ケンカのあとのお弁当

結構な夫婦ゲンカをした後に、
仲直りし作ってもらったお弁当

なぜだろう。

おいしさが格別…。

どうしてだろう。

うれし涙の味がした…。

ケンカのあとのお弁当 はコメントを受け付けていません。

3つの言葉

2歳の娘は、最近3つの言葉をよく話します。
「いやや」「いやだ」「バイバイ」です。

親「おむつ替えるからねー」
「いやや…」

親「そんなこと言わずにこっちへおいで」
「いやだ!」

親「いいからおいで」
「バイバーイ(あっちへ行って、の意)」

なぜかこの3つだけはしっかりしゃべります。

イヤイヤ期で、
とにかく何でも自分でしたい年頃。

逆らおうものならすごいかんしゃくです。
そんな時、危険な事以外は極力させるようにしています。

2歳の子に言っても通じない事も多いし、
まずは、親は自分の願いをかなえてくれる存在なんだ、と思ってもらって信頼してもらうのが大事と、
育児書でも読みました。

抱っこの回数が減ってきて、腰痛がなくなると思ったら、
最近は、抱っこのリクエストが多く、依然として体力勝負が続いています。

3つの言葉 はコメントを受け付けていません。

幼稚園からの招待状

幼稚園から招待状が届きました。

幼稚園では毎月、誕生日会を開いています。

当日は、“誕生月の子が主役”です。
該当の親も招待してもらえます。

壇上に上がり、将来なりたいものなどを一言ずつスピーチします。
園児全員からは、歌でお祝いしてもらい、
園からはお手製のメダルとおやつをもらえます。

先生にメダルをかけてもらえる時、目をつぶるのですが、
去年の息子のわくわくした表情が今も忘れられません。

今年もその季節がやってきました。

そういう機会を設けてくれる園に、感謝です。
(他の園もそんな感じなのかな…)

本人もみんなに祝ってもらえて、
自己肯定感を持てると思います。

まもなく5歳の誕生日会。
息子にとっての特別な日。
今年は蝶ネクタイでもさせてあげようか、ママと思案しています。

幼稚園からの招待状 はコメントを受け付けていません。

はじめての包丁、はじめてのカレー

先日、4歳の上の子が、料理を作りたいというので、
子ども包丁を買いました。

踏み台の上に乗り、
ママと一緒に野菜を切り、
フライパンでジュージュー。
何だか楽しそうです。

出来上がったのが、カレー。

2歳の下の子は、好き嫌いが激しく、これまでは食べなかったのですが、
はじめてカレーを食べていました。お兄ちゃんが作ったからかな…。

上の子がはじめてが作ったカレー。
甘口ですが、格別でした。

はじめての包丁、はじめてのカレー はコメントを受け付けていません。

2人は怪獣

原由子さんの「かいじゅうのうた」という名曲(幼い2人のわが子を怪獣に例えた歌)がありますが、
我が家も2人の怪獣がいます。

とにかく2歳の下の子は4歳の上の子が好きで、
上の子が使っている物は何でも触りたくて、よくケンカになります。

でも、とても仲良し。

上の子が下の子の寝かしつけようとして…。
トントンしているうちに、自分が先に寝てしまったり…。

ある日、上の子が泣いていると、
それを見た下の子がすかさず、ティッシュを取りに行き、
背伸びして、もみじのような小さい手で、一生懸命拭いてあげていました。

そんな感じで、だいたい、子どもを見て“かわいい”と思える瞬間って、
平日は一日5回、休日は一日10回位(接する時間が長いので)あります。

節分では、
下の子が鬼のお面をして、ちょこちょこ歩き回っていた姿もかわいかったです。
2頭身のちいさい鬼!

先日は、ママがプンプン怒っているのを見て、
上の子が肩たたきをし、下の子はママの後ろからハグするなど、
2人とも全力で機嫌をとっていました。

それと、下の子は上の子のマネばかりします。

晴れていても、上の子の長靴をはき外出します。
止めようものなら、イヤイヤ期大爆発です。

上の子のパンツもはきたがります。
下の子はおむつの上に、ぶかぶかのパンツをはいてご満悦です。

2人の怪獣さん、
これからも仲良く助け合って、
かわいい姿をたくさん見せて下さいね。

2人は怪獣 はコメントを受け付けていません。

ママの力

幼稚園の送り迎えで、前後のカゴに子どもを1人ずつ、
さらに抱っこひもをしている3児のお母さんを見ると、
子育ての大変さを想像し、
涙が出そうなります。

我が家でも、家族の中でいつも一番遅く寝て、一番早く起きるのはママ。
4歳と2歳の育児や家事に追われ、一人の時間もありません。
食事も立って食べています。

子育てって、自分でやってみて初めて分かる事が多いですね。
抱っこひもをして、買い物するだけでも大変で、
とても商品を吟味する気になれません。

ご飯作り、掃除、幼稚園の送り向かえ、公園にも連れて行き、お風呂に入れて寝かしつけ、
そして、息子のひらがなと縄跳びのコーチ…。
一日中2人の子どもと向き合い、家事・育児・教育も担うなんて、私には到底無理です。

家事・育児は私も分担していますが、半々にはできていません。

休日には、1人の時間を作ってあげてはいますが、
それでも、ママは自分より家族の事を優先します。
ストレスがたまり、睡眠不足だと思います。

“家事も育児も5万円でアウトソーシングできる”なんて絶対無理。
愛情が詰まっているんだから。

世の中のお母さんたちは本当にエラい。
頭が下がります。
ベビーカーが邪魔だとか言わないで、
世の中もっともっとお母さんたちに寛容になってもいいのではないでしょうか。

ママの力 はコメントを受け付けていません。

サンタが我が家にやって来た

去年12月のの話です。

4歳の息子は、数日前までサンタさんに何をお願いするか迷っていました。
そして前日、くつ下をセットしウキウキで就寝。

翌朝、私は息子のリアクションを何としてもビデオに収めたいと思い、
くつ下の近くで、ビデオを構え待ち構えていました。

パジャマのまま、
素直に喜びを表現していた息子。

早起きし待っていたかいがありました。

それ以降ずっと、
もらったおもちゃで遊んでいる息子。

いいリアクションありがとう!

サンタが我が家にやって来た はコメントを受け付けていません。

お友達の力

幼稚園でカルタ遊びがありました。

友達がどんどん札を取っていく中、息子は全く取れず、
怒ったり、いじけて、途中で部屋の隅に行ったりしたそうです。

そういう時はどうするか?
答えは「放っておく」

本人の中でも、感情をリカバリーする力がついてきているようで、
しばらくすると、もう一度輪の中に入っていきました。

で、2回目のカルタ遊び。

今度は頑張って3枚取れたそうです。

すると…。

Aちゃん「○○(息子の名前)くん、すごーい、3枚もとれたの~!!」
Bくん「(だから)、あきらめちゃダメなんだよ」
…と先生が言いたい事を友達が全部言ってくれたそうです。

で、息子は、1枚しか取れなかった子に、1枚を渡して、
「これで(2枚ずつで)一緒だね」と言ったそうです。

そんなやりとりをママから聞いて、ほのぼのしたのと、
ジーンと来てしまいました。

カルタが取れた喜びはもちろん、
あきらめないとか、
他人を思いやるとか、
大事な事を友達から学ばせてもらっている息子。

お友達に、本当に感謝です。

お友達の力 はコメントを受け付けていません。

お別れの季節

幼稚園で年中の息子は、もうすぐ担任の先生とお別れ。

去年の今頃は「今度の担任の先生はどんな人かなあ…」と思いを巡らせていたので、
1年は本当に早いものです。

我々と、二人三脚で歩んで頂いた日々は、我々家族にとっても“宝物”となりました。

たくさん教えて頂き、
いろいろ励まして頂き、
少しずつ親になれたような気がします。

先生、ありがとうございました。
担任を離れても、あと1年、どうか温かく見守って下さい。

お別れの季節 はコメントを受け付けていません。

育児日記のこの1年

パパ目線で綴ってきた日記も年末を迎えました。

現在、下の子はイヤイヤ期まっただ中ですが、
言葉をしゃべりだし、
意思疎通もできるようになって来ました。

たくさんの話題を提供してくれた上の子
幼稚園の行事などで成長できたと思います。

今朝も、縄跳びが1回できるようになったと、得意げに見せてくれました。
これからもたくさんの成功体験を積み重ねて大きくなって欲しいと思います。

そして、このコラムの挿絵を担当して下さっているAさん。
挿絵のスケッチブックは2冊目に入りました。

20代のうら若き乙女にも関わらず、
ママの気持ちが分かるかのよう…。
温かいまなざしを注いで頂き、
それが見事に挿絵に出ていると思います。

本職の報道部の庶務の仕事は大変だと思いますが、
多忙の中、まさに“一筆入魂”して頂き、
感謝、感謝です。

たくさんの人に支えて頂いた「育児日記」。
今年もご覧頂きありがとうございました。

来年も、育児あるあるの1ページを切り取って、
日記にしたためたいと思います。

新年もよろしくお願いいたします。

育児日記のこの1年 はコメントを受け付けていません。