初体験、オープンスクール

先日、小学校のオープンスクールに行ってきました。

授業参観よりもっとカジュアルな感じで、

子ども達の普段の感じを見る事ができました。

息子は小1。

まずは国語。

先生の音読に続いて、

みんなで読みます。

“メダカの学校”みたい…。

クラスみんなかわいかったです。

みんな、たくさん手を挙げて発言していました。

授業は、本当にライブですね。

1コマの中で、空気や流れがフワッと変わる瞬間がある。

授業の1番大事な場面で、

先生が挙手を促しました。

手をピーンと挙げる息子。

先生が息子をさしました。

みんなの注目が息子に集まる。

空気が真空状態になる。

息をのむ私…。

「ええと、ええと……忘れた!」と息子。

思わず「新婚さんいらっしゃい!」の桂文枝さんのように、

ずっこけそうになりました。

続いては、体育。

校庭で、先生の後ろについて走る1年生たち…。

カルガモの親子みたい。

本当に1年生たちは、何をするにも絵になります。

小さくて、素直で、かわいいのです。

続いては、せいかつの時間。

プリンの空きカップに入れてある6種類の植物の種を、

それぞれ各班で観察し絵を書きました。

「終わったらカップを前に持ってきて」と先生が言うと、

息子の班では「僕が持って行く」「私よ」と、少し取り合いになりました。

すると、「〇〇ちゃんが最初に持ったから、〇〇ちゃんよ」と誰かが言い…。

みんな素直に「はーい」

取り合いは、一件落着。

修正する能力も子どもたちは持っています。

給食の準備の時には「〇〇ちゃん、ごはんこれ位?多い?じゃ減らすね」なんて、

量を聞いて調節する当番の子もいて、とても嬉しくなりました。

子どもたちは、相手を思いやり、うまくやっています。

そんな姿を見て、親としてとても安心しました。

それにしても、先生は大変です。

全授業受け持って、先頭に立って子ども達と接する。

…頭が下がりました。

先生、いつもありがとうございます。

息子は毎日学校が楽しいと言っています。

これからもよろしくお願いいたします。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.