ママの力

幼稚園の送り迎えで、前後のカゴに子どもを1人ずつ、
さらに抱っこひもをしている3児のお母さんを見ると、
子育ての大変さを想像し、
涙が出そうなります。

我が家でも、家族の中でいつも一番遅く寝て、一番早く起きるのはママ。
4歳と2歳の育児や家事に追われ、一人の時間もありません。
食事も立って食べています。

子育てって、自分でやってみて初めて分かる事が多いですね。
抱っこひもをして、買い物するだけでも大変で、
とても商品を吟味する気になれません。

ご飯作り、掃除、幼稚園の送り向かい、公園にも連れて行き、お風呂に入れて寝かしつけ、
そして、息子のひらがなと縄跳びのコーチ…。
一日中2人の子どもと向き合い、家事・育児・教育も担うなんて、私には到底無理です。

家事・育児は私も分担していますが、半々にはできていません。

休日には、1人の時間を作ってあげてはいますが、
それでも、ママは自分より家族の事を優先します。
ストレスがたまり、睡眠不足だと思います。

“家事も育児も5万円でアウトソーシングできる”なんて絶対無理。
愛情が詰まっているんだから。

世の中のお母さんたちは本当にエラい。
頭が下がります。
ベビーカーが邪魔だとか言わないで、
世の中もっともっとお母さんたちに寛容になってもいいのではないでしょうか。

ママの力 はコメントを受け付けていません。

サンタが我が家にやって来た

去年12月のの話です。

4歳の息子は、数日前までサンタさんに何をお願いするか迷っていました。
そして前日、くつ下をセットしウキウキで就寝。

翌朝、私は息子のリアクションを何としてもビデオに収めたいと思い、
くつ下の近くで、ビデオを構え待ち構えていました。

パジャマのまま、
素直に喜びを表現していた息子。

早起きし待っていたかいがありました。

それ以降ずっと、
もらったおもちゃで遊んでいる息子。

いいリアクションありがとう!

サンタが我が家にやって来た はコメントを受け付けていません。

お友達の力

幼稚園でカルタ遊びがありました。

友達がどんどん札を取っていく中、息子は全く取れず、
怒ったり、いじけて、途中で部屋の隅に行ったりしたそうです。

そういう時はどうするか?
答えは「放っておく」

本人の中でも、感情をリカバリーする力がついてきているようで、
しばらくすると、もう一度輪の中に入っていきました。

で、2回目のカルタ遊び。

今度は頑張って3枚取れたそうです。

すると…。

Aちゃん「○○(息子の名前)くん、すごーい、3枚もとれたの~!!」
Bくん「(だから)、あきらめちゃダメなんだよ」
…と先生が言いたい事を友達が全部言ってくれたそうです。

で、息子は、1枚しか取れなかった子に、1枚を渡して、
「これで(2枚ずつで)一緒だね」と言ったそうです。

そんなやりとりをママから聞いて、ほのぼのしたのと、
ジーンと来てしまいました。

カルタが取れた喜びはもちろん、
あきらめないとか、
他人を思いやるとか、
大事な事を友達から学ばせてもらっている息子。

お友達に、本当に感謝です。

お友達の力 はコメントを受け付けていません。

お別れの季節

幼稚園で年中の息子は、もうすぐ担任の先生とお別れ。

去年の今頃は「今度の担任の先生はどんな人かなあ…」と思いを巡らせていたので、
1年は本当に早いものです。

我々と、二人三脚で歩んで頂いた日々は、我々家族にとっても“宝物”となりました。

たくさん教えて頂き、
いろいろ励まして頂き、
少しずつ親になれたような気がします。

先生、ありがとうございました。
担任を離れても、あと1年、どうか温かく見守って下さい。

お別れの季節 はコメントを受け付けていません。

育児日記のこの1年

パパ目線で綴ってきた日記も年末を迎えました。

現在、下の子はイヤイヤ期まっただ中ですが、
言葉をしゃべりだし、
意思疎通もできるようになって来ました。

たくさんの話題を提供してくれた上の子
幼稚園の行事などで成長できたと思います。

今朝も、縄跳びが1回できるようになったと、得意げに見せてくれました。
これからもたくさんの成功体験を積み重ねて大きくなって欲しいと思います。

そして、このコラムの挿絵を担当して下さっているAさん。
挿絵のスケッチブックは2冊目に入りました。

20代のうら若き乙女にも関わらず、
ママの気持ちが分かるかのよう…。
温かいまなざしを注いで頂き、
それが見事に挿絵に出ていると思います。

本職の報道部の庶務の仕事は大変だと思いますが、
多忙の中、まさに“一筆入魂”して頂き、
感謝、感謝です。

たくさんの人に支えて頂いた「育児日記」。
今年もご覧頂きありがとうございました。

来年も、育児あるあるの1ページを切り取って、
日記にしたためたいと思います。

新年もよろしくお願いいたします。

育児日記のこの1年 はコメントを受け付けていません。

女の子なのに二男?

下の子は2歳になり、最近何でも自分でしたがります。
ズボンも食器拭きも。
スプーンもそう。
上手に使えず、ぐちゃぐちゃにしながら食事をしています。

手提げ袋を両手に3つも4つも下げて、
とことこ外を歩きます。
ダウンを着せようとすると「いやや」と何度も首を横に振ります。
自分的には違う上着で外出したい時もあるみたいで、好みも出てきました。

それと何でも家族のマネをしたがり、
お兄ちゃんと仮面ライダーの本を取り合っています。
お兄ちゃんが大事にしているものは、
お兄ちゃんがする以上に大事にしたいのです。

上の子のおさがりも多いし、
女の子らしいおもちゃは家にひとつもありません。
おもちゃの車や剣で遊んでいます。

もう少し大きくなるまでは、“二男”っぽい子育てになるのかなと思います。

女の子なのに二男? はコメントを受け付けていません。

ドキドキの発表会当日

上の子の幼稚園の、当日を迎えました。

家での猛特訓もあってか、
息子は、歌って、カスタネットをたたいて、振り付けもしてと、とても上手でした。
これは本当に嬉しかった。
じーんと来ました。

特に、毎日、家での練習につきっきりだった妻は、
幼稚園の先生に、“お母さんのおかげです”とほめられ、
「うちの子も頑張れば人並みにできる」と自信を深めた様子。

いまは毎日ひらがなの練習をさせています(笑)

物事に根気よく取り組めるのは、妻のいい所。
息子にも引き継いでほしいと思います。

それと発表会でオペレッタもしましたが、
子どもたちの衣装がとてもかわいく、作ってくれた先生たちに感謝です。
年少、年中、年長さんの出し物を見て、心が温かーくなりました。

 

(後日談)
Aちゃんは、何をやらしても上手な女の子。
しかし、当日は体調がすぐれず欠席でした。
1か月以上準備をしてきただけに、
「行きたい、行きたい」と家で泣いていたそうです。

2日後、Aちゃんは登園。
そこでAちゃんのために、クラスのみんなで、
もう一度出し物をしたのです。

Aちゃんは本番の衣装を着て、
ご両親も招待されたそうです。

その話を息子から聞いて、
なんて素晴らしいクラス、
温かい幼稚園だろうと感激しました。

毎回、幼稚園や子供たちからは、
たくさんの感動をもらっています。
…この園を選んでよかった!!

ドキドキの発表会当日 はコメントを受け付けていません。

花嫁の父

この世の中で最も切なく嬉しくさみしい人。
それは花嫁の父かもしれません。

先日、報道部の記者の結婚式がありました。

どうしても花嫁の父に目線が行ってしまいます。
そして、花嫁がだんだん、自分の娘に見えてきてしまい、
涙があふれるのです。
…まだ2歳ですが。

先日、2歳の誕生日に、
写真スタジオで記念撮影をしてきました。
ピンクドレスでお姫様に変身し、
トコトコ歩く娘を見て、
いつか娘も結婚式をする日が来るのかなあと考えてしまいました。

とにかく今は、健康ですくすくと育っていって欲しいと思います。

花嫁の父 はコメントを受け付けていません。

クリスマス特訓

幼稚園のクリスマス発表会が近づいて来ました。
毎年担任の先生が、1人1人に手作りの衣装を用意してくれます。
園児の人数分を作るのはどれだけ骨が折れることでしょうか…。
本当にありがたいです。

年中は歌に合わせて「カスタネットを叩き」、「振り付けもし」、「歌う」というもの。
年少に比べると役割も増えました。
上の子は、最初、練習の時、うまくできなくて、あきらめ気味でした。
練習でうまく出来たらシールを貼れるのですが、うちの子はシールがのびません…。
最近できないと「どうせ僕はできないや…」とあきらめる事を覚えて来たようです。

一番簡単なのは、こんな感じです。
「♪まつ ぼっくり が あったとさ~ たーかい おやまに あったとさ~」
●   ●      ●●●   ●     ●    ●●●
がカスタネットを叩く所。

もう1曲は「山の音楽家」
こちらはいろいろな動物に成りって、振り付けです。さらに難易度が上がります。

毎日、我が家での練習が始まりました。
家人がつきっきりで何回も…。
鏡を使ったり、ユーチューブの音楽を使ったり…。

そして、なんと!
うまくできるようになってきました。

家のソファで上手に出来た時は、
親2人で涙が出そうになりました…。

まもなく本番。
うまく行っても行かなくても、課題に向かって諦めずに努力した部分はほめてあげたいと思います。

クリスマス特訓 はコメントを受け付けていません。

下の子は覚えがはやい

下の子のトイレトレーニングが始まりました。

上の子は2歳半位から始めましたが、
下の子は2歳になってすぐから。

本人がやる気を見せています。
便座が温かいのが気持ちいいのでしょうか?

上の子は、出来たら“あんぱんまん”のシールを貼って、
ひたすらほめていましたが…。

下の子は、お兄ちゃんがやるのをいろいろ見ているせいか、
ブロックなども上手です。
上の子に引っ張られて、
これからもどんどんいろいろ上手くなってほしいと思います。

下の子は覚えがはやい はコメントを受け付けていません。