がなってから3時間52分12秒
実質は4分30秒マイナスなので、およそ3時間47分42秒。
自己記録を3分半ほど更新することができました!

帰ってきたときの姫路城はなんとも言えない風景でした

帰ってきたときの姫路城はなんとも言えない風景でした

フィニッシュ後に生中継でインタビューを受ける事もできましたし、
その後の中継でも放送席から姫路城マラソンの感想を市民ランナー目線で
お伝えすることもできました。

電子完走証!正式タイムを知りたいのですが…

電子完走証!正式タイムを知りたいのですが…

35キロ前後はめちゃくちゃ苦しかったんですけど、自分の甘い言葉に負けて
止まらなくてよかったと心から思いました。
充実感は過去4度の神戸マラソン完走よりも大きかったです。
道幅が狭いところもありましたが、急激なアップダウンが少ないコースだったので
姫路は非常に走りやすかったです。

練習不足で足を痛めながらもここまで走れた理由は未だにわかりませんが、
沿道からの声援や、励ましてくれたスタッフの皆さん、食事面で支えてくれた
奥さんに感謝したいと思います。

そして、後日後輩たちからこんなサプライズもありました*(^o^)/*
ほんまにありがとうね!

サプライズには2度目の感激

サプライズには2度目の感激

第1回の姫路城マラソンを走らせていただき、
また一つ大きな経験をさせていただきました。
本当にありがとうございました。

Posted in 日記 | 姫路城マラソン2015 はコメントを受け付けていません。

4度目の神戸マラソン

お待たせいたしました(待ってないか^^;)久方ぶりのコラム更新になります。
今回は神戸マラソンについて…。

今年で4度目となった神戸マラソン。サンテレビではスタートから全員のフィニッシュまで
完全中継を行いました。(途中サブチャンネルでのフィニッシュシーンを含め)
皆さん一度は映っていましたか?

私も神戸マラソンと共にランニングに目覚め早4年が経ちました。
1回目はフルマラソン初体験、2回目は自分の限界に挑戦、3回目は7時間かけて神戸マラソンを伝える。
という風にランナーリポーターとしての使命を負ってきました。

メモリアルランナーのお2人とスタート直前にパシャ!

メモリアルランナーのお2人とスタート直前にパシャ!

今回私に与えられたミッションはメモリアルランナーの山本泉さんと間宮敦さんに同行し
感謝と友情を伝えるお手伝いをすること。(メモリアルランナーの説明は割愛します)
このテーマは具体的に何をするというのは難しいことですが、私としては
山本さんの目標である5時間切りを達成してもらうことで、山本さんの姿を見た周りの方々に何かを
感じてもらえたらという思いで今年は走りました。
間宮さんの目標はもう少し速いタイムだったので途中で先に行ってもらうことになりました。

いよいよスタートです。今年もすごい数のランナーが!

いよいよスタートです。今年もすごい数のランナーが!

山本さんのフルマラソンベスト記録は5時間8分台。
一緒に走りながら話を聞くと、「前半に飛ばしすぎて後半に失速しました」ということだったので
とにかく最初から最後まで同じペースを心がけて走りました。

ただ、番組への出演もしていただいているということで、途中の中継ポイントで何度か足を止めてもらい
インタビューにも応えていただく時間や、後半スピードダウンすることも計算して、
実際は4時間40分台を目標に走ってもらわなければいけませんでした。

ということで1キロ6分40秒ペースで設定し走っていきました。山本さんも4度目の神戸マラソン
だったので順調にペースを刻み、中継リポートもこなしていただき30キロ過ぎまでは
なんの問題もなく進んでいました。

しかし、慣れないことをお願いした影響もあったでしょうし、ランナーとして一番きついところで
少しずつスピードが落ちていきました。1キロ7分台に落ち、時には8分台の時もありました。
それでも私が「大丈夫ですか?」と何度か声をかけても必ず「大丈夫です」と言って、思うように
動かない足をなんとか上げてついてきてくれました。

35キロ地点の強烈な坂を上がったぐらいから山本さんは息も上がり始めました。
私は4時間を絶対切って欲しいという気持ちと、女性に無理をさせるのはよくないのでは?
という気持ちの葛藤を抱えながら走っていました。

ペースはなかなか上がらず、時間的にかなり厳しくなってきていましたが、
残り2キロのしおさい公園の辺りで、「歩きますか?」と提案し山本さんも頷きました。
目標を達成するには走らないといけないことは本人もわかっていたと思うんですが、
それでも歩くということは相当にキツかったんだと思います。
心の中では「今から走り出せばギリギリ間に合う」と思いながらも私は「さぁ走ろう!」とは
言えませんでした。

そんな心の中を読まれたのか、しばらく歩いた後、限界であるはずの山本さんが「走ります」と言って
重い足を引きずりながら走りだしたんです!
そしてフィニッシュへ!タイムは4時間59分36秒。山本さんは見事目標の5時間切りを
達成しました。ほんとによく頑張りました!(=´∀`)人(´∀`=)
この頑張りには自分も見習わないといけないなぁと思いました。

フィニッシュ後。2人ともいい顔してますねぇ

フィニッシュ後。2人ともいい顔してますねぇ

フィニッシュ後、山本さんは「周りの方から力をもらいました」と話していましたが、
周りの人たちも、山本さんの頑張って走りきった姿に感動したと思います。
かく言う私が一番間近で見ていて、引っ張っているつもりが逆に
引っ張られていることに気づきました(^_^;)∂

今年の神戸マラソンは過去3回とは違った達成感がありました。

震災20年の年に、復興してきた神戸の街を走らせていただけたことに感謝します。

今年も走らせていただきありがとうございました

今年も走らせていただきありがとうございました

ありがとうございました。

Posted in 日記 | 4度目の神戸マラソン はコメントを受け付けていません。

ハイキングの季節がやってきましたねぇ~

先日、半年ぶりに六甲山系に行ってきました。
今回はデイリースポーツ松下記者のコラム「松とら屋本舗」の
挿絵を描かれている絵青さんに声をかけてもらい、
絵青さんの仲間の皆さんと合計5人で登りました。

さぁ行くぞ!

さぁ行くぞ!

阪急芦屋川に集合して高座の滝を目指して登り始めたんですが
住宅街を抜ける途中、今まで行ったことのない脇道に入ると
すぐに荒地山に向かう登山道に入りました。

これまでは芦屋川‐高座の滝‐ロックガーデンというコースしか
行ったことがなかったので今回のコースは新鮮でした。

ロックガーデンも岩場が多いんですが、荒地山に向かうコースも
途中から岩がゴロゴロして急なところもあり、ちょっとした
ロッククライマー気分が味わえます。

岩のトンネルや、岩梯子は子供が喜びそうな
天然のアスレチックでした。

岩のトンネル。リュックは先に登った人に預けないと通れません

岩のトンネル。リュックは先に登った人に預けないと通れません

岩梯子!子供が喜びそうなスポットです

岩梯子!子供が喜びそうなスポットです

まぁまぁ険しいところがあるのでランニングシューズではキツイところもあり、
登山靴はあった方がいいかなと思いました。
趣味にはお金がかかります・・・(^_^;)∂

2時間ほど登って休憩タイム。なんと切り立った四角い岩の上でコーヒータイム。

山の斜面に切り立った岩!すごいです

山の斜面に切り立った岩!すごいです

バーナーを持ってきていた方が
お湯を沸かしてくれて、インスタントコーヒーを楽しみました。
山登りをされる方はわかると思いますが、
このコーヒーがまた美味しいんですよね~d(^_^o)

四角い岩の上でコーヒータイム。話も弾みます

四角い岩の上でコーヒータイム。話も弾みます

ホッと一息ついた後は荒地山からロックガーデンに向かい、
阪急岡本に降りていくルートとたどりました。
もう少しで街中というところで梅林を発見。
ピンク色の花は満開で、この日の暖かさとあいまって春を感じました。

麓には梅林が!めっちゃきれいでした

麓には梅林が!めっちゃきれいでした

新しい出会いもありましたし充実した休日になりました。
絵青さんをはじめ、一緒に登って下さった皆さんありがとうございました。(´_ _)

六甲山はまだまだたくさんのルートがあるので
一つずつ開拓していきたいと思います。*(^o^)/*

Posted in 日記 | ハイキングの季節がやってきましたねぇ~ はコメントを受け付けていません。

熱血キャンプリポート part3

第1クールが終わり、今日は休日。ここまで沖縄組は大きなケガ人もなく(鳥谷、藤井選手は発熱ダウンですが)順調に来ています。

03

第1クールは和田監督が話した通り、体力作りをテーマに下半身を鍛えるメニューが多かったと思います。それと例年に比べても全体練習の時間が長くなっていて、特に守備や走塁といったチームプレーの確認により時間を割いているなという印象でした。
その後の個別練習でも各選手が明確に目的をもって取り組んでいますので納得いくまで練習ができているのではないでしょうか。

私個人としては福留選手の練習ぶりが一番印象に残っています
連日ランチ特打をしたり全体練習後にロングティー、マシン打撃と徹底的に打ち込んで振り込んでいます。ベテランがこれだけ練習すると、若手もしないわけにはいかなくなり、チームにも非常にいい影響を与えていると思います。

03

和田監督は「第2クールは実戦も入ってくるし、本当の競争が始まる」と話していました。特に若手選手はキャンプ中の実戦でアピールしないと開幕一軍も見えてきませんので、これからの競争が非常に楽しみであり、切磋琢磨してタイガースのレベルが上がることを期待したいです。
それと第2クールにはオスンファン投手がブルペン入りする予定ですので、新守護神の動向からも目が離せません(`_´)ゞ

03

Posted in 日記 | 熱血キャンプリポート part3 はコメントを受け付けていません。

熱血キャンプリポート part2


キャンプ3日目の宜野座は朝から雨…
幸いそれほど強い雨でもなく、阪神園芸さんの整備のおかげもあって予定通りメイングラウンドで練習が行われました。
午後のバッティング回りの時にはすっかり晴れて暑いぐらいでした。(^_^;)∂

今日の注目はランチ特打。

03

福留選手とマートン選手が思い思いに打っていたんですが、2人とも鋭い打球を放っていました。
特にマートン選手は柵越え連発
少し体勢が崩れた中でもスタンドに放り込んでいました。
スタンドから見ていて何度も当たりそうになったぐらいです。┌(;^д^)┘
マートン選手は「キャンプに入って打ち込んでいるうちに調子が上がってきた」と話してくれました。
福留選手はランチ特打に全体練習のバッティング、さらに個別のロングティーとマシンでとにかく振りまくっています!
「限界を作らずにやれるところまでやる」と今年にかける思いを語ってくれました。
このキャンプは若手の話がよく出てきますが、今日はベテランの意地を垣間見ることができました。

03

Posted in 日記 | 熱血キャンプリポート part2 はコメントを受け付けていません。