運動会で一番感動した、嬉しかった光景

運動会で一番嬉しかったのが、

障害のある子も一緒に、できる範囲で競技に参加していたことです。

本当に、本当に、感動しました。

障害のある子もない子も一緒になって互いに学んでいく“インクルーシブ教育”

そのお手本を見られたような思いです。

小さいころから健常者も障害のある子も一緒に学ぶことで、

自然な形で、

互いを理解し、壁を作ることなく、

壁をなくすことにもつながると思います。

これまでニュースの取材では、学校での“インクルーシブ”教育ってタテマエなのかなと、

感じた事が残念ながらあったので、余計嬉しく感じた運動会でした。

運動会で一番感動した、嬉しかった光景 はコメントを受け付けていません。

圧巻の○○○

(前回のつづき)

親子共々初めての小学校での運動会。

圧巻だったのが6年生の組体操!

いつでも中学校にあがれそうな力強さや完成度でした。

6年生の存在感と1年生のかわいさが際立った運動会でした。

組体操に関しては、ピラミッドの高さを競うことなく、

児童の力や達成感を上手に引き出す種目であってほしいと思います。

圧巻の○○○ はコメントを受け付けていません。

運動会で感じた○○

息子は小1。

親子共々初めての小学校での運動会でした。

家では、おもちゃのロボットで「ブーン、ブーン。ダダーン」と遊んだり、

パパとのヒーローごっこが大好きな“お子ちゃま”な息子。

それが…。

開会式で堂々の入場行進。

(去年は股関節炎で幼稚園最後の運動会に出られなかったので、

行進する息子を見るだけでジーンときました)

そしてダンス

おどるポンポコリン。

飾りをつけて一生懸命踊る姿に、

成長を感じ涙がでそうになりました。

そして、さらに驚いたのが…(次回につづく)

運動会で感じた○○ はコメントを受け付けていません。

私の運動会にはなかった便利な○○

小1の息子の運動会を前に、

学校からある手紙が届きました。

それは、

校庭の見取り図が書いてあり、

息子が出る競技はどの辺で行われるか、

徒競走は何番目に走るかなど、

保護者がカメラで撮りやすいように配慮された“虎の巻”でした。

仕事柄、どんな映像が必要かはよくわかっています。

どこでどう動いて撮るか、イメージを膨らませ本番に臨みたいと思います。

私の運動会にはなかった便利な○○ はコメントを受け付けていません。

パパは遊具?

3歳の娘は、いつも私の首によじ登ってきます。

私を遊具と思っています。

3歳にもなると結構重くて、

首で支えられない位。

おちおち新聞も読んでいられません。

2階に逃げてもすぐ追いかけてきます。

それとすぐ私のズボンを脱がせようとします。

脱がして、ケタケタ笑うのです。

家ではゴロゴロしたいのですが、

寝ていると、プロレスラーばりに髪の毛を引っ張り、寝かせてくれません。

妻によると、私がいると子供2人はかなりテンションが高いそうです。

洗い物や洗濯より、子供と遊ぶ方がしんどいです。

どうも私のリアクションが面白いのか、

いたずらしてくる2人の子供…。

私は遊具ではありません。。。

パパは遊具? はコメントを受け付けていません。

かわいい子には○○させろ

先日、大学生が運営するNPOのイベントに参加しました。

参加といっても、息子1人で参加です。

1日中、他の小学生たちや大学生のお兄さんお姉さんと巨大工作を作り、

公園で遊ぶというイベント。

親が参加できるのは最寄り駅への送迎だけ。

小学1年生の息子が、全く知らない人たちの中に入って大丈夫なのか、

親として、とても心配でした。

しかしそこは「かわいい子には旅をさせろ」思い切って行かせました!

集合時は“お腹が痛い”と緊張した様子を見せていた息子…。

心配で、スマホにアップされていくイベントの様子を何十回も見てしまいました。

そんなこんなで、駅での待ち合わせ時刻に。

息子は…バッジがもらえたのが嬉しかったようで“楽しかった”と帰ってきました。

人懐こくて、明るく素直なという、

私にはない長所を持っている息子。

どんどんのばしてあげたいなと思います。

(早速、次のイベントも予約しました)

かわいい子には○○させろ はコメントを受け付けていません。

初体験、オープンスクール

先日、小学校のオープンスクールに行ってきました。

授業参観よりもっとカジュアルな感じで、

子ども達の普段の感じを見る事ができました。

息子は小1。

まずは国語。

先生の音読に続いて、

みんなで読みます。

“メダカの学校”みたい…。

クラスみんなかわいかったです。

みんな、たくさん手を挙げて発言していました。

授業は、本当にライブですね。

1コマの中で、空気や流れがフワッと変わる瞬間がある。

授業の1番大事な場面で、

先生が挙手を促しました。

手をピーンと挙げる息子。

先生が息子をさしました。

みんなの注目が息子に集まる。

空気が真空状態になる。

息をのむ私…。

「ええと、ええと……忘れた!」と息子。

思わず「新婚さんいらっしゃい!」の桂文枝さんのように、

ずっこけそうになりました。

続いては、体育。

校庭で、先生の後ろについて走る1年生たち…。

カルガモの親子みたい。

本当に1年生たちは、何をするにも絵になります。

小さくて、素直で、かわいいのです。

続いては、せいかつの時間。

プリンの空きカップに入れてある6種類の植物の種を、

それぞれ各班で観察し絵を書きました。

「終わったらカップを前に持ってきて」と先生が言うと、

息子の班では「僕が持って行く」「私よ」と、少し取り合いになりました。

すると、「〇〇ちゃんが最初に持ったから、〇〇ちゃんよ」と誰かが言い…。

みんな素直に「はーい」

取り合いは、一件落着。

修正する能力も子どもたちは持っています。

給食の準備の時には「〇〇ちゃん、ごはんこれ位?多い?じゃ減らすね」なんて、

量を聞いて調節する当番の子もいて、とても嬉しくなりました。

子どもたちは、相手を思いやり、うまくやっています。

そんな姿を見て、親としてとても安心しました。

それにしても、先生は大変です。

全授業受け持って、先頭に立って子ども達と接する。

…頭が下がりました。

先生、いつもありがとうございます。

息子は毎日学校が楽しいと言っています。

これからもよろしくお願いいたします。

初体験、オープンスクール はコメントを受け付けていません。

給食開始、大きくなあれ

小学1年生の息子。

今週から給食が始まりました。

息子は好き嫌いなく何でも食べる方なのですが、

初めての給食。パパは心配していました。

帰って来るなり、

すごくおいしかったと話していました。

登下校は、お友達と手をつないでいる息子。

1年生はみんな手をつなぎます。

その姿を見ると、“幼いなあ”と感じます。

たくさん食べて、大きくなあれ。

給食開始、大きくなあれ はコメントを受け付けていません。

入学式で〇〇がない

先日、息子の入学式がありました。

ピカピカの小学1年生。

入学式の持ち物リストにランドセルがなかったので、

当日は空のランドセルを持っていったらダメなのかなと思って、

持って行きませんでした。

しかし当日は 、

みんなスーツにランドセル姿で写真を撮っていました。

し、知らなかった…。

でも、息子の晴れ姿を見られただけで十分。

1時間近く、ずっと座って式を聞くことができました。

私の場合は卒園式より、

入学式の方がじーんときました。

いよいよ始まった息子の小学生生活。

一緒に成長していければと思います。

入学式で〇〇がない はコメントを受け付けていません。

入学式までのカウントダウン

息子の入学式が近づいて来ました。

リビングでひらがなの練習をしていた息子は一言、

「どう?1年生みたい?」

筆箱を買ったら、とても喜んで、

片時も離さず、毎日枕元に置いて寝ています。

入学を心待ちにしている様子。

パパとしては、集団生活を送れるのかなあとか…。

心配>楽しみです。

今度の休みに、息子と通学路を歩き、

登校班の予行演習をし、万全を期したいと思っています。

どうか素晴らしい入学式になりますように。

入学式までのカウントダウン はコメントを受け付けていません。